• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

軍事的な解決策

The Military Solution
軍事的な解決策
http://www.jbcampbellextremismonline.com/

by Bruce Cambell
ブルース・キャンベル著

1970年代早期における、ローデシア(現ジンバブエ)の対テロ(警察部隊の一員)として、私は一般のアフリカ人の非道さと、ユダヤ(カザール)共産主義の混合が、究極の政治的なサディズムであると理解しました。私が目撃した残虐行為は衝撃で吐き気を催すものでした。


私の教育は、それでも不完全でした。私はアメリカが行った事、またはその後に行う事に全く気付いていませんでした。私達、アメリカ人達にとっての未来が如何なるものかを理解するために、帰国後、数年かかりました。

アメリカの軍部は、現在まで、それ自体を栄光の中で輝かせてはいません。軍事的な栄光は、他国による挑発されていない軍事的な攻撃から、自国を防衛する事によってのみ、唯一得られます。 Sumter 基地と真珠湾が、挑発されていない攻撃だったと言う、自己満足のアイデアから、私達自身を目覚めさせましょう。

イングランドからの独立戦争以後、挑発されていない攻撃は、1度もありませんでした。1861年に始まって以来、アメリカの軍部は攻撃者で、個人(企業)的な銀行家達に代理したアメリカの政治家達によって操作され悪用されて来ました。

私達、アメリカ人達は、彼等自身は不動産の販売や、モーゲージ(不動産担保)の詐欺に手を出さなかった、元々の先住民達からの、暴力的で裏切り的な、国土の略奪に基づいた国において生れました。実質的に、米国政府によって結ばれた全ての条約は、米軍によって違反され、今日「民族浄化」として知られている、近代における最初の大虐殺を行いました。

アフリカ人の奴隷化と、先住民の大虐殺の上に基づいた国の法的なシステムは、詐欺と偽善の行いでしかありません。

20世紀、そして現在、21世紀におけるアメリカの軍部の振る舞いは、私達を全く脅かさなかった数百万人の外国の死者達と共に、恐ろしい程非道で、残虐でした。生き残った人達の苦しみは、想像にも及びません。

20世紀と21世紀のアメリカの戦争は、ユダヤ(カザール)の利益と、イスラエルとして知られる人工的なユダヤの巣窟のために戦われ、そして(今でも)戦われています。このユダヤの住処は、アメリカの軍部に対して、完全な操作を誇っています。

1979年に私は、元ウォール街の銀行家で、リース委員会の議会的な調査人だった、ノーマン・ドッドと会話しました。1953年にドッド氏は、当時フォード・ファウンデーション(財団/財閥)の会長であったローワン・ガイサーから、彼の(財団)とその他の非課税の財団は、この国(アメリカ)がソヴィエト連邦と問題無く融合出来る様に、米国における生活を変化させる彼等の試みを行っていると言う告白を引き出しました。

1979年における、ドッド氏の我慢ならない最初の言葉は、「私達は、その問題を、過小評価しすぎました、」でした。これら(の言葉)は直ぐに、この筆者の考えに成り、その10年後に、私が政治的な目的で「ミリシャ」と呼んだ、基本的な(連邦政府に対する)抵抗の運動を形成する試みに繋がりました。VT への私の全ての貢献は、ノーマン・ドッド氏の御蔭で、単なる分析だけでは無く、解決策を提供しました。

ミリシャは、その運動が、FBI 、軍部、そして警察の手先達に潜入され、最終的にこの武装化した政治的に強力な現象が、連邦の職員達と彼等の子供達の数々の虐殺(オクラホマ爆破事件)によって頓挫させられるまで、外交関係カウンシル( CFR )とユダヤ組織に対する攻撃への好機の、狭い窓を有していました。

フォード財閥によって意図された融合は、文字通りの感覚において時代錯誤です。しかし、アメリカはソヴィエト連邦へと変質したので、公式な融合は不必要に成りました。

米軍は今、赤軍に成り果てました。米軍と赤軍は、1941年から1945年まで軍事的なパートナーで、金儲けが出来る冷戦が始まるまで、その後も3年間、何百万人もの無力なドイツ人達(一般市民)とユダヤに対して賢く成ったヨーロッパの人々を虐殺するために、積極的に協力しました。(その後)そのパートナー達は、突然「敵同士」に成りました。数十年後、ソヴィエト連邦はその役割を果たし、解体されました。その後アメリカが、敵無しの共産主義の怪物に成りました。

1948年は、パレスチナの名前が変えられ、そしてその悲しみの国が、戦争、裏切り、そして混沌(軍産複合体)のための、有毒なユダヤの本部と成った年でした。

明らかに、この筆者は反軍事主義です。市民の抵抗運動を始める人は、誰であれ反軍事主義です。ですが、この惑星上の生命に対する最大の危険として、イスラエルを打倒出来る唯一の組織は、1つしかありません。その組織は米軍です。

さて、イスラエルは何百万人と言うイラク人達、または数えきれないほどのアフガニスタン人、パキスタン人、そしてリビア人達を、虐殺してはいません。イスラエルは、第二次世界大戦後に、何百万人ものドイツ人達を虐殺しませんでした。アメリカとイスラエルのユダヤ人達による、米軍への奇妙な操作によって、それ(虐殺)を行ったのは米軍でした。

再び、米軍は栄光の中にそれ自体を輝かせてはいません。それは、ユダヤのスライムに覆われています。米軍は恥辱であり、常に不名誉でした。それはユダヤ主義(選民主義)の手先達の転覆行為を排除しなければなりません。

アメリカとイスラエルのユダヤ人達は、海兵隊の大佐、ジョージ・グリッグスの元妻の、ケイ・グリッグスの勇敢な暴露によると、陸軍、海兵隊、空軍、海軍の上等士官達の間において盛んな、フリーメイソンリーと同性愛行為を通して、操作を行っています。その大佐は、彼の(元)妻に、マインド・コントロール(洗脳)と、暗殺を含む違法な命令に従わせる目的のために、上等士官達はおぞましい形状の「男同士の結びつき(ホモ行為)」に参加させられる事を明かしました。

イスラエルは、アメリカのユダヤ人達の許可と共に、ヨーロッパの大都市において、大量破壊兵器を炸裂させる事を脅しました。もしイスラエルに従わないなら、アメリカの街々において爆発させられる、核兵器が仕込まれたと言う報告は多々あります。

その他の有力な報告が示唆するのは、国連において日本がパレスチナを支持した事に対する仕返しとして、イスラエルが日本の原発事故を仕込んだと言う事です。また、イスラエルは同じ理由で、ドイツの首相を暗殺しようと試み(細工されたヘリコプター)、そしてノルウエーにおける子供達の惨殺も、その国の親パレスチナ人の姿勢のためでした。

この規模の、脅された、そして実際の大量殺害は、少なくとも1861年以来、ユダヤの魔術の影響下にある、大量殺害の名手、米軍によってのみ打倒されます。米軍がおのれを救い、ユダヤ主義の代理としてのそのサディスティックな振る舞いの果実から、世界を救う方法は1つしかありません。ユダヤ主義は、この惑星上の生命に対する危険として排除され、二度と台頭する事が許されてはなりません。

その全てが、ユダヤの金融資本主義とイスラエル国家に奉仕する、ユダヤの手先達、フリーメイソン達、そして同性愛者達を、米軍がそれ自体から排除する時は今です。ユダヤによる略奪に邪魔に成る国外の人々を、一貫的に虐殺している米軍の行為は、止められなければなりません。

米軍は、ケネディー暗殺に繋がった月日において、ジョン F. ケネディーによって要求された様に、イスラエルによって所有された全ての大量破壊兵器を排除しなければなりません。

人工的なユダヤによる圧倒が終わらせられるまで、人類は決して安全ではありません。

アメリカは、私達の政治的、社会的、そして司法的なシステムを乗っ取った、ユダヤの支配からそれ自体を救うために、軍事的な革命を経験しなければならないのは必然的です。ユダヤによる支配は、アメリカが病んでいて、退廃的で、外国人達によって滅茶苦茶にされている理由です。

私達が、突然の、予想しえなかったマードック家の没落にはっきりと見える様に、これは妄想ではありません。このユダヤのプロパガンダのマシーンは、自己-破壊的です。ハリウッドとニューヨークのその他の中軸も、解体されなければなりません。ユダヤ人達にもう二度と、権力と影響力の地位が許されてはいけません。

私達は、この努力が一度始まると、過去において何が起こったのかを見ることが出来ます。ユダヤの反撃は、大量殺害の形状でやって来ます。当時、ユダヤ主義の真の本質は、理解されていませんでした。「記録の新聞紙」ニューヨーク・タイムズは、1917年(ロシア革命)に始まり、アメリカ人達の手助けと共に、ニューヨークのユダヤ人の集団(ヴォリシェヴィク)が、ロシア人、ウクライナ人、そしてその他の人達に行った行為の真実を、その読者達から隠蔽しました。

殆どのアメリカ人達は1933年におけるユダヤによるドイツに対する宣戦布告、またはそれが何に繋がるのかを、理解していませんでした。アメリカ第一主義委員会の何人かは気付きましたが、ルーズベルトによって利用された真珠湾攻撃によって、沈黙させられました。

米軍は、正にユダヤ支配の鍵であった様に、生き残りへの鍵です。炎の如く、それは危険な奉仕者であり、更にもっと危険な主人でもあります。そして、生命におけるその他全てと同様に、それは善良な人達が指揮を取る事にかかっており - 常に問題です。

その殺害マシーンの操作を取り戻し、尻を舐め、堕落し、そして道徳的に憶病である事によって出世した裏切り者達を逮捕する、度胸と頭脳を持った、アメリカの軍部における善良な人達が、わずかにいるかも知れません。

出世だけが目的では無い、貴方達、中尉達、大尉達、そして少佐達は、操作を取戻し、罪の無い人達への惨殺と拷問を終わらせる事が出来ます。グアンタナモ(収容所)の人達に、アメリカの野蛮主義に抵抗した以外の罪は何も無い事を、貴方は当然知っているでしょう。そしてそれは、もし彼が、貴方が愚かにも3000ドルで買収した唯のタクシーの運転手では無いならです。

アブ・ガリブ(収容所)の不名誉を思い返し、そしてその様な事が何故起こる事が許されたのかを考えて下さい。アブ・ガリブ、バグラム、グアンタナモ、刑務所船、演出、拷問、大量殺害、劣化ウラン弾は、イラクにおける悲劇は言うまでも無く、貴方方自身の奇形児達を産み出しました。貴方は、人類に対する犯罪における貴方の参加において、完全な不名誉の中にいます。

勿論、貴方は(ワシントン)DC の、徴兵を逃れたゲロによって与えられた命令に唯従っただけです。正直に、貴方はどうすれば、ディック・チェイニーの様な、チキンの柔らかい糞の様な奴からの命令に従うことが出来るのですか?または、バラク・オバマの様な、明らかに嘘をついているスパイから?貴方はそれ程妄想的なのですか?それ程無能なのですか?多分、違うでしょう。

アメリカは死んで、そしてその咎めの殆どは、19世紀、20世紀、そして21世紀における、米軍の犯罪から由来します。私達はそれを生き返らせる事が出来ますが、それには時間がかかり、米軍の反乱無しで、そしてワシントン DC 、ニューヨーク、そしてテル・アヴィヴに本部を構える、戦争の暴君達、金融の暴君達、そしてプロパガンダの暴君達の打倒無しで達成する事は出来ません。
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]


Only the blog author may view the comment.

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









鼓動と呼吸:緊縮と拡張・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2017 11 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -