• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

蜘蛛の巣の構造 III

蜘蛛の巣の構造 III

Brave MP Exposes Rampant Child Abuse
勇気ある議員(英国議会)が、はびこる小児性的虐待(サタン主義における生贄)を暴露する(ガードナー)
http://www.zengardner.com/brave-mp-exposes-rampant-child-abuse/


ジョン・マン議員


Published on May 27, 2015

John Mann makes a passionate speech about CSA on the 1st day of the new parliament. He inducts new members into the 'scandal' of CSA in the country, and explains that he has put down an early day motion asking for the Official Secrets Act to be lifted for officials who wish to give evidence to help answer the question of how Cyril Smith, and others, were allowed to get away with prolific child abuse for so many years?

From Hansard:
"There is one other issue that new Members need to be aware of, because it is going to haunt this Parliament. Yesterday on Sky television, Esther outlined it bravely. I have been in touch with her today. She has gone to the police with the name of an MP who she and others allege abused her as a child, but I am expecting other people with other names to come forward from other parts of the country in the near future. Others have already gone to the police. The scandal of historical child abuse in this country will be one of the defining issues of the next five years. It is going to corrode everything during this Parliament because it is so huge and involves so many people. Just in my area, I have had people come to me. One man was kept as a slave, forced to work in a foundry, aged 11 to 16, and that is nice compared to what happened to the rest of his family. I have 26 victims of child abuse just in my constituency who have been to see me—and who am I for them to come to? That is how big this scandal across the country is.

The last Government were right to set up the Goddard inquiry. I have tabled an early-day motion—for those who do not know, an early-day motion is usually a bit of nonsense we sign so we can send letters to people telling them how good we are—calling on the Government to lift the restrictions of the Official Secrets Act, because a lot of people, including former members of special branch, want to speak out to answer the basic question I pose to anyone who wants to know: why was Cyril Smith allowed to get away with prolific child abuse for so many years? But it was not just Smith. There were far more, and what was revealed in Staffordshire yesterday was just one other aspect.

My constituency is no worse than anywhere else in the country. This is nationwide and touches every aspect of society. The number of people, on top of the 26, who have been to see me who do not want the police involved, never want to go public and never actually want to say anything is phenomenal. That is how they have dealt with that childhood trauma—and it is their right to do so. A man flew back from Canada, having not visited my constituency in 30 years because of what happened to him, to spend 20 minutes in the library of my surgery, just to tell me about it, knowing nothing could be done, before flying back again. That is the impact of historical child abuse, and this Parliament is going to have to deal with it."

"That this House believes that justice for the survivors of child abuse should be a priority for the Government; notes that concerns have been raised by current and former police officers and special branch officers that by coming forward with evidence related to child abuse they could be prosecuted under the Official Secrets Act 1989; and calls on the Government to introduce legislation to remove the threat of prosecution for anyone who has reasonable cause to believe that the information, document or article they disclose is relevant to an official investigation of, or inquiry into, historic child abuse. "


蜘蛛の巣の構造

蜘蛛の巣の構造 II

Exposing The Head Of The Snake & The Most Evil Cult In The World ~ Christopher Everard ~
蛇の頭&世界における最も邪悪なカルトを暴露する~クリストファー・エヴァラード~(ケヴ・ベイカー・ショー)


シャブタイ・ツヴィ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%96%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%84%E3%83%B4%E3%82%A3


シャブタイ・ツヴィ(ヘブライ語:שבתי צבי)、サバタイ・ツェヴィ(英語:Sabbatai Zevi)、またはゲルショム・ショーレムの著作翻訳本において、日本における通常の表記名はサバタイ・ツヴィ(1626年7月1日 - 1676年9月17日)は、近代ユダヤ民族史にもっとも影響を及ぼした偽メシアとして知られるユダヤ人である。彼を救世主と信じた集団は「シャブタイ派」(שבתאות)、サバタイ派(英語:Sabbatian)と呼ばれ、急進的なメシアニズム(救世主待望論)を掲げて17世紀半ばのユダヤ人社会を熱狂の渦に巻き込んだ。衰退後の18世紀においてもツヴィの信奉者は継続的に一定の勢力を保ち、後に誕生したハシディズムに影響を与えた。

トルコのスミルナ(現在イズミール)で生まれ育ったシャブタイ・ツヴィは幼くしてカバラに目覚め、青年時代にはいくつもの神秘主義を習得していた。このころよりすでに奇行癖があったようで、それは生涯変わらぬ彼の性癖として知られているのだが、その性癖によって預言者を自称していたアブラハム・ナタン(ガザのナタン)から救世主と見なされるようになった。ツヴィは各地のユダヤ人社会を巡り歩いて大勢の信奉者を味方につけると、伝統的な戒律や道徳を否定したり自分の兄弟や友人たちを各国の王に任命するなど、破天荒な行動で耳目を集めた。

シャブタイ派
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%96%E3%82%BF%E3%82%A4%E6%B4%BE


18世紀の半ばになると、当時はポーランド領、現在のウクライナにおいてヤコブ・フランクがフランク主義(フランキズム)を掲げて社会運動を起こしたため、これを機にシャブタイ派思想の再流行が見られた。フランクは自らがシャブタイ・ツヴィの生まれ変わりであると主張した。フランク主義者(フランキスト)の多くはユダヤ教の伝統的なモラルを無視して放蕩にふけり、シャブタイ派思想の本質的な部分をさらけ出していた。フランクも同様に仲間を集めて擬似家族と小規模な王国を作り、仲間内で近親相姦を繰り返していた。この運動は1759年に信奉者(フランキスト)たちが大勢キリスト教に改宗したことにより終焉を迎えているとされる。

19世紀になるとフランク主義(フランキズム)の沈静化と共に、シャブタイ派思想もヨーロッパにおいては活発な活動は行われていないように見える。ハシディズムの運動が盛り上がっていたころ、アビラー・レシェマー(神聖護持のために罪を犯すこと)に対する考え方がシャブタイ派の解釈に依存しているなど、ハシディズムに見られるシャブタイ派との共通点が敵対者に断罪されて論争が勃発したさい、数年間ほどシャブタイ派の名前が思い出されることがあった。

ハシディズムの教義には、シャブタイ派思想との類似が指摘されるのもやむを得ない箇所が確かにある。 とくに顕著なのが、義の力を過大評価している点で、それによって世界を秩序立て、至高の世界との関係を保つとしているのだが、非常に現実主義的な観点から世俗世界の神聖化を論じているのである。実際、高名なハシディズムの宮廷(共同体)ではハラハーの細部を侮る傾向があり、実践するよりも志向することが重要であると説かれていた。もっとも、反対派の思惑とは裏腹に、ハシディズムは時流にかなった思想としてユダヤ教に取り込まれた。現在ではハシディズムに対する非難はほとんど見られない。

サバタイ派フランキストの歴史年表
http://rothschild.ehoh.net/material/28.html


1770年
ヤコブ・フランクは自身のサバタイ派勢力を、ユダヤ人イエズス会士であったアダム・ヴァイスハウプトが設立したイルミナティに参入できるよう要請するために協定を結んだ(注記…イルミナティはアダム・ヴァイスハウプトが創めた組織ではない。正しくは、古くから存在したイルミナティをヴァイスハウプトが刷新し、改良したものである。知られる限りにおいて初めてのイルミナティ組織は、上述したとおり、一四九二年にスペインのユダヤ人(マラーノと呼ばれた隠れユダヤ人)によって設立されたアルンブラドスである。一四九一年、イグナチオ・デ・ロヨラはスペインのギプスコアで生まれた。彼の両親はマラーノで、家庭はとても裕福だった。若かりし彼は、スペインのイルミナティの一員となった。隠れユダヤ人としての活動を偽装するため、彼は非常に敬虔なカソリック教徒となり、身を偽った。一五三九年、彼はイエズス会を設立することになるローマへと移ったのである)。

1786年
ヤコブ・フランクは、一時的な財政難に悩まされ、フランクフルトの近く、オッフェンバックへと移り住んだ。そこで彼の金銭問題は後援者たちによって解決された。中でも彼を特に助けたのは、マイヤー・アムシュル・ロスチャイルドであった。
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 07 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -