• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

善きサマリア人

善きサマリア人

善きサマリア人のたとえ(よきサマリアびとのたとえ、英語: Parable of the Good Samaritan)とは、新約聖書中のルカによる福音書10章25節から37節にある、イエス・キリストが語ったたとえ話。本項ではたとえ話の前後、聖書に記されたイエスと律法学者の対話も含めて詳述する。このたとえ話はルカによる福音書にしか記されておらず、他の福音書に類似のものは書かれていない。

10:30 イエスはお答えになった。「ある人がエルサレムからエリコへ下って行く途中、追いはぎに襲われた。追いはぎはその人の服をはぎ取り、殴りつけ、半殺しにしたまま立ち去った。

10:31 ある祭司がたまたまその道を下って来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。

10:32 同じように、レビ人もその場所にやって来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。

10:33 ところが、旅をしていたあるサマリア人(i.e. シュメール人=メソポタミア人=バビロニア人)は、そばに来ると、その人を見て憐れに思い、

10:34 近寄って傷に油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして、自分のろばに乗せ、宿屋に連れて行って介抱した。

10:35 そして、翌日になると、デナリオン銀貨二枚を取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『この人を介抱してください。費用がもっとかかったら、帰りがけに払います。』

10:36 さて、あなたはこの三人の中で、だれが追いはぎに襲われた人の隣人になったと思うか。」

10:37 律法の専門家は言った。「その人を助けた人です。」そこで、イエスは言われた。「行って、あなたも同じようにしなさい。」

サマリア(シュメール)人は当時ユダヤ人から嫌悪された対象であり、イエスに質問した律法学者からすれば当然「隣人」たり得ない存在であったが、怪我人を助けたのは通りかかったサマリア人であった。この怪我人は文脈からユダヤ人であるとする見解と、そうでない見解とがある。ユダヤ人であるとすれば、自分たちを嫌悪するユダヤ人を助けたサマリア人の話は、愛すべき隣人につき敵か味方かの区別をしてはならないという教えであるとされる。他方、サマリア人は彼がユダヤ民族だから助けたという訳ではないであろうとし、福音記者は意図的にユダヤ人と記していないとする解釈もある(ただしこの解釈においても怪我人がユダヤ人である蓋然性は排除していない)。

「デナリ(銀貨)二つ」とは、当時の労働者の日給二日分であった。この事はサマリア人が特別に富裕な者ではなかった事、その行いが貴いものであった事を暗示するとされることがある。

葡萄酒と油を傷口に注ぐというのは中近東において一般的な傷の治療法であり、他にも「包帯」「家畜に乗せた運搬」「費用」といった医療行為全般について網羅された記述は、この福音書を記したルカが医者であった事を反映しているとされる。正教会の註釈において、包帯と油と酒は、それぞれ、洗礼で着用する洗礼着、聖神(聖霊)の恩賜のしるしとしての油、聖体機密における尊血を象徴し、サマリア人が自らの家畜(動物)に怪我人を乗せた事はキリスト(ハリストス/オイル)が人々の罪を自分の体に担った事を暗示し、宿屋はキリスト(ハリストス)による慮りを得られる教会(大脳)を示すという解釈がある。

サマリア人が怪我人を運ぶのに使った家畜は明示されていないが、当時一般的な家畜はロバであった。

サマリア人
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E4%BA%BA


彼等はユダヤ人にイスラエル人の血を穢した者といわれ迫害を受けていた。また、捕囚から後、アッシリアの宗教とユダヤ教が混同したものを信じ(i.e. グノーシス/神秘主義)ユダヤ教に対抗して特別な教派を形成していたため、ユダヤ人はサマリア人を正統信仰から外れた者達とみなし、交わりを嫌っていた。実際、サマリア人はヘレニズム時代、ナーブルスのサマリア神殿にギリシアの神の像を持ち込んだこともあった。また、ユダヤ人によって聖地エルサレムから閉め出されていたため、ゲリジム山に神殿を建てていた。

1 Assyria territory


グノーシス主義
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%B9%E4%B8%BB%E7%BE%A9


輪型の調和の十字
2 crossed circle


グノーシス主義の研究史を通じて、この思想の理解については2つの根本的に異なる立場が存在している。一方はグノーシス主義をキリスト教とは別個の、オリエントに起源を持つ「東方」の宗教であるとし、その非キリスト教(異教)的側面を強調する姿勢である。もう一方はグノーシス主義をキリスト教内部の異端、あるいはギリシャ哲学に影響を受けた宗教哲学の出発点としてキリスト教史のなかに位置づけようとする姿勢である・・・

ルネサンスの時代には、新プラトン主義と『ヘルメス文書』がヨーロッパで流行した[5]。今日では『ヘルメス文書』に含まれるいくつかの著作はグノーシス主義のものであったことが明らかにされている・・・

・・・これを継承したのがライツェンシュタインであり、彼はグノーシス主義をキリスト教以前の別個の宗教で、当時の様々な秘儀宗教に影響を与えたとした・・・

カタリ/アルビ派
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%AA%E6%B4%BE


・・・。カタリ派ではこの世界は「悪なる存在」(グノーシス主義ではデミウルゴス)によって創造されたと考えていた。カタリ派が古代のグノーシス主義と違っていたのはデミウルゴスをサタンと考えたことにあった。また、カタリ派は人間は転生するという信仰を持っていたと伝えられる・・・

アルビ十字軍
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A2%E5%8D%81%E5%AD%97%E8%BB%8D


アルビ派の追放(1209年)
3 Cathars expelled
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 07 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -