• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

沈黙の兵器


「米国では、カルバぺネム耐性菌がこの10年間で4倍に増えたが、世界的な広がりを見せ始めた。欧州では、米国のカルバぺネム耐性菌の中の別のタイプが各地でアウトブレイク(流行)し、その点で状況は米国よりも深刻だ。 またギリシャやイスラエル、トルコ、中国の上海、香港など、中東諸国やアジアなどにも広がりつつあり、日本でアウトブレイクする可能性もある。その侵入を瀬戸際でガードする賢明な対策が必要な今、逆にTPPで米国の牛肉などの大量輸入への道を開く。
1 jim marrs
人口削減
どの様にして大企業の所有者達が
私達を殺そうとしているのか
- ジム・マース著

沈黙index

「・・・ いったいぜんたい世界全体の経済シミュレーションに、沈黙の兵器がどう関係しているかが、ぜんぜんわからなかったのである。いま読み直してみて、世界の経済シミュレーションで、個人をどのように搾取していくかが、書かれているようだ、とはわかってきた。だが、沈黙の兵器は、はっきりとは経済シミュレーションの中には明示されていないのだ。どうやら、沈黙の兵器とはつぎつぎと開発され、付け加えられるべき存在で、この経済シミュレーションというより、別のカテゴリーの人口削減シミュレーションのなかの削減方法となる中心テーマであるように思えてきた。人口削減シミュレーションの重要な文書が、まだ隠されているのだろう・・・」

Silent Weapons for Quiet Wars
http://www.vaccinefraud.com/uploads/Silent_Weapons_for_Quiet_Wars.pdf
http://www.lawfulpath.com/ref/sw4qw/index.shtml

Silent Weapons For Quiet Wars Document - Full Read


Theoretical Introduction
(7)理論的な紹介


「自分に国家の通賃をコントロールさせよ。そうすれば誰が法律を作ろうと知ったことではない」
- マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド(1743-1812)


 今日の沈黙の兵器のテクノロジーは、ここに引用したマイヤー・アムシェル・ロスチャイルド氏が簡潔に表現し、効果的に活用した、単純なアイデアを成長させたものである。ロスチャイルド氏は、経済学説では日蔭に放置されていた経済インダクタンス(economic inductance) として知られる経済学の受動成分(passive component)という考え方に脚光を浴びせた。もちろん氏は二十世紀においては、これが大発見となるとは考えてはいなかったし、確かに、数学的な分析は第二次産業革命、力学とエレクトロニクスの学説、また、世界経済コントロールを効果的に発揮するためにはエレクトロニクス・コンピュータの開発を待たなければならなかった。
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20051110

(8)General Energy Concepts
一般的なエネルギー理論


エネルギー・システムの研究において、3つの要素的な観念が常に現れます。それらはポテンシャル(効能/能力)エネルギー運動エネルギー、そしてエネルギーの浪費(消失)です。そしてそれらの観念に一致している、受け身的な構成要素(passive components)と呼ばれる3つのアイデア化された、本質的に純粋で物理学的な反対の相手(counterparts)があります。

1.物理的なメカニクスの科学において、ポテンシャル・エネルギーの現象は、伸縮性、または固さと呼ばれる物理的な性質と共に関連させられ、そして伸びたバネによって表される事が出来ます。

電子科学において、ポテンシャル・エネルギーは、バネの代わりにキャパシター(蓄電器)の中に蓄えられています。この性質は、伸縮性、または固さの代わりに、キャパシタンス(電気/静電容量)と呼ばれています。

2.物理的なメカニクスの科学において、運動エネルギーの現象は、慣性、または質量と呼ばれる物理的な性質と共に関連させられ、質量、または運動しているはずみ車によって表される事が出来ます。

電子科学において、運動エネルギーは、質量の代わりに(磁気的なフィールド/磁場の中の)インダクター(誘導子)の中に蓄えられます。この性質は慣性の代わりにインダクタンス(誘導性)と呼ばれます。

3.物理的なメカニクスの科学において、エネルギー浪費/消失の現象は、抵抗、または摩擦と呼ばれる物理的な性質と共に関連させられ、ダッシュポット(制動壷)、またはエネルギーを熱へと変格させるその他の道具によって表せられる事が出来ます。

電子科学において、エネルギーの浪費/消失はレジスター(抵抗器)、またはコンダクター(伝導体)のどちらかで呼ばれる要素によって行われ、「レジスター」と言う用語は、一つの場所からもう一つの場所に、電子的なエネルギーを効果的に運ぶために使用されるより理想的な道具(e.g. ワイヤー)を表現するために使われる一般的なものです。抵抗、または伝導の性質は、抵抗、または伝導のどちらかの相反/逆数として測量されます。

経済学においてそれらの3種のエネルギーの観念は、以下と共に関連させられています:

1.経済的なキャパシタンス(容量) - 資本(マネー、株式/目録、不動産や貴金属、等々への投資)
2.経済的なコンダクタンス(伝導体) - 商品(生産流通の係数/率)
3.経済的なインダクタンス(誘導性) - サービス(出力への産工業の人口の影響力)

一つのエネルギー・システム(e.g. 数学、電子科学、etc.)の研究において発達させられた数学的な理論の全ては、もう一つのエネルギー・システム(e.g. 経済学)の研究において直ぐに応用される事が出来ます。

訳者註:
electronic = 電子
electrical = 電気


元々の英文の著者は、電気を意図していたものと思われます。

Mr. Rothchild's Energy Discovery
(9)ロスチャイルド氏のエネルギーの発見


 ロスチャイルド氏が発見したことは、上記の概念を経済学に適用した、権力、影響力、人民に対するコントロールについての基本的な原理であった。その原理は「金力の外見をわがものにすれば、人は金力を与えてくれる」ということである。

 ロスチャイルド氏は、通貨または貸付預金には、もっと大きな富を(実際の保証の代わりに)手中にできるという約束と引き換えに、実際に持っている富を引き渡す気にさせる(人々を引き寄せる磁場の誘導係数)見せかけの力があるということを発見した。債務者は約束手形で貸付けてもらう見返りを用意する。ロスチャイルド氏は、誰かの黄金のストックがある限りは、顧客にそれを見せて信用させ、実際に彼が手当てできる金額以上の手形を振り出せることに気づいた。

 ロスチャイルド氏は、個人や政府に約束手形で貸付けた。このことは自信を大変強めることになったであろう。それから彼は、一時的に資金不足にしたり、貸付システムのコントロールを強めたり、債務者たちが責務として出す担保を集めた。繰り返し、繰り返し期限を切った。こういうことが圧力となって、あとは戦争の引金をひくばかりとなるのが普通だった。次いで彼は、誰が戦争の勝利者となるかを決める通貨のコントロールに乗り出した。一国の経済システムのコントロールを彼に委ねることに同意した政府は、彼の支持を受けた。負債が増えれば増えるほど、債務者の敵に経済的な援助が保証された。この方法であがった利益で、ロスチャイルド氏はいやが上にも富み、いやが上にも富を拡げることができた。彼は、大衆が貪欲であるがために、政府が貴金属と商品生産とサービス(国民総生産GNP)の裏付けなしに限度を越えて通貨を発行(インフレーション)しても平気でいることを見抜いたのである。
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20051111

(10)Apparent Capital as "Paper" Inductor
「紙」の誘導体として明らかな資本


この構造において、クレジット(借金)は「通貨」と呼ばれる純粋な要素として体現させられ、資本の姿(ふり)をしていますが、それは効果的にマイナスの資本(借金)です。故にそれはサービスの姿をしていますが、実際には借り、または借金です。それは故に経済的なキャパシタンス(容量)である代わりに経済的なインダクタンス(誘導性)で、そしてもしそれ以外の方法でバランス(返済)されないなら、人口削減(戦争、民族大虐殺)によってバランスされるでしょう。商品とサービスの総合は、グロス・ナショナル・プロダクト(GNP)と呼ばれる本当の資本を体現し、そして通貨はこのレベル(段階)まで印刷される事ができ、そして未だに経済的なキャパシタンス(容量)を体現していますが;このレベルを超えて印刷された通貨は引き算的で、経済的なインダクタンス(誘導性)の紹介を体現し、そして借金の紙幣を構成します。

戦争は故に真の債権者(貸し主 - 私達が膨らまされた通貨の真の価値を交換する様に教えた一般大衆)を殺す事によってそのシステムをバランス(借金返済)する事で、それらの自然資源とそれらの資源の再派生の残りが何であれ利用する事です。

ロスチャイルド氏が発見したのは、彼自身に都合が良い様に、経済的な構造を再配置する力を、通貨が与えた事で、最大級の経済的な不安定性と振動を助長するそれらの経済的な位置を、経済的なインダクタンス(誘導性)へとシフトする事でした。

経済的な操作への最後の鍵のために、価格の(意図的な)衝撃(高騰)と過剰な紙(紙幣)のエネルギーのクレジット(借金)によって創造された、経済的な振動の詳細な観測を保つための十分なデータと、高速度のコンピューティング(計算)の道具が存在するまで、待たなければなりませんでした。

日本のGNP/国民総生産


静かなる戦争のための沈黙の兵器

amazarashi 隅田川



  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 06 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -