• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

奇妙な異常現象・・・?

奇妙な異常現象
「・・・彼らは幾つかの出力測定の準備のため、間もなく上記の構造を最適化し、公称回転数を達成した。次に、彼らは電力制御装置から電源ケーブルを抜いて電力を遮断した。基本的に電源から切り離された今、その回転子は自然に減速し停止すると彼らは期待した。ところが、思いがけなくも回転子は急に加速し始めた - 電源から遮断されているにも拘わらず!ある強烈な電力サージがどういうわけかシステム内で発生していたのは明らかだった。Pは彼の30年間の経験の中でこのような現象を見たことがなかった。そして現在、これを説明するのに途方に暮れている。電力サージはあまりにも強力で、重要な電子制御部品に損傷を与えた。このため、試験は中止となった。この電力サージについて何か断定的な主張を述べるのは早すぎるが、この効果はきわめて興味深く、さらに研究すべき正当な根拠となることは明らかである・・・」
http://www.peopleknow.org/ds08pro/TOP_PMGRev.pdf

30年間、フリー・エネルギーを研究してきて、テスラや、ドラードが、言っている事を、読んでないの?

馬鹿じゃないの?死んじゃうよ!

(それとも、ディスインフォ?)

読者の皆さんは、以下を読んで判断して下さい。

「主要発電機の高くクランク・アップされたヴォルテージが、配信線に流れるメインのスイッチを入れた時、青紫のスパークが立ち昇り、配信線からエレクトロン(電子)が電線に流れる前に、チクチクする衝撃が全ての方向に放射しました。この瞬間的な現象は、実際に、何人かの電線整備士を殺傷しました。技術開発者達はこれらの増幅された静電ポテンシャルを、改善されるべき厄介者として考えました。テスラは、これを探究されるべきエネルギー(電気)の、強力で謎の形状としてとらえました。

***注:ドラード博士によると、正確には、スイッチを入れた時ではなく「スイッチを切った時」、この静電現象は起こりました。***
http://chilledvodka.blog.fc2.com/blog-entry-316.html

「・・・電流の通りが中断されると、とても興味深く(そして危険な)現象がそれら自体を現わせさせ、これによって無限の抵抗が現れる原因になります。この場合において抵抗は、その逆数、コンダクタンス(電気抵抗の逆数)によって最良に表されます。そのコンダクタンスはするとゼロです。その電流が瞬間的に消滅するので、フィールドは光速に近づく速度で崩壊します。E.M.F. (電気的な運動/動機の力/electro-motive force)は、流動の速度へと直接解放されるので、それは無限に向かう傾向があります。そのフィールドは、必要とされるE.M.F. を産出する事によって電流を保とうと試みるので、とても強力な効果が産出されます。もし重大な量のエネルギーが存在するなら、例えば毎時数キロ・ワットとすると*(稲妻は毎時250キロ・ワットです)、結果するディスチャージ(解放/放電)は最も甚大な効果を生産し、不十分に保護された機器を完全に破壊してしまう事が出来るでしょう。・・・
*平均的な家庭で1日に使用されるエネルギー量。

「・・・ショート・サーキットと同様に、ヴォルテージのための基準、またはポテンシャルの差が瞬間的に中断されると、莫大な規模の現象がそれら自体を現れさせます。その効果は誘導的な電流のオープン・サーキットと類似します。強要するヴォルテージが瞬時にして引かれるので、フィールドは結ばれた/囲まれたコンダクターに対して光速を超えるかも知れない速度で爆発します。その電流がフィールドの速度に直接関係しているので、それはゼロ抵抗を渡って有限のヴォルテージを産出する事を試みにおいて、無限へとジャンプします。もし十分なエネルギーがダイエレクトリックの力のフィールドの中にあるなら、再び例えば、毎時数キロ・ワットとすると、結果する爆発は、殆ど考えられない程の凶暴性で、十分な厚さのコンダクターを一瞬にして蒸発させるでしょう。大きな速度とエネルギーのダイエレクトリック的なディスチャージは、電気的な技術開発者が、実験で出会う最も不快な経験の一つです・・・
http://chilledvodka.blog.fc2.com/blog-entry-269.html

もし運動を原因する力が、静止のバランスされた状態の中にあるなら、エネルギーは静止の静けさの中にあり、原因の効果/結果である運動の中では無いと続くのは必然です。
- ウォルター・ラッセル宇宙の新たな概念

伝動している構造によって結ばれた/囲まれた空間がより小さい程、より多くのエネルギーが蓄積出来るという事です。
- エリック P. ドラード、Ibid.

この伝播は反速度と呼ぶ事ができ、長さの単位毎の反空間(カウンター・スペース)を通しての電気波伝播を表している。
- エリック P. ドラードテルルの電気的波の伝達&受信システム
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 09 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30