• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

ザクセン=コーブルク=ゴータ家

ザクセン=コーブルク=ゴータ家

1 31RAF00Z


ザクセン=コーブルク=ゴータ家(ドイツ語: Haus Sachsen-Coburg und Gotha)は、ドイツのヴェッティン家(エルネスティン家)の分家で、ドイツ中部にあったザクセン=コーブルクおよびザクセン=ゴータの2つの領邦からなるザクセン=コーブルク=ゴータ公国の君主の家系である。一族からは現在のベルギー王家、イギリス女王ヴィクトリアの夫アルバート(サクス=コバーグ=ゴータ家の起源)、ポルトガル女王マリア2世の夫フェルナンド2世(ブラガンサ=コブルゴ家の起源)、およびブルガリアの君主も出た。

ザクセン=コーブルク、ザクセン=ゴータの両公国はともにドイツ連邦に加盟し、ヴェッティン家エルネスティン系が統治するザクセン諸公国の一つであった。1825年、最後のザクセン=ゴータ=アルテンブルク公フリードリヒ4世が男子の後継者なしに死去すると、ヴェッティン家の同族たちはその所領を分配した。フリードリヒ4世の姪ルイーゼの夫だったザクセン=コーブルク=ザールフェルト公エルンストはザールフェルトに代わってゴータを獲得し、称号をザクセン=コーブルク=ゴータ公と改めた。こうして1826年、ザクセン=コーブルク=ゴータ公国は他の領邦に隔てられた2つの公国の同君連合として始まった。

1844年にエルンスト1世が死去すると、長男エルンスト2世が公位を継承した。次男アルブレヒト(アルバート)は1840年にイギリス女王ヴィクトリアと結婚していた(女王の母ヴィクトリアはエルンスト1世の妹であった)。エルンスト2世は1893年に子を得ずに死去したため、公位継承権は弟アルバートの長男であるイギリス王太子アルバート・エドワード(後のエドワード7世)に渡ったが、アルバート・エドワードは次弟のエディンバラ公アルフレッドに継承権を譲った(アルフレート)。アルフレートは1900年に死去したが、唯一の男子アルフレートは前年に自殺していた。コノート公アーサー(アルバートの三男)とその息子が辞退したため、オールバニ公チャールズ・エドワード(アルバートの四男レオポルドの唯一の男子)が公位を継承した(カール・エドゥアルト)。

カール・エドゥアルトは第一次世界大戦中にドイツ陸軍の将軍として任務に就いていたため、1917年にオールバニ公爵位を剥奪された。1918年11月18日、ドイツ革命によってカール・エドゥアルトは追放され、2つの旧公国は別個の州となった。1919年にはイギリス王族としての身分も剥奪されている。

一方、イギリス王家はエドワード7世の子孫によって現在まで続いている。

エルンスト1世にはまた、フェルディナント、レオポルトの2人の弟がいた。レオポルトは1831年に初代ベルギー国王に即位し(レオポルド1世)、現在のベルギー王家の祖となった。フェルディナントはハンガリーの名門貴族コハーリ家のマーリア・アントーニアと結婚して同家の後継者となった(コーブルグ=コハーリ家)が、その長男フェルディナントは1836年にポルトガル女王マリア2世と結婚し(フェルナンド2世)、1910年に革命で王制が廃止されるまでポルトガル王家として続いた。フェルナンド2世の次弟アウグストの末息子フェルディナントは、1887年にバッテンベルク家のアレクサンダルに代わってブルガリア公となり、1908年からはブルガリア国王(ツァール)を称した(フェルディナンド1世)。ブルガリア王家はフェルディナンド1世の子孫によって継承され、共和制に移行する1946年まで続いた・・・

カール・エドゥアルト (ザクセン=コーブルク=ゴータ公)

カール・エドゥアルト(Carl Eduard, 1884年7月19日 - 1954年3月6日)は第4代にして最後のザクセン=コーブルク=ゴータ公(在位:1900年 - 1918年)。全名は英語でチャールズ・エドワード・ジョージ・アルバート・レオポルド(Charles Edward George Albert Leopold)、ドイツ語でカール・エドゥアルト・ゲオルク・アルベルト・レオポルト(Carl Eduard Georg Albert Leopold)。第3代ザクセン=コーブルク=ゴータ公アルフレートの甥。イギリス女王ヴィクトリアと王配アルバートの孫であり、イギリス王族としてオールバニ公の称号も継承していたが、後にそれらの身分と称号は剥奪された。

チャールズ・エドワード(カール・エドゥアルト)は、イングランド・サリーのクレアモントで生まれた。父はヴィクトリア女王とアルバート公の四男オールバニ公レオポルド、母はヴァルデック侯ゲオルク・ヴィクトルの娘ヘレーネである。前年の1883年に姉アリス・メアリーが生まれている。レオポルドは長男が生まれる前の1884年3月28日にカンヌで急死しており、チャールズ・エドワードは誕生と同時にオールバニ公位を継承した。

16歳になって間もない1900年7月30日、伯父のザクセン=コーブルク=ゴータ公アルフレート(エディンバラ公アルフレッド)が死去した。アルフレートの一人息子アルフレッドは前年に自殺しており、コノート公アーサー(アルフレートの弟、レオポルドの兄)とその息子アーサー(チャールズの従兄で学友だった)が辞退したため、チャールズ・エドワードが祖母ヴィクトリア女王の命令で公位を継承した(実は、イートン校で先輩であったアーサーが、チャールズ・エドワードが公位を辞退すれば学校でいじめるぞと脅していたため、しぶしぶ継承した)。

即位後5年間、公国はアルフレートの娘婿であるホーエンローエ=ランゲンブルク侯世子エルンストの摂政のもとに治められた。

チャールズ・エドワードがザクセン=コーブルク=ゴータ公カール・エドゥアルトとして親政を開始したのは、21歳の誕生日を迎えた1905年7月19日からである。同年10月11日にはグリュックスブルク公フリードリヒ・フェルディナント(デンマーク王クリスチャン9世の甥)の娘ヴィクトリア・アーデルハイト公女と結婚した。夫妻の間には5人の子供が生まれたが、長女シビラは1932年にスウェーデン王家に嫁ぎ、現国王カール16世グスタフの母后となった。

第一次世界大戦中、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の従弟でもあったカール・エドゥアルトはドイツ人としてドイツを支持し、ドイツ陸軍の将軍として任務に就いていた。大きな指揮権を持つことはなかったが、イギリス王族がイギリスに敵対する立場に立ったということは看過できないことであった。そのためもう一人の従兄であるイギリス王ジョージ5世は、1915年にガーター勲章を、1917年にオールバニ公の爵位を剥奪した。なお、1917年にはイギリス王家の家名もドイツ風のサクス=コバーグ=ゴータ(ザクセン=コーブルク=ゴータ)家からウィンザー家へと改めている。さらに終戦後の1919年にはカール・エドゥアルトとその子孫からイギリス王族としての身分(Prince of the United Kingdomの称号とHRHの敬称)も剥奪された。一方、ドイツ革命によって1918年11月18日にはザクセン=コーブルク=ゴータ公も廃位された。公国はヴァイマル共和政のもとでバイエルン州とテューリンゲン州に編入されて消滅した。

1 bayern map

一般市民となって後のカール・エドゥアルトは、ドイツ革命によるドイツの君主制廃止、ロシア皇帝ニコライ2世と皇后アレクサンドラ(カール・エドゥアルトの従姉であった)夫妻一家がボリシェヴィキにより銃殺されたことなどが影響し、左翼やボリシェヴィキに恐怖と憎悪をいだき、さまざまな右翼系の武装組織や政治運動に関わった後、ナチ党に入党して突撃隊(SA)の一員となった。また、1933年から1945年までドイツ赤十字(ロスチャイルド)社総裁、1937年から1945年までは国会議員を務めている。

ナチスのマルタ十字
3 ironcross2s

1936年、従兄ジョージ5世の葬儀に、カール・エドゥアルトはSAの制服で参列した。これは、イギリス王族としてイギリスの軍服を着用することが許されていなかったためでもある。この時、カール・エドゥアルトには新王エドワード8世と会談して独英関係の改善と条約締結の可能性を探る任務が与えられていたが、結局そうした会談は行なわれなかった。

1940年4月に皇紀二千六百年のドイツ側慶奉使節として来日している。当初は2月に訪日する予定であったが、対英米関係の悪化を恐れる時の米内内閣の要請により、訪日日程が遅れた経緯がある・・・

日本閨閥の本質は、天皇を中心とした金貸し支配

2 queen elizabeth 2

旧王族・貴族層の(ナチス)親衛隊員( SS )
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A_%28%E3%83%8A%E3%83%81%E3%82%B9%29#.E6.97.A7.E7.8E.8B.E6.97.8F.E3.83.BB.E8.B2.B4.E6.97.8F.E5.B1.A4.E3.81.AE.E8.A6.AA.E8.A1.9B.E9.9A.8A.E5.93.A1


親衛隊にはドイツ帝国領邦の旧王族や貴族が多数参加していた。王族・貴族層は親衛隊の中に決して少なくなく、1938年の時点で親衛隊大将の18.7%、親衛隊中将の9.8%、親衛隊少将の14.3%、親衛隊大佐の8.4%を占めていた<。たとえば下のような者達がいた。

ヨシアス・ツー・ヴァルデック=ピルモント太子(ヴァルデック侯国太子)
フリードリヒ・フランツ・ツー・メクレンブルク大公太子 (メクレンブルク=シュヴェリーン大公国太子)
クリストフ・フォン・ヘッセン (Christoph von Hesse)(ヘッセン=カッセル方伯家出身)
ヴィルヘルム・フォン・ヘッセン (1905-1942)(ヘッセン=フィリップスタール方伯家出身)
フランツ・ヨーゼフ・フォン・ホーヘンツォレルン=エムデン王子 (Franz Joseph Prinz von Hohenzollern-Emden)(ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯家出身)
カール・クリスチアン・ツア・リッペ=ヴァイセンフェルト王子 (Karl Christian zur Lippe-Weißenfeld)(リッペ家出身)
ゲオルク・フォン・バッセヴィッツ=ベール伯爵
カール・フリードリヒ・フォン・ピュックラー=ブルクハウス、フォン・グローディッツ伯爵・男爵
ゴットフリート・フォン・ビスマルク=シェーンハウゼン伯爵(ドイツ帝国宰相オットー・フォン・ビスマルクの孫)
フリードリヒ・フォン・シューレンブルク伯爵 (Friedrich Graf von der Schulenburg)
ヴォルフ=ハインリヒ・フォン・ヘルドルフ伯爵
ヒアツィント・シュトラハヴィッツ伯爵
オイゲン・フォン・クウォード=ヴァイクラート=イスニー伯爵 (Eugen Graf von Quadt zu Wykradt und Isny)
フリードリヒ・カール・フォン・エーベルシュタイン男爵
ルドルフ・フォン・ガイアー男爵 (de:Rudolf Freiherr von Geyr)
ヘルマン・フォン・シャーデ男爵 (de:Hermann Freiherr von Schade)
オットー・フォン・フリックス男爵 (Otto Freiherr von Fircks)
アントン・フォン・ホーベルク=ブーフヴァルト男爵
ハンス・ヨアヒム・フォン・クリュードナー男爵 (Hans-Joachim Freiherr von Kruedener)
カシウス・フォン・モンティグニー男爵 (Cassius Freiherr von Montigny)
アドルフ・フォン・エインハウゼン男爵 (Adolf Freiherr von Oeynhausen)
ハンス・アルビン・フォン・ライツェンシュタイン男爵 (Hans-Albin Freiherr von Reitzenstein)
クルト・フォン・シュレーダー男爵 (Kurt Freiherr von Schröder)
クーノ・フォン・エルツ=リューベナッハ帝国男爵及び領主 (Kuno Reichsfreiherr und Edler Herr von und zu Eltz-Rübenach)
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 07 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -