• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

英国の隠された王

THE HIDDEN KING OF ENGLAND
イングランドの隠された王
The British Exilarch Francisco Manoel
英国の追放王フランシスコ・マノエル

by Greg Hallett
http://www.theworldoftruth.net/HallettReport/THKoE/The-Hidden-King-Of-England.html


1 Front 20

王族の印が初めて明かされる・・・

ケントのヴィクトリア姫(後の英国王女)は秘密裡にカンバーランドの盲目の王子、ジョージと結婚し、その後長男(直系の後継者)、マルコス・マノエルを産みましたが、その子は王族の秘密として、ポルトガルへと追放され - 全ては1834年の事でした。

1850年にヴィクトリアは、英国の統一王国とアイルランドの王座の正式な後継者である事を - 未来の世代のためにマルコス・マノエルの血統を証明するために、箱一杯の王族の印を彼に送りました。その王族の印は、彼の16歳の誕生日の直後に、王族の全ての子供達の女家庭教師であったフランシス・ジョセリン子爵婦人と、ポルトガル王、ファーディナンド二世よって届けられました。

その他の印は彼の結婚の際に送られ、そして彼はヴィクトリア女王のお気に入りの王子、Prince le Favori として益々認識されました。

「the Shin」、または禁じられた秘密として、一般大衆は2012年まで知らされていませんでしたが、王族の全てはこの秘密を知っていました・・・

オカルトされた(隠された)王子として、マルコス・マノエルはサシェン-コーバーグ・ウンド・ゴータ(S. C. G.)の公爵の剣(つるぎ)を受け継ぎ、イングランドのオカルトされた王、ジョン二世として即位し、それをヴィクトリア女王は、1869年の10月6日に、ホルボーンの陸橋とブラックフレイアー橋を開く事によって即位を印しました。その結果として、英国の S. C. G. の公爵達は、彼等の S, C. G. の地位を見放し続けました。

ローズクロスの王立会は王権を、時が来れば明かされる様に、直ぐに認識出来るコード(暗号)で「目の前に隠し」コード化しました。ヴィクトリア女王はこれを不死化するために、J. M. バリーに「ピーター・パン」を書く事を発注し、王権はその様にして成りすましを排除するために記録されました。

王権は、誰も成りすまし出来無い様に、国土、土地の印、そして時を超えて、更にタイミングにおいて記録されています。

フランシス・マノエルの王権はその様にして記録され、彼の王としての最初の運命として、彼の誕生の際に明かされました。

その間、英国の大嘘つきの王家は、「サックス・コーバーグ・アンド・ゴーサの王家」を名乗り、「サシェン・コーバーグ・ウンド・ゴータの公爵」のドイツ語の称号を借用し、「サシェン・コーバーグ・ウンド・ゴータの公爵」を乗っ取り、ドイツのその皇帝と王国を剥ぎ取り、その後、ゴータのアルマナックを破壊しました。

ヴィクトリア女王は、彼女の家系図のために100万ポンド支払い、サード・カズン(従兄弟の従兄弟の従兄弟)であった2人のイエス達は記録され - イングランドとアルガーヴを通した彼等の年代記は、イングランドの隠された王の中に記録され描写されています。

「信仰の言葉の価値」の解読は、イングランドの王権へのイエスのアクセス、王権の王としての彼の昇進、ロンドンの市長としての昇進、池の島の上の要塞化されたライオンとしてのコミューンの彼の計画(設計)、そして彼の母の血統にちなんだ「ロンドン」の命名を表します。

イングランドのイエスは、テンプル・バー(司法)、コモン・ロー(慣習法)、グリニッジ標準時間、ロンドン市長の豪邸と毎年の行進として、石に設定された遺産を残し、と同時に、彼のエジプトの神秘主義学派の修行を明かす、ロンドンの土地の名前を残しました。

イエスの真の葡萄のつるの血統によって保たれた「サングリアル(聖杯/正当な血統)の主権的な秩序の襟、聖杯の騎士の王族のスコットランドのスチュアート家の王朝的な秩序」は、「メシア的な暗号」が解読される事を許し、その秘密を明かします・・・

その「R. S. H. E. 21」フランシスコ・マノエルは、この「メシア的なコード」の主要な所有者で、スコットランドとイングランドのためにその襟を着て、そしてシルヴスの印である「Ego Manoel Britannia Rex」私、マノエルは英国の王、の所有者です。

1150年におけるアルガーヴのイエスの再埋葬はヨーロッパにおける「最初のキリスト教-イスラム教の協定を確立し、シルヴスの歴史の多くと、結果的にイングランドとヨーロッパの王族が派生した、スペイン、ポルトガル、そしてアルガーヴの王族の歴史を確立しました。

The Real Deal Ep # 110 Greg Hallett: On the Plight of the British Monarchy
リアル・ディール No110 グレッグ・ハレット: 英国王室の窮地(フェッツアー教授)


グレッグ・ハレットの著書:
http://www.theworldoftruth.net/HallettReport/


ハレット&フェッツアー(2012年)


英文書き出し
http://www.theworldoftruth.net/HallettReport/No4.html

「・・・ですからアルバート皇太子は(同性愛者だったので)、ヴィクトリア女王の子供達のための種付けが出来ませんでした。ヴィクトリア女王の(マルコス・マノエル以外の)子供達は、ライオネル・ネイサン・ロスチャイルドによって種付けされました・・・ライオネル・ネイサン・ロスチャイルドは、「王達の中の王」として知られていました。彼は実質的にヨーロッパの全ての王族と、アジアにおける幾らかも金融支援しました。ですから彼は「種付けの権利」を持っていました。彼はヴィクトリア女王に対して種付けの権利を持っていて、ヴィクトリア女王の子供達の種に成り、それは彼等を全て二重婚に生まれた私生児(偽者)にしました・・・」

ヴィクトリア女王

子女(ロスチャイルド)

夫アルバートとの間に4男5女の9子を儲けた。娘達をドイツを中心とした各国に嫁がせ、40人の孫、37人の曾孫が誕生した。晩年には「ヨーロッパの祖母」と呼ばれるに至る。

第1子(長女) ヴィクトリア(愛称ヴィッキー)(1840年 - 1901年) - ドイツ皇帝フリードリヒ3世皇后
第2子(長男) アルバート・エドワード(愛称バーティ)(1841年 - 1910年) - サクス=コバーグ=ゴータ朝初代英国王エドワード7世
第3子(二女) アリス(1843年 - 1878年) - ヘッセン大公ルートヴィヒ4世妃
第4子(二男) アルフレッド(1844年 - 1900年) - ザクセン=コーブルク=ゴータ公、エディンバラ公爵
第5子(三女) ヘレナ(1846年 - 1922年) - シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公子クリスティアン夫人
第6子(四女) ルイーズ(1848年 - 1939年) - アーガイル公爵ジョン・ダグラス・サザーランド・キャンベル夫人
第7子(三男) アーサー(1850年 - 1942年) - コノート公爵
第8子(四男) レオポルド(1853年 - 1884年) - オールバニ公爵
第9子(五女) ベアトリス(1857年 - 1944年) - バッテンベルク公子ハインリヒ・モーリッツ夫人

山口県田布施町の怪 ~日本国家の真相~
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 09 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30