• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

クリントン・スキャンダル

1 f64b7large

Oh Hillary, You've been a Bad Girl! The Clinton Scandal
おお、ヒラリー、貴女は何て悪い子なのでしょう!クリントン・スキャンダル

http://www.veteranstruthnetwork.com/index.php/usnews/item/299-oh-hillary-you-ve-been-a-bad-girl-the-clinton-scandal


2 778faba3e3dc8c6c6db24b403da494ae


The Clinton Scam -how it works
クリントン詐欺 - それがどの様に機能するのか

by Chip Tatum
チップ・テイタム著


メモ:チェルシー(クリントン)もまた、その財団の副会長で、ニューヨークの920万ドルの高級マンションに住んでいます。ちっぽけなお給料としては、悪くありません。

以下にリンクされた記事は、クリントン財団が、非課税の、国際的なマネーの洗濯の陰謀として、どの様に機能するかの、詳しい正確なまとめです。もし私達が「真実」を見つける圧力をかけ続ければ、それは最終的に、米国の歴史上最大の、政治犯罪的な組織と証明されるでしょう。

これは、貴方に送られた国外のマネーを、貴方がどの様に隠し、貴方自身の目的のために使うために、どの様に再パッケージ(包装)するかの、教科書通りのお手本です。全ては非課税です。以下はそれがどの様に機能するかです:

1.貴方は、個別の海外の「チャリティー(募金/慈善事業)」を設立します。この(クリントンの)場合、カナダにおいてです。

2.その多くが、米国の敵である、国外のオリガーク達と各政府が、このカナダのチャリティーに献金します。この場合、1,000名/件以上が、何百万ドルも貢献しました。彼等がこれを行ったのは、彼等の良心からで、そして全く見返りを求めなかったであろうと、私は確信します(皮肉)。(プーチンの仲間達がある朝眼を覚まし、カナダのチャリティーに数え切れない何百万ドルを送る決定をしたと、想像してみて下さい)。

3.カナダのチャリティーはその後、それぞれ別々の献金を束にまとめて、クリントン財団に巨額の献金をします。

4.クリントン財団と、その協力しているカナダのチャリティーは、カナダの法律は、献金者達の正体を明かす事を禁じると主張します。(記事が示唆する様に、これは事実ではありません)。

5.クリントン財団はその後、このマネーの幾らかを、合法的な慈善事業のプログラムに「使用」します。残念ながら、専門家達は、これが10%程度の規模であると信じます。その帳簿の殆どは、クリントン家を豊かにし、無数の手下達の給料を払い、豪勢な旅行、等々に使用されます。再び、実質的に全て非課税で、それが意味しているのは、貴方と私が支払っている(血税)と言う事です。

6.クリントン財団は、世界最高の会計士達を雇えるのに、彼等の法人税報告において、この殆どを報告出来ません。彼等は、これらの「事務記載ミス」を発見し、そして5年間の所得申告の再申告の行程を始めます。

7.総合的な結果 - その殆どが米国の敵からの国外のマネーが、非課税でクリントンの懐に入り、そして元々の献金者は辿る事が出来ません。これはマネー洗濯の教科書通りの定義です。

これらの国外からの献金と、(国務長官としてのヒラリーを含む)クリントン家によって行われたえこひいきは、貴方のお粗末な特派員(テイタム)の未来の報告の題材に成るでしょう。これは、マネーの洗濯を、賄賂と国家反逆罪まで延長するでしょう。

ああ、ついでにですが、そのカナダの「チャリティー」はその役員の一人として、フランク・ギアストラ( Frank Giustra )を含みます。彼をグーグルで検索してみて下さい。彼はどうにかして、米国の膨大なウラニウムの関心を手に入れ、ロシアとヴラディミア・プーチンに操作された機関にそれらを売却した、カナダの企業、ウラニウム・ワン社を設立した中心人物です。この取引は米国国務省の許可を必要とし、そしてこの許可が与えられた時の国務長官が誰だったか想像してみて下さい。此処に見るものは何もありません(一目瞭然です)。そしてこのウラニウムの殆どは、いずれイランへと売却されますが、オバマは決してイランに核兵器は造らせないので、疑う余地無く平和的な目的のためです。

余興として、元ヴァージニア州の知事、ボブ・マクドネルがどの様に感じるか、想像してみて下さい。あの可哀想な不器用者は、彼と彼の妻が、ビタミンの会社を推進する人から、165,000ドル相当のギフトとローンを受け取り、些細なひいきをしたために、刑務所送りにされました。合法ではありませんが、米国の安全を犯してはいないでしょう。

皮肉は別にして、もし貴方が、これが正体不明の国外のマネーがクリントン家の手に入る、ずる賢く構築された方法だと、まだ納得しないなら、貴方自身にこう尋ねてみて下さい:「何故、これ等の国外の関心は、カナダのチャリティーを通してマネーを献金するのでしょう?何故、クリントン財団に直接献金しないのでしょう?更に言えば、何故お金を必要としている人々、機関、そして国々に、マネーを直接献金しないのでしょう?

これが、マネーの洗濯と、影響力の悪用の本質です。今なら、何故、ヒラリーによる30,000通のイーメールの破壊が、彼女がリスクを犯す価値があると判断したのか、貴方は理解出来るでしょう。1通の「煙の昇る拳銃」(証拠)が、彼女を刑務所送りにしたであろうためです。

何にせよ、読んで、涙する事をお願いします。これらのペテン師達は、もしアメリカが眼を覚まさないなら、何時の日か(もう直ぐ)ホワイト・ハウスに返り咲くでしょう。

Chip Tatum.com
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 11 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -