• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

三度偉大なヘルメティカ

Thrice Great Hermetica and the Janus Age
三度偉大なヘルメティカ、そしてヤヌスの時代


1 hermetica janus
Hermetic Cosmology, Finance, Politics and Culture in the Middle Ages Through the Late Renaissance
ルネッサンス後期を通した中世におけるヘルメス的な宇宙学、金融、政治、そして文化


by Joseph P. Farrell
ジョセフ P. ファレル著


TABLE OF CONTENTS
目次

Acknowledgements
謝礼文

Preface
前書き

PART ONE:
第一部:
HERMETIC, OR OCCULTED, HISTORY
ヘルメス的、またはオカルト(隠)された歴史


1. Skeletons (or Was That Just Heads?) in the Closet: The Hermetic and Occult Aspects of the
Knights Templar
クローゼットの中の骸骨(または頭だけ?):テンプル騎士団(テンプラー)のヘルメス的、そしてオカルト的な要素

A. The Templar Cover Story and Its Implications and Incongruities
A. テンプル騎士団の表向きの逸話とその示唆と矛盾
1. The Templar Timeline
1.テンプル騎士団の時系列
2. A Necessary Catalogue of the Implications and Significance of the Templars
2.テンプル騎士団の示唆と重要性の必要なカタログ
3. The Cover Story and Anomalies
3.表向きの逸話と矛盾
B. The Bizarre List of Charges Against the Templars
B. テンプル騎士団に対する非難の奇怪なリスト
1. King Philippe le Bel’s Letter to his Seneschals and Bailiffs, and Its Accusations
1.彼の官僚達と廷吏達に対するフィリップ・レ・ベル王の手紙、そしてその訴え
2. A Reconsideration of the Charges
2.その非難の再検証

2. Genealogies and Metaphors: A Speculation on the Bloodline Hypothesis and the Tablets of
Destinies
家系図と隠喩:血統の論説についての推理と運命のタブレット(板状の物)

A. The Rex Deus Version of the Bloodline Hypothesis
A. その血統の論説のレックス・デウス(王ゼウス/神)のヴァージョン
1. “Michael” and the Rex Deus Hypothesis
1.「ミカエル(マイケル)」とレックス・デウスの論説
2. Hopkin’s, Wallace-Murphy’s, and Simmans’ Caveat
2.ホプキン、ウォレス-マーフィー、そしてシーマンの警告
3. “Michael,” Rex Deus, and the Temple Schools
3.「ミカエル」、レックス・デウス、そして寺院学校
B. The Topological Metaphor of the Medium, Genealogies, and the Mythos of Divine Right
B. 媒質(エーテル/プラズマ)のトポロジー(位相数学/形態)的な隠喩、家系図、そして神聖な権利の神話
1. Rex Deus and the Discovery of the Pyramid Texts
1.レックス・デウスとピラミッド文献の発見
2. The Topological Metaphor of the Medium, the Cosmic War, and Genealogy
2.媒質のトポロジー的な隠喩、宇宙戦争、そして家系図
a. Mesopotamian Myth: A Primordial Trinity of Anu (Father Sky), Antu (Mother Sky), and Ki (Mother Earth)
a. メソポタミアの神話:アヌ(父成る空)、アントゥ(母成る空)、そしてキ(母成る大地/地球)の創始的な三位一体
b. A Review of the Genealogical Version of the Metaphor in the Vedic Tradition and the Mayan Popol Vuh
b. ヴィーダ(インド)的な伝統と、マヤのポポル・ヴァーにおける隠喩の家系図的なヴァージョンの再検証
c. The Mesopotamian Father-Mother Sky, and Abzu-Tiamat: The Abyss
c. メソポタミアの父-母の空、そしてアブズー-ティアマット:アビス(底無しの穴/宇宙)
3. The Genealogical Version of the Metaphor: The Divine Right of Kings and Ancient Technological Activation
3.その隠喩の家系図的なヴァージョン:王達の神聖な権利と太古の科学技術的な機動


3. Hermetic Knowledge and Hidden Voyages: Templar and Venetian Exploitation of Hidden Knowledge?
3.ヘルメス的な知識と隠された航海:テンプル騎士団とヴェニスの隠された知識の利用

A. Venice and the Templars
A. ヴェニス(ヴェネチア)とテンプル騎士団
1. Revisiting the Fourth Crusade (1202-1204 CE)
1.第四回十字軍遠征(1202-1204年)を再検証する

2. Yet Another Veneto-Templar Undertaking: Secret Knowledge, Hidden Cartographic Traditions, Hidden Voyages, The Zenos, The Sinclairs, and the Templars
2.更にもう一つのヴェニス-テンプル騎士団の行い:隠された地図製造の伝統、隠された航海、ジーノー家、シンクレア家、そしてテンプル騎士団
a. The Narrative Itself and Prior Voyages to North America
a. 逸話自体と北アメリカへの以前の航海
(1) Fishermen’s Voyages
(1)漁師の航海
(2) The Zenos, Pyramids, and the Council of Ten
(2)ジーノー家、ピラミッド、そして10人委員会
(3) The Zeno Narrative Itself
(3)ジーノー家の逸話自体
(a) Governors and Council Members
(a) 知事と委員会のメンバー達
(b) A Voyage of Exploration? Or Trade? A Personal Whim? Or Hidden Agenda?
(b) 探検の航海?または貿易?個人的な気まぐれ?または隠された目的?
(c) The Initial Encounter With Prince Henry Sinclair, and a Map “Rotten With Age”
(c) ヘンリー・シンクレア王子との元々の出会いと、「年代と共に腐った」地図
(d) The Zenos, Prince Henry, and the Voyage Westward
(d) ジーノー家、ヘンリー王子、そして西に向かう航海
(e) To North America
(e) 北アメリカへ
b. The Map-Narrative “Blunders” and Corroborations
b. その地図の逸話の「失敗」と協力証言
(1) Roman Shipwrecks and Coins in the New World, and Constantinople
(1)新大陸におけるローマ(時代の船)の転覆と貨幣、そしてコンスタンティノープル
(2) Egyptian Artefacts in the New World
(2)新大陸における(古代)エジプトの人工遺物
(3) The Knutson Expedition
(3)クヌットソンの探検
(4) The Church “Corroboration”: Bishoprics in Greenland Before Columbus
(4)教会の「協力証言」:コロンブス以前のグリーンランドにおける司教管轄区
(5) North American Corroborations: The Newport Tower and the Westford, Massachusetts Knight
(5)北アメリカの協力証言:ニューポートの塔とマサチューセッツ州、ウェストフォードの(テンプル)騎士
(6) The Zeno Manuscript’s Unusual Nomenclature, and the Reference to the Volcano
(6)ジーノー文書の異常な術語と、火山に対する言及
B. Some Significant Odds and Ends: the Zeno Manuscript’s Publication in Elizabethan England, Its
Delay in Publication in Venice, and the Sinclair-Templar Connection
B. 幾つかの重要な残りもの:エリザベス(1世)時代のイングランドにおけるジーノー文書の出版と、ヴェニスにおける出版の遅れ、そしてシンクレア-テンプル騎士団の関係

4. Bloody Intermezzo: Cathars, Templars, Treasure, Alchemy, Counterfeiters and… Yes, Nazis
(Or Why Is There a Whole Lot More Gold Floating Around, Than There Should Be, According to Official Estimates?”)
血塗られた間奏曲:カタル、テンプル騎士団、財宝、錬金術、偽造詐欺師達・・・そう、ナチス(または何故、公式な推量によると存在しているべきものよりも、遥かにもっと多いゴールドが出回っているのか?)

A. The Templars and the Languedoc
A. テンプル騎士団とラングーダック(地方)
1. The Shepherd’s Tale: Lucifer’s Diadem, Stones of Power, the Lapsis Exillis, The Golden Fleece, and the Philosopher’s Stone
1.羊飼いの話し:ルシファーのダイアデム、権力の石、Lapsis Exillis、黄金の羊毛、そして賢者の石
2. Solomon’s Treasure, and Byzantium
2.ソロモンの秘宝とビザンチウム
3. The Albigensian Crusade According to Rahn
3.ラーンによる、アルビジェンシアの十字軍遠征
a. The Causus Belli: The Cathar Version of the Metaphor
a. Causus Belli:その隠喩のカタル版
b. Rahn’s Description of the Crusade
b. その十字軍遠征のラーンの描写
B. The Templars, the Languedoc, the Cathars, and the Treasure Legends
B. テンプル騎士団、ラングーダック、カタル(グノーシス/神秘主義)派、そして財宝の伝説
1. The Languedoc and the Templars
1.ラングーダックとテンプル騎士団
2. The Templars and North America
2.テンプル騎士団と北アメリカ
3. The Bezu Counterfeiting Episode: A Strange Case of Good Money Driving Out Bad, and Four Possible Scenarios
3.ベズーの偽造詐欺の出来事:良いマネーが悪いのを追い出す奇妙な件と、4つの可能なシナリオ
a. The Counterfeiting Episode Itself
a. 偽造詐欺事件自体
b. The Dagobert Family and the Mines That Didn’t Mine
b. ダゴベルト家と採掘され無かった鉱脈
c. And the Strange Case of French Master Classicist Painter, Nicholas Poussin
c. そしてフランス人の一流の古典的な画家、ニコラス Poussin の奇妙な場合
d. The Four Possible Scenarios
d. 4つの可能なシナリオ
4. Pope Sylvester II And the Crusades: A Covert Quest for Hidden and Lost Knowledge?
4.教皇シルヴェスター2世と十字軍遠征:隠された、そして失われた知識のための秘密裡の探求?
C. Aftermaths: Strange Loose Ends
C. その後:奇妙な未解決の問題
1. The Nazi Expeditions to the Languedoc
1.ラングーダックへのナチスの遠征
2. The Parsifal Grail Romance
2.パーシファルの聖杯ロマンス
3. A Curious Aftermath: Bonaparte, Egypt, and the Hautpoul Family
3.奇妙なその後:ボナパルト、エジプト、そして Hautpoul 家

5. The Columbus Conundrum: The Pope, the Prophecy, and the Templars
5.コロンブスのなぞなぞ:教皇、預言、そしてテンプル騎士団

A. Columbus, the Templars, and the Problem of America
A. コロンブス、テンプル騎士団、そしてアメリカの問題
1. Columbus and the Pre-Columbian Knowledge of the New World
1.コロンブスと、コロンブス以前の新大陸の知識
2. Marco Polo and the Templars
2.マルコ・ポーロとテンプル騎士団
3. The Turkish Admiral Piri Reis Once Again
3.トルコの海軍将、ピリ・レイス再び
4. Spanish Documents Indicating a “Pre-Discovery” of the New World, and Queen Isabella’s Strange Remark
4.新大陸の「事前の発見」を示唆しているスペインの文献と、女王イザベラの奇妙な発言
5. Giovanni Matteo Contarini’s Statement Regarding Columbus
5.ジョヴァンニ・マテオ・コンタリーニのコロンブスに関する明言
B. Columbus and Esotericism
B. コロンブスと秘儀主義
1. Columbus’ Esoteric Signature
1.コロンブスの秘儀的な署名
2. Columbus’ Esotericism Part Two: The Prophecy of Joachim of Fiore and the Apocalypse Agenda
2.コロンブスの秘儀主義パート2:フィオレ(の街)のヨアキムの預言と、世紀末思想
3. Columbus’ “Hermetic Ecumenism”
3.コロンブスの「ヘルメス的な世界教会主義」
C. Giovanni Cybo, Innocent VIII, the Pope of the Militant Orders
C. ジョヴァンニ・チーボ、イノセント8世、軍事的な秩序の教皇


6. Conclusions to Part One: The Operational, Political, and Financial Complex of the Fourth
Crusade, Venice, The Templars, and Hidden Knowledge
第一部のまとめ:第四回十字軍遠征、ヴェニス、テンプル騎士団、そして隠された知識の、作戦的、政治的、そして金融的な複合体


PART TWO:
第二部:
THE HERMETIC ARTS: NATURAL PHILOSOPHY, ART, MUSIC, LITERATURE, AND THE MAGICK OF TRANSMUTATION
ヘルメス的なアーツ:自然哲学、芸術、音楽、文学、そして変格のマジック


7. “All the World’s a Stage”: The Magical Art of the Theater of the Globe: Theater as Memory
Palace and Microcosm
「世界の全ては舞台」:地球の劇場のマジック的な芸術:記憶の宮殿とミクロコズムとしての劇場

A. Dame Frances Yates and Her Incredible Volumes
A. フランシス・イェーツと彼女の驚きの著書
B. Vitruvius, Hermeticism, Fludd, and the Theatrum Orbis
B. ヴィトルヴィウス、ヘルメス主義、フロッド、そして Theatrum Orbis
1. Llull’s Hermetic Ecumenism: The Magical Art of Analogy and Combinatorics
1.ルルのヘルメス的な世界教会主義:類推と組み合わせ理論のマジック的な芸術
2. The Elizabethan Magus and Adept, Dr. John Dee
2.エリザベス時代の賢者で熟練者、ジョン・ディー博士
a. The Venetian Influence
a. ヴェニスの影響力
b. The Magical Art and Architecture
b. マジック的な芸術/技術と建築様式
3. Robert Fludd
3.ロバート・フロッド
C. Edward De Vere, a.k.a. William Shakespeare, and the Plays
C. エドワード・デ・ヴェレ、別名ウイリアム・シェークスピア、そして劇
1. The Hermetic Elements of the Last Plays
1.最後の劇のヘルメス的な要素
2. A Brief Review of the Case of the Authorship of Shakepeare’s Plays by the Early(sic) of Oxford, and Its Importance
2.オックスフォードの伯爵によるシェークスピアの著作の件の簡単な再検証と、その重要性
a. A Few Problems with the Stratford-on-Avon William Shakspere
a. ストラットフォード・オン・エイヴォンのウイリアム・シェークスピアの少々の問題
b. A Brief Review of the Facts Favoring Authorship by Edward de Vere, 17th Earl of Oxford
b. オックスフォードの第17代伯爵、エドワード・デ・ヴェレによる著作を優位にする事実の簡単な再検証
(1) Codes and a Hermetic Influence
(1)暗号とヘルメス的な影響
(2) De Vere’s Ancestry and Ambiguous Parentage
(2)デ・ヴェレの先祖と、不透明な両親
3. Edward De Vere, The Templar-Venetian Connection, and the “Provocative Merchant of Venice”
3.エドワード・デ・ヴェレ、テンプル騎士団-ヴァチカンの関連性、そして「挑発的なヴェニスの商人」
a. Some Necessary Background
a. 幾らかの必要な背景
b. The Play Itself
b. その劇自体

8. All the World’s a Stage II: The High Hermetic Magical Politics
世界の全ては舞台 II:高度なヘルメス的マジックの政治

A. Dee and Agrippa: The Venetian Influence and Francesco Zorzi
A. ディーとアグリッパ:ヴェニスの影響力とフランチェスコ・ゾルジ
1. Francesco Zzorzi, 1466-1540
1.フランチェスコ・ゾルジ、1466-1540年
2. Henry Cornelius Agrippa, 1486-1535
2.ヘンリー・コーネリアス・アグリッパ、1486-1535年
3. Dr. John Dee, 1527-1609
3.ジョン・ディー博士、1527-1609年
B. The High Hermetic Politics: The Marriage of Prince Friedrich von Wittelsbach V and Princess Elizabeth Stuart
B. 高度にヘルメス的な政治:王子、フレデリック・ヴォン・ウィッテルスバック5世とエリザベス・ステュワート姫の婚姻
1. The “Textbook Version” of the Wedding and Its Aftermath
1.その婚姻の「教科書版」と、その後
2. The Wedding and the Hermetic Background
2.その婚姻とヘルメス的な背景
a. The Manipulation of Prophecy and the Rosicrucian Manifestos
a. 預言の操作とローズクロスのマニュフェスト
3. The Strange Mathematical Connections: Descartes and Leibniz
3.その奇妙な数学的な関連性:デカルトとライプニッツ
4. The Counter-Reformation Expropriation of the Hermetic Symbols, and the Venetian Connection, Yet Again
4.ヘルメス的な象徴の対-改革派の収用、そしてヴェニスの関連、更に再び
5. Back to the Earl of Oxford, and “The Tempest”
5.オックスフォードの伯爵に戻り、そして「テンペスト(大嵐)」

9. The Magical Alchemy of Music: Afterthoughts on Algebraic Analysis and the Permutations of
Alchemical Musical Philosophy
音楽のマジック的な錬金術:代数学の分析と錬金術的で音楽的な哲学の順列についての追加表現

A. An Aside: Descartes, Newton, and Leibniz on the Missing Ancient Technique of Mathematical Analysis
A. 別話:数学的な分析の、失われている太古のテクニックについてのデカルト、ニュートン、そしてライプニッツ


音楽的な錬金術に進む前に、しかしながら、早期の啓蒙運動の間の数学における3人の「主要な研究者達」について、あるとても重要な事を記述せねばならず:それは、デカルトニュートン、そしてライプニッツです。ライプニッツは特に、私達が目撃する様に、「錬金術的な音楽」の運動に対して直接、そして概念的に関連させます。私達の著書、トランスヒューマニズム:錬金術的な目的の魔導書の出版に引き続き、スコット D. デ・ハート博士と私は、その本について問いを尋ねている読者達からのイーメールによって水没させられました。そのため私達は、それらの問いの幾つかとそれらの問いに答える私達の試みに構成されている、眼のためのトーク・ラジオ:対話におけるトランスヒューマニズムと呼ばれた小さな本を自費出版しました。私達が受け取った問いの一つはこれでした:

「アイザック・ニュートンと平行してですが、彼からは別々の微分積分を発明した彼の研究のために知られている、ドイツの数学者で哲学者のゴットフリート・ライプニッツ(1646-1716年)はまた、「トポロジー(位相数学/形態)的な隠喩」と共に貴方が関連させるその貢献をした人として顕著ですが、何故ですか?」²

この問いに対する答えの中で、私達はその3人の偉大な数学者達についての、幾つかの重要で、あまり知られていない情報を明かしました:

「彼等の時代の数学と科学における多くと同様に、3人の数学者達の全員は、哲学の太古の文献を熟読していて、そして、勿論、数学にも同じで、それらの人達にとってそれは、主にユークリッドの要素の文献・・・そしてまた、プラトン主義派、新プラトン主義派、そしてヘルメティカ(ヘルメス)主義派の文献を意味しました。端的に、彼等は秘密の何か、または秘儀主義の伝統を知っていて、そしてこれは特にライプニッツに対して真実でした。」³

デカルトは分析的な幾何学を発明し、そしてニュートンとライプニッツは、勿論、微積分学で、そして故に、彼等について記述するための2つの物事が有り:彼等は「(1)私達が今日使う数学的な道具を発明し(実際に、私達は微分積分におけるライプニッツの表記法を使用し)、そして(2)彼等は太古の文献と秘儀的な伝統にとても聡明でした。」⁴

これが、その3人の人達の全員が、失われた数学的な知識に関した奇妙な記述をそれから見解するための本質的なコンテキスト(文脈)です。台頭してきていた理性主義(物質主義)の典型であり、物質世界のあらゆる熟考、または分析から、誰よりも「魂(ソウル)」と「霊(スピリット)」の領域を排除しようとしたデカルトは、この失われた数学的な知識に関して真に息を奪う様な何かを述べました:

「・・・(私達は)昔の幾何学者達が、全ての問題の解決のためにそれを彼等が延長させた、分析の一種の使用を有していたと理解しますが、にも拘らず、彼等はそれを後世の人々から隠しました・・・

「私は、今日の共通のものから、とても異なった数学の一種を彼等が知っていたはずだと、はっきりと気付きましたが;彼等がそれを完璧に知っていたと私が考えるわけではありませんが・・・

「そして実際に、この真の数学の何らかの痕跡は、最も太古の時代に帰属するわけではありませんが、私達の時代の何世紀も以前に生きた、パプスとディオパントグスにも未だに現れる様に、私には見えます。私はまた、後者の場合、特定の邪悪な抜け目の無さのために、正にその著者達によって隠蔽されたと、私は考えます・・・」⁵

此処においてデカルトが主張している事に注目して下さい:(1)古代人達によって部分的に知られていた数学的な分析の失われた形状があり、彼の時代まで未だに人類によって再発見されておらず、そして(2)この知識は隠され、そして隠蔽され、両方のアイデアは正に、失われた、秘密の知識の基本的でヘルメス的な世界観の構成要素です。

加えてデカルトは、古代人達はこの数学の代数学的な表記法の一種を持っていたと彼が疑い・・・そして・・・それは「全ての問題」に対する解決を表現する事の出来る「分析の一種」だったと述べます・・・⁶

代数学的な表現が可能な数学的な分析の失われた形状、そしてそれによって「全ての問題」の解決が表現される事が出来る・・・分析的な幾何学の発明者である事は言うまでも無く、その様な理性的で、そして理論主義的な人が言うには、それらは少々息を奪うような主張です。

ルネ・デカルト、1596-1650年、フランツ・ハルスによる肖像画
1 Descartes

この判断において、しかしながら、デカルトがたった一人では無かったのは、古代人達の文献において彼等が知らせているよりも、もっと何かが数学的に起こっていたのではないかと疑う事において、彼はその時代のその他の2人の数学的な天才達、サー・アイザック・ニュートンとゴットフリート・ライプニッツによって同意されるためです。ニュートンは彼にエコーし(そしてその偉大なフランス人に対する彼のニュートン的な矢じり無しではありませんが):

「確かに、(古代人達の)方法は、デカルト的なものよりも、遥かにもっとエレガントです。(デカルトは)代数学的な微積分学によって結果を達成し、それは(古代人達の記述における彼等の実施に続いて)言葉へと変換された時、長ったらしく退屈で、頭痛を派生させる程、こんがらかっており、更に理解されないかも知れません。ですが彼等は、読まれる価値のある異なったスタイルにおいて記述されたものが無く、そしてそれによって彼等がそれらの構築(答え)を見つけた分析を隠している成り行きから判断すると、特定の単純なプロポーションによってそれを達成しました。」⁷

再び、彼以前のデカルトの様に、ヘルメス主義者で錬金術師として知られていたニュートンは、太古の文献における数学的な分析の「隠された」形状の存在を探知します。

サー・アイザック・ニュートン、1643-1727年、当時46歳、ゴッドフリー・ネラーの肖像画、1689年より
2 IsaacNewton-1689

3人の内で、しかしながら、その失われた分析が何を必然的に伴ったかの詳細の彼の理解において、典型的に、その他2人の人達を超えていたのは、ライプニッツでした:

「古代人達が、幾何学に相応しい分析を認識し、有していたのは、彼等の研究において私が考えるに、私はその幾らかの痕跡を見る事が出来る為で、つまり、それにおいて数字が問題では無い代数学です。確かにそれらの主張を彼等が展開したのはこの技術によってで(そうでなければ私達はとても長い間それらを有する事は出来ず)それは難しさと共にのみ、私達は、私達の近代の方法によって見つける事が出来ます。私が考えるに、この技術の土台とその最初の特徴を私は会得し、発見し、(私達が正しいシンボルを見つけ、幾らかの原則を確立すれば)それと共に私達は計算の模倣によって全てのその他を得る事が可能で、そして私達の想像力と共にその一線に続く必要は無く - その結果を古代人達が会得していたかは、私には確かではありません。」⁸

その3人の人達の中で最も興味深いのが、ライプニッツのコメントで、

私達が最初に着目するのは、この分析の失われた形状は、それ自体の象徴的で代数学的な表記法を持っていたと、彼が述べるためです。ですが第二に、そして私達が本当に興味深い示唆と考えるのは、分析のこの失われた形状が、代数学的である間、数字には全く関係なく、そして故に、それは「計算の模倣(イミテーション)」の一種だったと言う事です。言い換えると、それは正確な結果を産出した、固く素早く確立された正式なルールを持っていました。

その他の手掛かりは、微分積分を発明したライプニッツがこの全てを理解し、それが意味するのは、彼が述べていたものが、彼が既に発明したものを遥かに超えて行く数学的な分析の一種だと言う事です。明らかにこの引用から、彼がこの失われた分析を見つける事を試みそして正しくシンボル化しようとしていたと、私達は考えます。

もう一つの手がかりもまた存在します。ライプニッツはまた、彼が宇宙的な特徴(統一的/宇宙的なシンボル、または表現、もしくは言語)と呼んだものを探求していて、それはあらゆるその他の数学、または自然的な言語さえも翻訳するメタ微積分学、または形式的な言語の一種でした。故に私達は彼がトポロジー(位相数学/形態)的な隠喩に気付いていたと考えますが、トポロジーがまだ発明されていなかったので、彼はそれを分析シチュ、または「状況の分析」と呼び、そして現代のトポロジーの数学的な言語の方向において幾つもの重要な試みを行いました。私達はまた、彼がこの隠喩の類推的な本質を理解し、それに形式的なルールと性質を与えるために、そしてそれを直接シンボル化する試みを行い、そして故に彼が宇宙的な特徴と呼んだもののアイデアを思い付いたと考えます。

私達がとても興味深いと思うのは、(明らかに彼が読破した)デカルトとニュートンの様に、彼はこれが太古の時代において失われたか、または、彼の言葉がまた示唆する様に、意図的に隠蔽された分析のテクニックだったと信じました。ニュートンとデカルトと共に、私達はこの数学的な分析の失われた形状が、意図的に隠蔽された事をとても直接的に示唆する言葉に出会います。ライプニッツについて何がユニークかと言うと、この分析が全く数字的では無かったかもしれないと言う彼の知覚です。

宇宙/統一的な「メタ微積分学」の彼のアイデアと共にライプニッツが示唆しているものは、その形式的な順序の準-セットとして、通常の算数的な計算を内包する形式的な言語ですが、それはまた、高度に抽象的で、そして非-計算可能な概念を操作する事も可能で、そしてこれは、勿論、情報を操作していて、そして変換していて、形式的に、全ての種の情報を行程している方法が存在すると理解していた事を示唆します。そしてそれが示唆するのは、その行程の派生的で創造的なエンジンとしての終わる事の無い順列/並び替えの類推と原則的に錬金術的な視点です。これがどの様に機能するかを理解するためには、私達はその他の高度に数学的で、ヘルメス的な芸術/技術:音楽、そしてカウンターポイント(反対支点)の技術と錬金術におけるその現れを見る必要があります。

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ、1646-1716年
3 Leibniz

B. Johann Sebastian Bach and the Alchemy of Counterpoint
B. ヨハン・セバスチャン・バッハとカウンターポイント(反対支点)の錬金術
C. Carl Philip Emanuel Bach and the Alchemy of Permutation
C. カール・フィリップ・エマニュエル・バッハと順列の錬金術
1. Critical Assessments of C.P.E. Bach’s Music
1.C.P.E. バッハの音楽の批評的な検証
2. Non-Explicit Statements of the Rules of Emanuel Bach’s Compositional Process
2.エマニュエル・バッハの作曲の行程のルールのはっきりしていない明言
3. The Theory of Philip Barford and the Transformational- Generative Approach of the Remainder of this Chapter
3.フィリップ・バーフォードの理論と、この章の残りの変格-派生的なアプローチ(近づき方)
4. A Catalogue of the Harpsichord Concerti of C.P.E. Bach
4.C.P.E バッハのハープシコード(楽器の一種)のコンチェルトのカタログ
5. The Analysis of C.P.E. Bach’s Transformational-Generative Compositional Process in Wq 23 in D Minor
5.D-マイナー(短音)の Wq 23における C.P.E. バッハの変格-派生的な作曲の行程の分析
6. Music, Mathematics, and the Alchemy of the Transformation of Information
6.音楽、数学、そして情報の変格の錬金術

10. Conclusions to Part Two
10.第二部へのまとめ


PART THREE:
第三部:
EGYPTIAN ESSENES
エジプトのエッセネ派


11. Essenes, Egypt, Esoterica, and Excavations: The Templar Treasure… Again
11.エッセネ派、エジプト、秘儀主義、そして発掘:テンプル騎士団の財宝・・・再び

A. The Templars and the Dead Sea Scrolls
A. テンプル騎士団と死海書
1. Pope Sylvester II and the Search for Lost Knowledge
1.教皇シルヴェスター2世と、失われた知識のための探求
2. The Damascus Document, the Dead Sea Scrolls, and Egypt
2.ダマスカス文献、死海書、そしてエジプト
3. John Allegro and the Egyptian Connection
3.ジョン・アレグロとエジプト的な関係
B. Robert Feather and the Egyptian Hypothesis
B. ロバート・フェザーとエジプト的な論説
1. Translation Difficulties: the Meaning of the Copper Scroll
1.翻訳の難しさ:銅製の巻物の意味
2. The Scroll, the Essenes, and Egyptian Metrology
2.巻物、エッセネ派、そしてエジプト的な度量衡学
3. The Venetian and Bloodline Connections
3.ヴェニスと血統の関連性
4. Curiosities, Miscellanies and High Speculations
4.珍しいもの、寄せ集め、そして高度な推理
a. The Qumran “Mount Rushmore”
a. クムランの「ラシュモア山」
b. The Dead Sea Scrolls Secrecy
死海書の秘密主義

12. Conclusions to Part Three: Epilogue is Yet Another Prologue
第三部へのまとめ:エピローグは更なるプロローグ


Bibliography
参考文献

AKHENATEN PROPHECY: MYSTERY SCHOOLS & GIZA DEATH STAR - JOSEPH FARRELL & DARK JOURNALIST
アケナーテンの預言: 神秘主義学派 & ギザの死の星 - ジョセフ・ファレル博士


Knights Templar & Akhenaten - Joseph P. Farrell Interview Notes
ナイツ・テンプラー & アケナーテン - ジョセフ P. ファレルのインタヴューのメモ

http://jandeane81.com/threads/7313-Knights-Templar-amp-Akhenaten-Joseph-P-Farrell-Interview-Notes


話しはまず、オットー・ラーン(Otto Rahn)から始まります。ラーンはドイツの秘儀的な学者であり、聖杯の研究者で、中世ドイツのロマンス(文学)パーシヴァルが、実際に、フランスのラングーダック地方の歴史で、アルビジェンシアンに対する聖戦とナイツ・テンプラー(テンプル騎士団)に関連していると信じていました。ラーンは、アルビジェンシアンに対する聖戦(十字軍)は、ラングーダックの貴族達から何かを奪おうとした、ヴァチカンによって行われたと信じました。

Montségur の兵糧攻めが終わる前に、キャサー(カタル/アルビジェン)達は、その要塞からある物体を運び出す事を許されました。

アルビジェンシアンに対する聖戦の主な標的であったラングーダック(南フランス)自体は、ナイツ・ホスピタラーとナイツ・テンプラーの両方の組織の活動の本拠地と言われました。ラングーダック地方における、ある早期の研究家は、(農夫達によって「サタンの軍隊」と呼ばれていた)ヴァチカンが、教皇のティアラ(冠)につけられる様に、「ルシファーの冠からの宝石」を探していたと、地元の農夫達によって伝えられました。ラーンは、ヴァチカンが得ようとした、または隠蔽しようとした物体、または知識の一種があったと信じました。

ナイツ・テンプラーとナイツ・ホスピタラーは、イベリア(スペイン/ポルトガル)からムスリム(イスラム教徒)達を追い出すために組織されたと言われ、彼等はこれにおいて成功をおさめました。カトリック教会(ローマ・カルト)はこれらの2つの組織を彼等の権威の直接の指揮下と考え、そして地元の法律の対象では無いとしました。これはこれらの組織(早期の銀行/軍需産業複合体)が、税金を払う事を避け、大量の資金を集める事を許しました。

ヴァチカンが、アルビジェンシアンに対する聖戦を行うと宣言した時、ナイツ・ホスピタラーとナイツ・テンプラーの両方が、参加する事を拒みました。これは、フランスのラングーダック地方が、ナイツ・テンプラーの経済的な中心地だったので、カトリック教会がこれらの組織の操作を失ったシグナル、または確認として表現されました。ラングーダック地方が、ナイツ・テンプラーにとって、重要で経済的な地域に発達した理由は、ムスリム達と戦っている際に、スペインへと、ピレネー山脈を越えて物資を供給するための「前線の戦略的なエリア」の一種で、それらの組織のメンバー達が、それらの地域において不動産を有していたためでした。

アルビジェンシアンに対する聖戦が、地元のラングーダックの軍を打倒した後、その地域はフランス王国へと吸収されました。伝統的に歴史家達は、テンプラーとの問題を追及したのは、フランス人の教皇に一斉逮捕とその組織の違法化を命令させる前に、彼等(テンプラー)に対して数々の異様な犯罪の非難をした、フランスの王と考えます。ファレル博士は、彼の見解において、それは真逆で、その出来事のこの連鎖の背後の推進力は、教皇クレメント5世だったと述べます。

カトリック教会によって、ナイツ・テンプラーが違法化されると、ヴェニスが彼等の多くを避難場所として受け入れ、彼等を「10人委員会」の一部にしたと言われます。テンプラー達は、基本的に銀行業のカルテルとして奉仕し、このコネクションは彼等をヴェネチア(ヴェニス)人達にとって、とても有意義な連合にしました。

銅製の巻物

エルサレムのソロモンの寺院の廃墟から、テンプラーが何らかの財宝を得たと言う伝説は、死海の書の発見によって、油が注がれたと言われます。[メモ:死海書は、西暦1世紀頃にエジプトからエッセネ派によってもたらされた神聖な巻物の図書館(文献)をソロモンの寺院が保管していた事を明らかに示唆します。]銅製の巻物が、特定的に記述され、「宝の巻物」とも呼ばれ、それは伝統的に、エルサレムの寺院の内包物に関連していると信じられました。

ファレル博士は、この巻物によって明細された財宝の量は、ユダヤ的な基準的測量単位が使われると膨大過ぎて、歴史におけるその当時までに採掘された金の採掘量を遥かに超えてしまうと述べます。しかしながら、その巻物の銅製の構造は、同じ種の巻物を造るエジプトの技法に、金具の詳細まで一致し、そして学者で治金学者のロバート・フェザーはその巻物がエジプトのアケナーテンの時代に正しく年代測定されると主張し、そしてその当時、エジプトに住んでいたユダヤ人達に関連させます。ソロモンの寺院に関連しているとされる代わりに、その巻物はアケナーテンの寺院に関連していると主張され、エジプト的な基準単位が使用されると、明細された財宝の総合的な量は、現実的に成りました。

現代の研究においてイエスは(例えば、ユダヤのパリサイ派よりもむしろ)エッセネ派に関連させられるので、ユダヤのエッセネ派が、エジプトのアケナーテンの統治の時代から、エルサレムへと、巻物をもたらしたと言うアイデアは、イエスのスピリット(精神)的な系統が、よりヘルメス主義的で、エッセネ派を通してエジプトの伝統に、より関連していた事を示唆します。

表向きには、聖地(パレスチナ)のキリスト教徒達を保護するために中東に向かった9人のテンプラー達は、代わりにソロモンの寺院からの何かを調査していた様に現れ、寺院の山の下を発掘し、そして同様にその他の場所を調べていたようです。彼等は後に、ヨーロッパへと戻り、彼等が学んだ事が何であれ、それを彼等のヨーロッパの同胞達と分かち合ったようです。

ファレル博士は、テンプラー達が発見したのは、キリスト教の起源とエジプトの間の関連性であると信じます。その同時代の頃に、テンプラー達は迫害され始め、メディチ家がヘルメス的な文献を手に入れ、それらを翻訳し、そしてそれらはその後、ヨーロッパを渡って広がり、ルネッサンス(文明開化)に貢献しました。

ヘルメス主義はエジプトに起因し、旧約聖書よりも更にもっと古いと信じられました。ユダヤ人の支族達は、既にパレスチナから出て、ある程度の規模でヨーロッパに移り住んだと理解されましたが、このエッセネ派との新たなヘルメス的な繋がりは、パレスチナから出てきたユダヤの支族達は、元々、エジプトに起因し、推定されたよりも更に古いかも知れない事を示唆します。キリスト教の起源と古代エジプトの間の関連性の知識は、それ自体が、ナイツ・テンプラーの隠蔽を正当化するだけ、カトリック教会にとって、十分な不安材料だったのかも知れません。

アケナーテンの統治は、少なくとも部分的に、古い神官階級(官僚)を鎮圧するための、政治的な努力であったと、ファレル博士は説明します。エジプト人達は常に一つの超越的な神(太陽)を信仰していましたが、同時にその神の周りで、その他の多くの神々を信仰し、神官階級は様々な目的のために、それらと共に儀式的に関係/対話しました。この神官階級を排除し、その他全ての神々と、人類よりも優れた一つの超越的な神に集中する新たなもの(一神教)を確立する事によって、アケナーテンは、実質的に、科学技術の太古の形状とも言える実施を行う人々の力を取り上げました。

アケナーテンの努力は、全ての物事の中に神聖さが存在すると言う見解からエジプト人達を分離させ、神聖さは人類から分離されたものと見識させ、以前の伝統の全ては誤りで、そしてスピリット的な学びの主要な源泉は今後、聖書からであると試みる事によって、ファレル博士がヤーウェイ主義と呼ぶものに繋がりました。

この考え方が社会に広まると、全ての知識は受け入れられるか、または異端的か判断するために、神官達によって、選出された神聖な文献(聖書)と比較されなければならなく成りました。これは、ヴァチカンの下、数百年に渡り、ヨーロッパにおいて批評的な思考を重度に障害しましたが、それらの聖書の中には、宇宙における全ての物事は神聖な秩序に続くと言うアイデアが、後に広まり続ける文字を読める信者達によって認識される事を許す、十分な太古の英知を残しました。これは順を追って、科学的な運動に、生を与えました。

イスラム教は、彼等の神学に、2重的な方法を用いれ、科学的な理由づけへの彼等の近づき方を複雑化させました。

オシリスに関連した神話は、死からの復活や裁定の様な、キリスト教に親しみのあるテーマを含みます。ピラミッド文献とヨハネの福音書の間には、殆ど文字通りの平行線があると言われます。

エジプト人達とメソポタミア人達は、彼等が「遺産的」な文明で、彼等よりも太古の先人達から、退化してきていたと、理解していた様だと、ファレル博士は述べます。バビロニアの天文学的なデータは、バビロニア人達が、惑星の運動と人間の振る舞いの間の一致/関連性を引き出せるために、「何千年もの間」記録されて来たと主張されます。占星学にメリットがあるか無いかに拘わらず、その様な早期の文明によって既に収集されていたとされる、「何千年にも及ぶ」観測は問題を含むだけで無く、データの相互関係を割り出すにもまた、知識と資料を必要とするとても科学的な行いです。

神秘主義学派は、知識の元々の系統の多くを保存しました。この知識は頻繁に、魂の復活と転生を含みました。エジプトにおいては、ミイラ化がとても慎重に行われ、内臓さえも、別々の入れ物に保存されました。ファレル博士は、人々が解剖された状態で意図的に埋葬される事をカトリック教会に禁止されるまで、中世のフランク人達が、突然、遺体の内臓を別々の入れ物に入れ始めた事に注目します。

ファレル博士はエジプトにおけるミイラ化は、同情/同調的なマジックや、そして何かの極少量の中に情報が保存されるか、(例えば遺伝子の様に)人体の遺体が半永久的に保存出来ると言った、彼等のアイデアに関連しているのではないかと示唆します。ファレル博士はまた、これは更により太古の時代に、古代エジプトよりも古い、より先進的(超先進的)な文化の遺産/名残りでは無いかと示唆します。

アラゴンの王は、彼の死において、彼の王国の全体をテンプラー達に遺したと言われます。

トルコの海軍将、ピリ・リースは、コロンブスには太古の地図が利用可能で、彼の航海へのファーディナンドとイザベラ(スペインの王と女王)の補佐を得る前に、それらを彼等に見せたと主張したと言われます。コロンブスは彼の知識と地図を、ビザンチンの源泉から手に入れ、ビザンチンはエジプトを含むその帝国中からそれらを収集したと提案されます。ビザンチン帝国は、アレクサンドリアの大図書館から残った地図や知識を所有していて、それらからコロンブスは彼の知識を得たと、ファレル博士は示唆します。


コロンブスとファーディナンド、そしてイザベラとのやり取りの間、イザベラは、コロンブスがあたかも既にアメリカ大陸に行ってきたかのように話すと指摘したと言われ、コロンブスは、1492年の彼の航海の以前に、既にアメリカ大陸に旅していたのではないかと言う疑問を浮上させます。ピリ・リースは、コロンブスが1485年に、最初に航海したと主張した様です。

テンプラーが違法化された後、フランスは、テンプラーのシンボルのあらゆる提示を、瞬時のカトリック教会からの追放によって罰しました。それにも拘らず、クリストファー・コロンブスがアメリカ大陸に航海した時、彼はテンプラーの象徴を表す旗の下で航海しました。

コロンブスの息子は、彼の父がデーヴィッド王の血統で、そして故にユダヤの血統である事を明らかに記述しました。ファレル博士はこれを後に、教皇イノセント8世のお墓の上に現れた、コロンブスの「秘儀的な」署名の事実に結び付けます。この教皇は、彼自身、ユダヤ人とイスラム教徒の両方からの出自で、ナイト(騎士)と言及され、テンプラー組織と関わっていたかも知れず、また教皇に成る前は、明らかに性的に活発で、実際にコロンブス自身の実の父だったのかも知れません。

ファレル博士はまた、ヴェネチア人達が、ある時点において、アメリカから金のブリオン(延べ棒)を輸入する事を始め、それが少なくとも部分的に、当時のヨーロッパにおける彼等の大々的で経済的な影響力の理由に成ったと示唆します。ヴェニスはその後、その経済的な影響力をアムステルダムへと移し、そしてその後(ロンドンへと)ドーバー海峡を渡りました。

(同時にノルウエーの貴族でもあった)スコットランドのヘンリー・シンクレア王子は、コロンブスの約100年前に、アメリカへの航海に参加したと示唆する、太古の記述によって言及されます。彼は、グリーンランド、そして/またはカナダに上陸したと考えられました。

シンクレアと共にアメリカへと行ったと主張するゼーノ家もまた、コンスタンチノープルがヴェネチア人達によって侵略された後、その街の権威に成りました。

マルコ・ポーロは、中国人との1年に及ぶ海を渡る旅を語りますが、ファレル博士はこれがアメリカへの旅で、後に隠蔽されたと主張します。ジェノア人達は、ある時点において、マルコ・ポーロを捕獲しました。

このインタヴューの最後に、ファレル博士は、ギザのグレート・ピラミッドを、間惑星的な兵器と使用出来る、多目的な機械とする彼の研究について語ります。この結論に彼を導いた情報は、それ自体がインタヴューの全体の時間を取る事ができ、そして彼はこの題材について特定的に、幾つかの本を書いたと述べます。

ジョセフ P. ファレル選集:

ヘルメティカサイト
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 07 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -