• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

勢力派閥的な内紛

・・・「8月27日に、ドネツク人民共和国の軍事役人、エドワード・バスリンは、『ウクライナ軍は、DPR(ドネツク)を大規模に砲撃し - 急激な悪化で、ファシスト達は、アレクサンドロフナとマリンカの民間人の地区に対して、ミンスク調停によって禁止されている重砲を使用した、』と述べ、『ドネツク郊外が攻撃された、』と Zuesse は説明しました。」

「Zuesse によると、ポロシェンコは、オバマ政権の支持に従っている可能性が最も強く、最も顕著なのが国務次官補のヴィクトリア・ヌーランドです。その米国の調査的な歴史家は、2015年5月12日に、ソチにおいて、米国の国務長官、ジョン・ケリーが、ホワイト・ハウスは武力によってドンバスを取り戻す、ポロシェンコの試みは補佐しないと鮮明にしたのに、ヴィクトリア・ヌーランドが公に矛盾している事実に注目を呼びました。」

言い方を変えると、Zuesse と、そしてスプートニクが焦点を当てたのは、アメリカの外交政策は、ホワイト・ハウスによって設定されているのではなく、国務省において設定されている事で、そしてこれが意味するのは、国務長官ケリーが代理する勢力が何であれ、ヴィクトリア・汚い言葉・ヌーランドが代理する、よく知られたネオ・コンの戦争勢力(カザール)との間に、実に本当の意見違いが存在している事です。そして人が、それが勢力派閥的な内紛であると自信を持って推理出来る理由は、あらゆる通常に機能している政府において、政府機関、または官僚的な責任者の、政策的な立ち位置に対して、彼、または彼女の権威の下にいる部下が公的に矛盾すれば、クビの対象に成るためです。結局の処、ケリー氏は、大統領に任命され、上院議会において認証された、米国国務省の長官で、彼の(そして恐らくホワイト・ハウスの)立ち位置を鮮明にしたためです。ですが、ヌーランド女史は、彼女の上司に矛盾していて、そして彼女の役職に就いたままです・・・
http://gizadeathstar.com/2015/09/russias-sputnik-magazine-growing-rift-between-the-us-and-eu-on-the-ukraine-and-the-donbass/
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 07 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -