ウクライナ政府の辞職:2014年7月24日、米国国務省からの少々の寝言:パート2(ギザの死の星)

UKRAINIAN GOVERNMENT RESIGNS: JULY 24 2014, AND A BIT OF WAFFLING FROM THE US DEPT OF STATE: PART TWO
ウクライナ政府の辞職:2014年7月24日、米国国務省からの少々の寝言:パート2(ギザの死の星)
http://gizadeathstar.com/2014/07/ukrainian-government-resigns-july-24-2014-bit-waffling-us-dept-state-part-two/


昨日、貴方は思い出すでしょうが、ロシア政府がウクライナ東部のドネツク地方に大規模な軍事力を送り込んだと言う、ペンタゴンと国務省からの非難の中、ウクライナのラーダ(国会)が、その包囲された政府への支援金の第二段階を解放するために、IMFによって必要条件にされた法案を通す事を拒否した後、ウクライナ政府が辞任した事についてブログしました。勿論、この(米国/マスゴミの)主張/非難への証拠は何も無く、そしてこれは、あのお決まりの「イラクは大量破壊兵器を持っているので私達は侵略しなければならない」のミームの亡霊を再び浮上させるかも知れません。

貴方はまた、私がマイケル・チョスドフスキー教授の記事に言及したのを思い出すでしょうが、その中で彼は、彼がネオ・ナチスと呼ぶグループの指導者が、新たなウクライナ政府の形成において影響力の強い黒幕に成るだろうと示唆しました。そして最後に、貴方はロシア・トゥデイの記事が、米国は「万が一の計画」を見ていると言う、マーティン・デンプシー将軍を引用したのを思い出すでしょう:

米国はウクライナの紛争について冷戦時代の計画を取り出している、と指揮官のトップは認めます

そして勿論、私達は昔の馴染みあるパターンを見て - 米国の「助言者達」を送り込んだ、ヴェトナム(戦争)の泥沼全体を生きた人にとってとても馴染みがあります。

「今週の初め、ペンタゴンの広報担当であるスティ-ヴ・ウォレン陸軍大佐は、記者達に、防衛省は問題の専門家チームと長期的な助言者達を通した、ウクライナ軍を補佐する今後の米国の努力のための、長期的な作戦を形造り、確立するため、数週間以内にウクライナへ、軍事の助言者達を送り込む事をスケジュールしていると伝えました。」

ですがこれらの「万が一の計画」が何であろうかを見て下さい。このコンテキスト(文脈)において、ドネツク地方でのマレーシア航空第17便の撃墜に関して私が行ってきた分析を思い返してみて下さい。これが意図的な活動の赤信号の指標の全てを見せ、そして特定の範囲で「フォルス・フラッグ(偽旗)」作戦の様に現れる間、大量殺害のその様な言語道断な実行によって、得をする主要なプレーヤーは一つも無く、プーチン氏のせいにしようとする西洋メディアのマスゴミの努力にも拘わらず、ロシアは確かに得をしません。キエフのアメリカの操り人形の政府も確かに得をしないし、そして正直、最終的な分析において、ワシントンも得をしません。

それは私達をこれ等の冷戦の「万が一の計画」にもたらし戻します。これらは何なのでしょう?私の著書の読者達なら、当時、ドイツ人の将軍、レインハルド・ゲ―レンによって指揮されていた、膨大なスパイのネットワークである、(第二次大戦の)東方前線のナチスの軍事諜報工作組織と米国が結んだ「汚い合意」を知っているでしょう。このネットワークは第二次大戦後も、全くそのままで残る事が許され、引き続きゲ―レンによって指揮され、結果的に、ソヴィエトの活動と分析CIAの「現場」の情報の源泉に成りました。ゲ―レンの組織の一部に含まれていたのは、東欧と西欧、そして米国に広まった「亡命」社会のネットワークで、ベラルース人(白ロシア)の「国家主義者達」、ウクライナ人の国家主義者達、リトアニア人、ラトヴィア人、そしてエストニア人の国家主義者達、等々でした。実に、私が私の著書、LBJとケネディ-を殺す陰謀の中で提案した様に、このネットワークは、リー・ハービー・オズワルドがソヴィエト連邦(当初、ベラルーシの首都、ミンスク)にいた時に彼を担当したものである可能性が最も強く、そしてそれは、ベラルーシのMoyzyr出身のドイツ-ベラルーシ人、ジョージ・デ・Mohrenschildtを通してダラスにおいて担当され続けました(そしてこれが意味するのは、JFK暗殺の研究者皆さんのために、デ・MohrenschildtはCIAでは無く、彼はゲ―レン機関の一部でした)。そしてピーター・デール・スコット教授とその他の研究が実証する様に、テキサスの石油産業のハントとマーチソンの「個人(企業)的」な情報ネットワークの背後の究極的な源泉は、この元のナチスの諜報工作ネットワークでした。

ベラルーシ、バルト三国、そしてウクライナの、これらの「背後に残った(スリーパー)ネットワーク」を使い、これ等のソヴィエトの「共和国」を切り取る事によってソヴィエト・ロシアを「転がし戻す」ためのゲリラ戦争-隠された作戦の中核になるための戦略を、ゲ―レンの組織は形成しました。この戦略は究極的に、冷戦の期間の米国の長期的な戦略に統合されました。(そしてこのコンテキストにおいて - 唯のスリルのために - ゲ―レン機関の後継の組織である、ドイツのBNDは、つい最近、米国のスパイをその命令系統(組織)内で捕え、そしてドイツにおけるCIAの部局長を国外追放したばかりなのを私達は思い出しましょう。)

恐らく、すると、私達が目撃しているのは、(ナチスの)悪魔とのあの汚い合意の、更に現在進行中の遺産と「ブローバック(跳ね返り)」です。その様な独立した、テリトリーに囚われないゴロツキの組織(i.e.国際ナチス)は、その2つの戦時中の宿敵、米国とロシアが(対立を)エスカレートする事を望むでしょうか?まあ、もしそれがそのひねくれた思想に専心したままなら、答えは明らかにイエスです。

恐らく、本当に恐らく、すると、プーチン氏の鍵の助言者の一人である、セルゲイ・グラジエフが、以下の少々注目すべき明言をした時、彼はそれ程、間違ってはいなかったのかも知れません:

「米国がキエフのナチス、ポロシェンコ個人、そしてその政府を完全に操作しているのは明らかで、そして最後までドンバスに対するこの戦争を彼等が行う事の後押しをしています・・・これは米国による私達に対しての戦争です・・・ですから私達が理解しなければならないのは、ウクライナの大惨事を解決する鍵はワシントンに見つけられます。其処がナチズムが敗北させられなければならない処です。」プーチンの経済的な助言者は、第3次世界大戦が始まった事を警告し、ロシアはウクライナの危機を解決するために、米国のナチズムを打倒しなければならないと明言する!)

興味深いのはまた、私がこれを書いている最中に、私は背景のテレビの音を聞いていて・・・TNTはトム・クランシーの全ての恐れの合計の映画版を放映していて・・・その中において、貴方は思い出すでしょうが、ヨーロッパのネオ・ナチスは、ロシアと米国を核戦争に引きずり入れようと核のテロをステージします・・・

時に人は、唯、唖然とさせられなければなりません。

では、また後日。

1eabr1MSLSS500_.jpg

国際ナチス
無料電子書籍:
http://anonfiles.com/file/a8bb694529d3a36b8cf205939044a5ae


PART ONE:
BACKGROUND AND THE STRATEGIC EVACUATION

1 FICTION AND MYTHOS: THE NOVELS OF WILHELM LANDIG, AND THE ESOTERIC CONNECTION

A. The Surrenders
1. The Japanese Surrender Instrument
2. The German Surrender Instruments
B. The Neo-Nazi Science Fiction Novels of Wilhelm Landig
1. Landig’s First Novel: Götzen gegen Thule
2. Landig’s Second Novel: Wolfszet um Thule
3. Landig’s Third Novel: Rebellen für Thule
C. Unusual “Corroboration:” The Nazi UFO Mythos and Baron Rudolf Von Sebottendorff
D. The Curious Incident: Reinhard Schmidt’s Contact with German-Speaking UFO Occupants
1. Reinhold Schmidt’s Actual Account.
a. The Malfunctioning Ignition and a Nazi and FascistParallel
b. The Pencil Thin Beam of Light
c. “Inside the Ship”
d. An Interesting Interest and Intriguing Observation
e. Departure
f. The Authorities Get Involved
g. Schmidt Arrested and Committed
2. The Rosin Affidavit: An Interpretive Context
E. Conclusions

2 THERE’S NAZIS IN THE BUSHES: THE PATTERN OF PREWAR CORPORATE-NAZI COOPERATION

A. Wall Street and the Rise of Hitler
1. Putting it into Perspective: The Presumptive Goals of the International Elite in Funding Communism andNazism
2. A Case in Point: Hitler’s Reichsbank President: Dr. Hjalmar Horace Greeley Schacht
3. International Cartel and Licensing Agreements Between I.G. Farben and American Corporations
a. The Dawes and Young Plans
4. I.T. & T. and Nazi Germany
B. A Brief Note About Prescott Bush, Union Banking Corporation, and Fritz Thyssen
C. Conclusions

3 RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD: OPERATIONS REGENTRöPFCHEN, ADLERFLUG AND BORMANN’S STRATEGIC EVACUATION PLAN

A. The Beginnings of Evacuation: Operation Fireland
B. Operation Bernhard
C. The Hotel Maison Rouge Meeting: Operations Regentröpfchen and Adlerflug
1. The Growth of Bormann’s Power and International Network
2. Bormann and I.G. Farben
3. The Hotel Maison Rouge Meeting and Their Grand Design
4. Allied Efforts to Roll Up The Bormann Flight Capital Plan
D. Conclusions

4 THE POSTWAR SURVIVAL OF THE UNHOLY TRINITY: THE ESCAPE OF BORMANN, MüLLER, AND KAMMLER

A. The Escapes of Nazi Party Reichsleiter Martin Bormann and Gestapo Chief Heinrich Müller
1. Bormann, Müller, and the Geli Raubal Affair
2. The Ladislas Farrago-Paul Manning Scenario
a. Argentine Documents: Escape Via Genoa
b. Allen Dulles’ Comment to Paul Manning
3. The Carter Hydrick Scenario
a. And the Connection to the German Surrender
b. Geoffrey Brooks’ Scenario: Invisible U-Boats
c. Hydrick on the Surrender of German A-Bomb Secrets & Enriched U-235: “Invisible” U-Boats Reconsidered
(1) The Official Versions, and Their Problems
(2) Obfuscating the Data and Confusing the Trails: Doubles
(3) The Hydrick Scenario
(a) The Movements of Martin Bormann and Heinrich Müller
(b) The Movements of the U-234
4. The Velasco Scenario
5. A Reconciliation and Reconstruction
B. The Escape of SS Obergruppenführer Hans Kammler
1. Agoston: The Priest Disguise and a Bormann Parallel
2. Nick Cook and the Luftwaffe’s Kampfgeschwader 200: The Escape of Kammler and the Bell Courtesy of Martin Bormann
C. Conclusions: A Possible Scenario

5. HACIENDAS AND HOTELS FOR HITLER: CONFRONTING THE FüHRER’S SUICIDE STORY

A. The 1964 Police Gazette Article
B. Will the Real Adolf Hitler Please Die?
1. The Nexus Magazine Series by Giordan Smith
2. Two Possibilities
C. Back to Velasco’s Story: Hitler’s Escape, and Eva Braun’s Death
1. Analysis and Reconciliation of Scenarios
2. Corroboration from Argentina

6. THE RODENTS AT THE OTHER END OF THE RATLINES: JUAN DOMINGO PERóN AND THE VATICAN CONNECTION

A. The Colonels, the Colonel, and the Beginning of a Courtship
1. Historical Background
a. Perón in Europe
b. Argentina and the Axis
2. The Argentine Special Envoy and Von Ribbentropp
3. An Unusual Encounter Between Representatives of the SS and Allen Dulles
4. The Colonels’ Coup
5. Perón’s “Third Position”: Its International Geopolitical Implications
6. The Argentine Declaration of War on Germany, and Perón’s Hidden Purpose
B. The Ratlines and Argentina’s Role
1. The Ustashi-Vatican Dress Rehearsal
2. The Three Argentine Ratline Routes
3. Bormann’s and Perón’s Joint Bank Account

PART TWO:
THE DIALECTICAL MANIPULATION OF CONFLICT FOR FUN AND PROFIT

7. BORN-AGAIN NAZIS FIND ALLAH: WARTIME AND POSTWAR NAZI COLLABORATION WITH ARAB STATES AND RADICAL ISLAM

A. Nazi Germany’s Penetration of the Muslim World
1. Iraq
2. Iran
3. Afghanistan
B. The Grand Mufti of Jerusalem, Al-Husseini, and Nazism
1. Hitler and Al-Husseini at Tea
2. The First Suicide Squads and the Muslim Waffen SS
3. Cousin Yasser Arafat
C. The “Third Position” and the Egyptian Venture: Skorzeny, Schacht, Voss, and Nasser
1. Wilhelm Voss and Otto Skorzeny in Gamel Abdul Nasser’s Egypt
2. Schacht’s Little Deal: The Jeddah Agreement
3. The Ultimate Geopolitical Goal: The “Third Position” Again
a. An International Terrorists’ Summit
b. The Neo-Nazi Connection to the Assassination of Pope John-Paul II
c. Mohamar Qaddafi’s “Perónism”
d. The Historical Parallels and Geopolitical Implications of the “Third Position”
(1) Rapallo: The Pariahs Make a Deal
(2) Frederick the Great and the Partitions of Poland

8. WIEDERVEREINIGUNG: GERMANY REVIVES SOME OLD TRADITIONS

A. A Curious Incident: The GSG-9 and the Rescue of Andreas Strassmeir
1. Reunification: Kohl. Günter Strassmeir, and Nazi Anniversaries
2. Implications of the Incident: U.S. Complicity or Not?
3. Kohl’s Neo-Nazi Connections and the Neo-Nazi Push for Reunification
4. The Shotgun Wedding
5. The Ugly Side of Reunification
a. The Rostock Incident
b. The Post-Reunification Surge of Terrorism
B. Flexing Muscle and Other Old Traditions of the Third Position
1. The Soviet Implosion
2. German Investment Strategy
3. Breaking Free of NATO
4. Germany and the Arms Trade
5.Germany and Saddam Hussein’s WMDs and Secret Police
6. “Third Position” German Initiatives in Eastern and Central Europe
a. Revising Versailles Once Again: Germany and the Crackup of Czechoslovakia
b. Silesia, “Kaliningrad,” and Poland
c. Revising Versailles Yet Again: Germany, Croatia, and the Crack-up of Yugoslavia
7. The First Post-Unification Chief of the Bundeswehr and the “Mobile Strike Force”
C. Deep History and “Deep Politics”: Connecting the Dots
1. The New Corporate Ambassadors: Rudel and Skorzeny as Bormann’s Nazi Party Liaison Officers to Siemens and Krupp
2. Gehlen: The Key Connection of the Scenario


PART THREE:
THE DEVELOPMENT AND CONTROL

9. DON’T CRY FOR ME ARGENTINA: DR. RONALD RICHTER AND PERóN’S CONTROLLED FUSION PROJECT AT HUEMUL ISLAND

A. And Now, a Word from President Perón
B. The Argentine High Commission’s Report and Dr. Richter’s Strange Behavior
1. Dr. Richter’s Claims to Have Found a New Principle of Physical, Nuclear Action
2. The Nature of the Principle: Precession
3. Dr. Richter’s Extremely Anomalous Behavior
4. A New Anomaly and the Argentine Advisory Review Commission’s own Anomalous Behavior
5. The Heavy Water Production Facility and Odder Behavior from Dr Richter and His Team
C. Richters’ Replies and The Commission’s Ripostes

10. BALLS, BELLS, BORMANN, AND BARILOCHE: A SPECULATIVE RECONSTRUCTION OF RICHTER’S BARILOCHE FUSION PROJECT

A. Perón Gets Help from a Bilderberger
1. And America’s Little-Known Ambiguity toward Dr. Richter
2. Richter’s Paperclip File Air Intelligence Report Summary of His Wartime research in Germany
B. A Strange Presence in Bariloche After the Affair
1. A Look Around Bariloche
2. Bariloche’s Prestigious Visitor-Resident(s)
C. Dr. Richter’s Theoretical Explanations
1. The Origins of the Huemul Project: Gerlach and Diebner
2. Richter’s Conceptions and American Interest
a. His Conceptions as Recorded by the Argentine Investigative Commission
b. Richter’s Paperclip File and American Ambiguity
3. Another Strange Parallel, Dr. Philo Farnsworth’s Plasmator, and Another Strange Nazi Connection: IT&T
4. Fusion, Torsion, and Stars: The Work of Dr. Nikolai Kozyrev
5. Richter, Ram Jets, Shockwaves, and Aurora
6. Ball Lightning, The A.E.G and Richter
7. The Bell Flies to Argentina: Brooks, Ball Lightning, A.E.G., and the Bell
8. A Possible Corporate Connection to Argentina’s Huemul Project: A.E.G., and Back to the Bell
D. The Conclusions Imply a Possible Scenario

PART FOUR:
THE CONTROL OF SPACE

11. MASONS, MAGICIANS, AND NAZIS: RICHARD C. HOAGLAND AND MIKE BARA ON NASA’S SECRET HISTORY

A. Ancient Names and Ritual Alignments
1. NASA and NACA: “Never A Straight Answer” from “Not A Civilian Agency”
2. Masons, Magicians, and Nazis
3. Mission Patches, Ancient Names, and Ritual Alignments
a. Mission Patches
b. Ancient Names
c. Ritual Alignments
d. The Biggest “Ritual Alignment” of them All
4. A Stunning and Chilling Scenario: The Implications of the Dark Mission Conclusions Regarding the Nazis
B. The Real Apollo Missions
1. Hoagland’s Conclusions
2. Some Implications of Their Remarks in a Wider Context
3. The Wider Implications

12. CONCLUSIONS: AN INTERESTING TIMELINE AND A POSSIBLE SCENARIO

A. 1920s-1930s: Alchemy, Esotericism, The SS and the Unified Field Theory Craze
B. 1943-1945: Strange Events from the Middle to the End of World War Two
C. 1946-1961 and Beyond: Postwar Shenanigans
APPENDICES
BIBLIOGRAPHY



  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

宇宙戦争 第三章/四章:象徴の統一された意図

シンボル/象徴の統一された意図

ファレル博士の宇宙戦争、96ページより:

フォーミュラにおける違いがどう機能するのかを理解するために、そしてそのフォーミュラがどう何らかの外的なチェックまたは土台付けを必要とするのかを理解するために、私達はプラズマ宇宙学と、そして物理学者、アンソニー・ペラットの観測と太古のペトログリフに戻りましょう。

ペトログリフ(岩などに刻まれた太古の絵など)をプラズマの安定性と不安定性の象徴/シンボルとするペラットの解釈が、注目せずにはいられない間、そして原始グラフィック的なコンテキスト(文脈)から、プラズマ宇宙学に新たな重量(信憑性)を与える間、2つの原理的な方法でそれ自体を現す重大な問題性があります:(1)宇宙学的で物理学的な構成要素、そして(2)文献的な構成要素です。

宇宙学的そして物理学的な構成要素は、プラズマ宇宙学の「大災害主義者」の解釈の一つの示唆を検証すれば最良で、「間惑星的なディスチャージ(解放/放電)」の期間の時代、大変異なった天体的なメカニズムが必要であったであろうためです:

「タルボットによると、古代人達が強力な神々として信仰し恐れたのは、地球の、極度に近くに位置付けられた各惑星です。それらの不安定性と予測不可能な運動は、神話の最も共通的なテーマ - 神々の戦争 - を与えました。これらの劇的な話の中で、神々はお互いを宇宙的な雷で撃ち合い、その間、地球上では炎と石が降りました。」

これは、人が望む事の出来る限り簡潔な、両方の要素の明言です。

1Sumerian Anunnaki Flying Whirlwinds


その中において、神々の名前を、惑星の隠喩とする、解釈の見覚えのある大災害的なテーマに人は出会います。ですが太古の神話の文献的な証拠のその他のための、この解釈の暗示に注目してもらいたいのは、その隠喩が、太古の神話の共通なテーマである、「神々の戦争」のもの「へと血を流す/滲み込む」ためです。私が、私の著書、ギザの死の星は破壊されたの中に記述した様に、これは、これ等の同じ神話的な各文化が、その後もその話を続け、これ等の神々を結婚させ、父親、母親に成らせ、子供達をもうけさせなかったのなら、可能な解釈だったでしょう。これもまた、私が記述した様に、これ等の子供達が同様な婚姻を通して、正に実の王達の血肉と成り人間の先祖に最終的に成らなかったのなら、可能だった大災害主義者的な解釈だったでしょう。言葉を変えると、その隠喩は正に最悪の方法で「混合」され、最も陳腐で下手な小学生の作文練習を思い起こさせます。現時点において、「文献的な」構成要素の問題性は、とても多くあります。

何が最大の重要性かと言うと、その宇宙学的な構成要素が暗に言及するのは明らかに、これらの「戦争」の基準的な電気-流動的なプラズマ宇宙学の見解において、各惑星はその昔、とても遠い過去において、お互いからもっと近く、そして故に電気的に更にもっと活発で不安定だったと言う事です。そしてこれがその難しさに焦点を当てるのは、もしこれがそうであった場合、するとこの元々の混沌的な状態から、現在の明らかに比較的に安定している天体的な機械性に、どんなメカニクスが導いたのでしょう?更に重要な事に、(銀河の)地域的な天体的システムの、観測可能な存在している「安定性」から、原始太古的な混沌的なものに遡る過程において、どんな推定の行程において、神話創造者達に、これ等の太古の出来事の、その様な厳密で正確に現れる描写をさせたのでしょう?タルボットとソーンヒルはこの問題について以下の方法で明言します:

「過去において太陽系はどれだけ安定的だったのでしょう?ハンツ・アルヴェーンと彼の後継者達の先駆者的な研究において、電気的なモデルの長期的な進化の中で、軌道的な不安定性は実質的な必然です。星と惑星的なシステムの誕生において、電気的な力が典型的に圧倒します。ですがそのシステムは電気的なエネルギーを消費し、それは転換期を訪れ、効能的に乱暴な成り行き/結果と共に、重力的な優越性が起こるものに向かってシフトします。混沌的なシステムはすると、電気的そして重力的に安定的な均整に向かって移行します。一度、各惑星が予測可能な軌道を達成すると、後の(現在の)惑星的な運動に基づいたコンピューターのシュミレーションの中で、以前の(安定前の)システムまたはその混乱を供給出来るものは一つもありません。」

この問題に答えるために、私達には2つの選択肢が残されます:(1)古代人達の天体的な科学は、私達が考えているよりも遥かに先進的で、その様な推測を許す理論的なモデルを有していて、そのテーゼは、もし事実なら、彼等の科学は私達自身のものよりも遥かに先進的だった;または(2)人間の神話創造者達は、彼等が受け取った話を伝えていて、そして究極的に神話が描写した出来事は故に、知性的な存在(と/または人類)によって観測され、引き続いて人類に後継されたかのどちらかです。

この最後の可能性は、同等に重要で、そして同等に問題的な2つの問いを更に浮上させます。その出来事は(1)人間達によって観測された、または(2)(人間の観測者達と連結していたか否かは別として)非人間的な知的生命体によって観測され、そしてその後引き続き、人間に伝達されたかのどちらかです。一つ目は単純な理由で問題的なのは、描写されている出来事は、数十億年では無いにしても、数百万年の古さのもので、人類の生物学的そして文化的な進化の基準的な学術理論(通説)ととても異なる、(人類の)古さと文化的な精密性を示唆するためです。2番目が問題的なのは類似した理由で、そして追加的にそうで、人間の文化、そして恐らく人類自体の起源への「介入主義者」を示唆するためです。ですが加えて、それが問題的なのは単純な理由で、この介入主義者の見解は、殆どの太古の神話自体が明言するものであるためです!

この問題性の2つの構成要素 - 宇宙学-物理学と文献/文脈 - は無関係でも緩くそうでも無く、原始太古的な「混沌」と現在の「秩序」の間のギャップに橋掛けが出来る天体的な機械性の可能な物理的なモデルのために、文献と神話的な伝統自体が、確かな定義でこの問いへの答えを示し、実際の戦争が正にそれを出来るからです。

ですがそれは、勿論、本当の人々が戦争をした事、そしてそれと共に戦うために、真に宇宙的な規模の本当の兵器を示唆します。

戦争のシナリオの重要性を実感するために、人はそれが解決と新たな年代的な問いを浮上させる、年代的な問いに言及するかも知れません。一方で、もし人がその「戦争」のシナリオを真剣に取るなら、神話は、宇宙全体の元々の混沌的な状態を描写するという、「宇宙的な大災害」を想定する必要が無く成ります。言い換えると、宇宙の元々の形成の電気的に大荒れだった期間である、数十億年前と言った遥かな昔までその出来事を押し戻す必要が無く成ります。実に、それが描写する「混沌的」な状態は、描写された出来事が起こる「基準的な天体的メカニクス」について全く示唆する必要は無く、その様な混沌的な状態は、そうするために十分に先進した物理と、その物理を兵器化する事の出来る科学技術を持つ社会によって、太陽系のあらゆる地域の通常で定期的な天体的な機械性に強制される事が出来るためです。その様な物理がもし実際に存在していたとしたら、私達自身も含めて、あらゆる定期的で秩序的な天体的システムに強制させる事ができ、故に一時的に混沌的と現れさせる事が出来ます。私達は故に数十億年前に起こった出来事を扱っているのではなく、「たった」数百万年前に起こった出来事を扱っています。

一度この高度に推理的な概念が抱かれれば、その他の年代的な問題への解決策の扉を開き、その様な社会が台頭したかも知れないあらゆる段階で起こりえた事を許すためです。端的に、一時的にその他の種の証拠を考慮する事を禁止すると、その扉は、その宇宙的な大災害が、数百万年前から、単に数千年前の間の何処かで起こったと仮定する事を許すために開きます。そしてこの章において既に提出された証拠からも見られた様に、年代的な解決策が軌道しなければならない2つの位置があり、一方で、私達の太陽系において消失している、爆発した惑星の残骸としての隕石ベルトから、私達の太陽系における、様々な月や惑星 - 特に火星の - 電気的なディスチャージによる傷痕まで、その様な大災害の、存在している惑星的なデータを説明しなければなりません。その証拠は、言葉を変えると、神話は、太陽系の起源における混沌的な状態を描写するとする、大災害主義者の解釈を排除します。その証拠がもっと後期の年代を必要とするのは、これ等の出来事の観測と記録をするために、人が知性的な観測者達をそのミックスに加えると、人は必然的に、太陽系の創始的な状態を扱っている事が出来なくなるためです。私達が最終的に見る様に、ペラットによって収集されたペトログリフの証拠と、神話自体の文献的な証拠は、数千年または数万年前のもう一つの終点を固定します。

solarsystm.jpg

太陽系と隕石ベルト:ティアマットは爆発した/させられた?

これ等の思考が真剣に熟考された時、それらは殆ど無情にも、逃れる事の出来ない結論に繋がります:もし人が、大災害主義者達が一貫して主張する様に、惑星的な大災害に訪れた時、その様な文献と文化的な伝統を真剣に取らなければならないなら、それらが始めの場所で大災害に成った戦争を伝える時、そしてそれらがこれらの戦争の動機と結果を言及する時、すると恐らく、その同じ文献と伝統を同等に真剣に、そして一貫的に受け止める時は今でしょう。

3bloodline

旧約聖書の神、ヤーウェイ(i.e.ユダヤ教、キリスト教、イスラム教)
=古代バビロニアの神、エア
=古代シュメールの神、エンキ


象徴の統一された意図の更なる熟考

ファレル博士の宇宙戦争、99ページより:

cosmic war


これは「象徴の統一された意図」によって何が意味されたのかの問いを浮上させます。基本的に、この用語によって私が意味するのは、神話的な象徴が機能する複数の段階の本質は、これらの神話の創造者達によって元々、選ばれ、そしてその様に(複数のレベルで)機能する様に意図されたと言う事です。そのフレーズが意味するのは、よって、アラン・アルフォードの研究において出くわすものの正反対です。アルフォードが幾つもの象徴的なモチーフと、示唆された意味の層を、意味の一つの層 - 爆発した惑星に - 単純化させ一致させる処で、古代人達は、それぞれの象徴またはモチーフを、意味の複数の層の包み中へと星座と配置をアレンジしました。

これに関して、私が正にこの同じ題材について、ギザの死の星は破壊されたの中に記述した事を、再検証すると便利でしょう。

「とても多くの異なった、良く論議された解釈を許す、この文献の曖昧さの全てを、私達はどうとらえれば良いのでしょう?それぞれの推論は、更なる証拠が知られるまで、それらの間の肯定/否定が判断される時まで不確定のままだと、人は主張する事が出来ます。しかしながら、この解釈的な曖昧さは、知識を保存するための、何らかの原始太古的な「エリート」による意図的な考案で、意図的元々そうであったものであると言うのが私の信念です。つまり、神々の名前、統治の期間、家系図と血統、間惑星的な戦争と結果的に再発する大災害の記録、そして原始物理学的な天文学的そして量子力学と準量子機械性的な「秘密」は、同時的にこれらの物事の全ての正確な知識を伝えようと、全て意図的に複数レベルの象徴性の中に濃密に詰め込まれる様にデザインされた様に現れると言う事です。これらの濃密に詰め込まれた象徴は、血統の記録、間惑星戦争と太陽系の現在の構造とその起源、不可欠な天文学的、物理学的、数学的な知識(そして示唆的に科学技術)を、エジプトの神秘主義派の入門者達によって、同時的に保存するための方法でしたが、彼等(入門者達)自身の宗教の秘儀的な伝統の完全な重要性/意味を(彼等も)知らなかったのは疑う余地もありません。文献が意図的に、宗教、宇宙学、そして量子力学のデータの全てを、王族的な戦争に沿って融合させた事自体を、グレート・ピラミッド自体が体現すると私が信じる、統一された物理の一種を証言します。これらの解釈から曖昧さが結果するのは驚くべき事ではありません。」

私がこの結果と、意図的な曖昧さを「象徴の統一的な意図」と呼ぶのは、それが示唆する事の一つが、実在した戦争自然的に再発する大災害の解釈の間の矛盾が、明らかな/現れる矛盾でしかないからです。

分析的な手法からの象徴の統一された意図の台頭

神話的な象徴性の複雑で相互関係したこの統一された意図性が、太古の文化自体の分析的な考え方の習慣から同、台頭したのかを人は容易に理解する事が出来ます。実に、もし考え方のその習慣が、その原始太古の先輩である、とても高度な文明の精密な物理学から順を追って台頭したとしたら、すると何故、これ等の神話のスピリット的そして物理的構成要素は、始めから殆ど交わっていたのかを理解する事もまた容易です。

原始物理学的なヘルメニューティック:大災害的な隠喩vs本当の戦争

これ等の思考を頭に入れると共に、大災害対「実際の戦争」の間の比較のヘルメニューティック(説明)が必要に成ります。

明らかに、大災害主義(e.g.ヴェリコフスキー)と「実際の戦争」は両方とも原始物理学的な解釈的体系で、つまりそれらは、太古の伝説と話しの文献の主張と現代科学のモデルの比較の方法によって、太古の伝説と話しを理解しようと試みます。此処において、しかしながら、大災害主義と「実際の戦争」は、幾つかの要点において分岐します。

「本当の戦争」のヘルメニューティックのために、もし描写されている出来事には、多かれ少なかれ根底的な現実が存在すると主張されれば、その文献は唯一一貫的な意味を成す様に成ります。言葉を変えると:

(1)その戦争は本当だった;
(2)それを戦った人々、または神々は実在した;
(3)これ等の人々はそうするための本当の動機を有し、i.e.知覚された敵によって脅かされた社会的秩序が根底にあり、そして政治的なアジェンダ(目的)が機能していた;
(4)それは天候兵器を含む、惑星的な規模の本当の恐ろしい程に強力な大量破壊兵器と共に戦われ;故に爆発した惑星の理論は、限定された出来事特定の文献の説明としてだけ使用され;
(5)実際の勝者達と敗者達がいて;
(6)これ等の人々、または神々は、その戦争の前、期間、後に、人類との接触を始め、その状況に介入し始め、混血し、人類の文明と彼等の王朝(王族)を開始する点に関わった。

「大災害主義者」のための説明は、しかしながら、特に有名なアラン・アルフォードに象徴される様には、以下の興味深い事が起こり始めます:

(1)爆発した惑星の理論は、惑星の衝突の隠喩としての「神々の戦争」への言及の解釈として使用し;
(2)爆発した惑星の理論は、惑星の衝突を、神々の統合または結婚への文献における言及の隠喩として使用し;
(3)爆発した惑星の理論は、その様な結婚から生まれた子供達を、これ等の衝突から出た残骸として解釈し;
(4)爆発した惑星の理論は、(e.g.旧約聖書のアダム、またはネフィリムなどの)混合された天界と地上の起源への言及の解釈に使用され - 更なる惑星的な衝突と衝撃の - 残骸として地球に落ちた、地上の生命の種とされます。

言い換えると、大災害主義者による、爆発した惑星の理論は - 特にアラン・アルフォードの手によって、その様な伝説における文献のテーマの殆ど全てを、彼が「爆発した惑星のカルト」と呼ぶ隠喩の見解の方法に成ります・・・

solarsystm.jpg

Astronomers Have No Idea How Planets Form | Space News
天文学者達は、惑星がどうやって形成するのかを、全く知らない
1photo



第四章: ティアマットの巨人達と地上の遺骨

ファレル博士の宇宙戦争、106ページより:

2anunaki.jpg


「・・・また、これ等の巨人の骨の幾つかは、保存され発見されましたが、一般大衆の眼からは隠されていると考える理由があります。つまり、巨人達が存在すると言う証拠は収集され・・・問題は、すると、何故、博物館は閉ざされた戸の背後に巨人達を隠す事を選択し、極少数の選ばれた人達が見れる様に、鍵をかけられた棚の中にしまわれているのでしょう?陰謀が存在する事は出来ますか?」
- スティーヴン・クエイル

前の章は、爆発して消失している惑星が土星サイズの質量の、大きな、水に覆われた、生命を維持した惑星であったと提案しました。それらがまた、提案したのは、もしそれが人間-の様な知的生命体の故郷だったのなら、この爆発した惑星 - ティアマットは - そのより大きな重力のために、その様な生命体が比較的に大きな体つきを必要とすると提案されました。端的に、その(星の)「人々」は巨人達だったかも知れません。太古の神話のキメラ的な巨人達への数々の言及と共に、その様な神話の「文字通り」の確認は同様に、アルフォードの大災害主義の解釈に逆示唆します。

それらの神話は、この巨人、またはその先駆者/前身(アヌンナキ)が、文字通りに「天界から降りて来て」、人類と相互関係(混血)したとしますが、そのテーゼは、もし事実なら、とても奇妙な種の協力を預言します:それらの存在の証言と同様にその様な生き物の亡骸も存在するべきです。

幸運にも証言は数多くあり、そしてこれらの巨人達の存在に関して、そしてその奇妙な特徴に関して、幾つかのとても暗示的な証拠が存在します。

巨人達の存在の太古の証言

キリスト教会の神父達

神聖な運命予定説の気難しい解釈者で、西方教会の中世のラテンのカトリック宗派の最も重要な神父、ヒポ・リジスの聖者オーガスタインが、「洪水以前の人々の長命と、彼等の体の大きなサイズに関して」と題された巨人達の題材に専念した約定全体を書きました。その題名はその内容に示唆的で、それはそのユダヤ教の根源まで戻る、キリスト教の中の太古の伝統の一筋、その昔人類は、もっと長命だっただけでなく、体格において遥かに大きかったと言う伝統を反映する様に見えます。オーガスタインはこう観測しました

「・・・幾らから(の人達は)実際に、人々の体は以前、今よりも遥かに大きかったと言う事を信じません・・・ですが彼等の体の規模に関して、時代、または川の力、そして様々な事故/偶然によってその墓があばかれた時、それらが明るみに出てくる、または驚くべき規模(サイズ)の死者の骨が落ちた処で、疑り深い者達を説得し、ウティカ川のほとりで私が見た様に、そして私は一人ではありませんでしたが、その人の巨大な奥歯は、私達の歯の様に小さいモデルに切り刻まれれば、100個の歯に値するに十分な様でした。ですがこれは、何らかの巨人に帰属すると私は考えるべきで;それ以外にも、全ての人々の体は私達のものよりももっと大きく、巨人達はその他を遥かに超えていました。」

オーガスタインが2つの物事を主張している事に注目して下さい:(1)その様な巨人達の墓が、自然の様々なアクシデントを通して発見され、この点に私達は何度も戻り、そして(2)彼はその様な巨人の歯を見ました。

巨人達の題材の研究者であるスティーヴン・クエイルは、オーガスタインは人類が「その昔、今、彼がそうであるよりも遥かに大きく、そして長命で、彼の体格は時代の流れと共に現在の次元へと縮小した」と信じたと観測します。彼はまた、アダムがヤシの木程、背が高かったと言うのが、イスラム教的な伝統である事にも注目します。

ですがその状況は、教会の神父達と、その他のキリスト教早期の記述者達自身の主張によって更に不可思議にされるのは、そのペイガン(異教/土着信仰)の神話を空想的な話だと率直に否定するどころか、彼等は実際に、それらの実在のための何らかの根底にある平凡な説明を求める事を意志している様に現れます。ケルト(文化)の学者、ポール・ペズロンが述べる様に:

「太古の神父達の全ては、彼等の記述の中でこれ等の想像的な神々を論議し、Tertullianと全く同じ方法で彼等を語り:サターン(土星)とジュピター(木星)は好戦的で強力な人々で、国家を統治したと、全く疑念を持たず:この件に関して、アセナゴラス、アンティオークのセオフィリス、ミヌティウス・フェリックス、アーノビウス、ラクタンティウス、オーガスタイン、そしてその他が言った事は誰でも読めます。」

この引用は異なった理由のために興味深く、その源泉、ポール・ペズロン、ケルトの太古の学者が、ギリシャ神話におけるタイタン達の戦争は、現実に基づいていると主張するためです。

ペズロンは、元々の巨人達の血統があり、その「巨人の民族」は2つの部族のグループで移住し、一つはヨーロッパへと行き、もう一つは小アジア(中東)へと行ったと主張します。その小アジアのグループ、Sacaeのゴマリアンの部族は、其処でその指導者のアクモンに続き、そして黒海の海岸線に街を確立し、彼の孫娘テミスを讃え、テミシラと名付けました。

ですが歴史は、アナトリア(トルコ)北部に移住したこれ等の巨人的な定住者達が彼等自身を「タイタン達」と呼び始めた時、不可思議な角を曲がります。ですから、巨人の研究者、スティーヴン・クエイルを引用すると、「此処が興味深いです意外な進展です(そしてです)。ゴマリアンの巨人達は実際に、ギリシャ神話へと辿る事ができ、そしてその様なものとして、巨人達であり、神々として扱われた実在の個人達に辿られます。故に、単純に神話であるどころか、ギリシャの神々を実際の歴史的人物に辿る事が可能です。」

ですがどうこれは可能なのでしょうか?

何故なら、アクモンの息子、ウラヌスが彼等の新たな侵略において統治し、彼(アクモン)に後継し、彼(ウラヌス)自身は彼の民によって「天界の人」として信仰されました。ペズロンが後述した様に、古代の著者、ローズのシミアスはウラヌスに「アクモニデス」または「アクモンの息子」と言う名前を与え、この意見にHesychiusは同意しました。言葉を変えると、「この巨人のゴマリアンの王子達の単一の家族から、異教徒(ペイガン)の世界の最も偉大で最も太古とされるの神々が由来しました。」ですから、教会の神父達とその他の早期の聖職的な記述者達の意見は、その古典的な前提が無いわけでは無い様に現れます。

3giant-nephilim-skeleton-California.jpg

古典の文献

ファレル博士の宇宙戦争、112ページより:

ですがこの話には更にもっとあり、「(皇帝)ネロと彼のペテン、そしてジュリアス・シーザーとブルータスの詳細な(そして頻繁に間違った)話しが伝え続けられる間、ローマ軍が時には、巨人の兵士達と戦ったと言う事実程、驚くべき事は隠蔽されています。」実に、大プリニウス程、有名な歴史家で文学の人が、彼が存命の間に、その様な巨人の骨が「ジュデア(パレスチナ)のジョッパから、マルコス・スカウルスによってもたらされ、ローマ人達によって観測された」と報告しました。「その怪物は40フィート(1フット:約30センチ)の長さ(身長)で、その肋骨の高さはインド象よりも大きく、その間、その背骨の太さは1.5フィートの太さでした。」

実に、ジュリアス・シーザーに体現され、ローマがその帝国的な目をガウル(南フランス)の平定に向けて以来、ローマの洗練された軍隊は、ヨーロッパに移住したゴマリアン(巨人達)の北の分派と幾度となく遭遇したようです。此処において、その軍隊は新たな強敵の集団に出会わせました:ケルト族と彼等の従兄弟、テュートン族、またはドイツ人達です。

ローマは、カルタゴ(フェニキア)の象を軍事使用するハンニバルの軍隊も含めて、あらゆる種の陰謀と策略を経験しましたが、この新たな敵は、ローマがそれまでに面したものとは何かが異なるものでした。

「ケルトとして知られる様に成った人々については、あまり知られていません。知られているのは彼等が小アジア(中東)を渡り、北ヨーロッパを通り、ウェールズ、スコットランド、そしてアイルランドのケルト族の国に成った事です。彼等についての描写の殆どは、彼等の中に良く見つけられる巨人達についての言及を含みます。古代ギリシャの歴史家、パウサイニアスは彼等を「世界一、背の高い人々」と呼びました。現代の歴史家達は、今、実際に、ケルト族の中の巨人達は支配層で、ケルト族の殆どを形成した土着の人口を操作したと信じています。

「現代の歴史家、ゲルハルド・ハームは、ケルトは、最強のローマ軍も含めて、対峙した敵の心に恐怖を打ち付けた「金髪の巨人達」だと同意します。その様なものとして、ケルト族はローマと凄まじい戦争を何度もして、ローマの駐屯地を襲撃し、捕え、そして焼き滅ぼしました。ローマは最終的にこれ等の生き物が持つ巨大な盾によって防御する事の出来ない、長い足を攻撃する事によって、これ等の巨人の兵士達を倒す方法を見つけましたが、青い目の金髪の巨人達は、戦いにおいて初めて対峙する者達に恐怖を感じさせました。」

ケルトについて報告された異常なサイズは、ガウル(ケルト)の平定の直ぐ後にローマの歴史家達にだけに注目された事ではありません。ギリシャの歴史家、アリアンとディオドロスもまた、彼等の以上に大きなサイズについてコメントを残し、紀元前335年に、アレクサンダー大王が彼等に出会い、ドナウ(川)の彼等の街を焼き払った事に関連してアリアンは記述しました。加えて、アレクサンダーがケルト達と言い合いに成った時、彼(アレクサンダー)が彼等(ケルト族)の最悪の恐怖は何かを訪ねた際に、不可思議に興味深くも、彼等は、彼等の最悪の恐怖は、「彼等の頭の上に空が落ちるかも知れない事だ」と答えました。ケルト族は、その他の太古の人々と同様に、その昔、空が丁度そうした(空が落ちた)時の彼等の信仰と伝説を保存していたようです。

ですがガウルを超えたライン川の東でローマ軍は、更に強力な敵に出くわし、実に、自慢されたローマ軍に唯一勝った敵で、その敵は中央ヨーロッパ - 今日のドイツに成る処での - ローマの征服の野望を永遠に閉ざし、そしてその敵はテュートン族、またはCimbriで・・・ドイツ人達でした。古典的な歴史家、ストラボは、これ等の部族について、彼等は更に「より野蛮で、背が高く、そして黄色の髪を有している」と記述しました。実に、シーザーの兵士達が、ビアンソンにおいて、彼等自身が大きな体格であったガウル人達に、ドイツ人について聞いた際に、シーザーはガウル人達の返答について以下の様に記述しました:

「彼等(ガウル/ケルト)は彼等(ドイツ人)の巨大な体格、彼等の信じられない程の豪勇、そして異常なまでの軍事訓練を述べる事でドイツ人達を描写しました。ガウル人達は、彼等がドイツ人達に出くわした時、彼等は彼等(ドイツ人達)の表情、または彼等の眼の輝きにさえ耐える事が出来ないと言いました。」

実に、有名なTeutobergerwaldの戦いにおいて、ドイツ人達はローマ軍の4部隊を激しい戦いにおいてコテンパンにやっつけ、それ以後ローマは、ドイツ人達に関して、西ローマ帝国が崩壊するまで、多かれ少なかれ、防衛的な姿勢を保ちました。ゲイリック(語を話す)ケルトの巨人達は一つの事でしたが、彼等の従兄弟の、ライン川を渡った更に背の高い巨人達は全く別問題でした。

最終的に、しかしながら、これ等のドイツ人達の幾らかはローマ人達によって捕えられ、そしてその内の一人で、特に問題児的な、テュートボックと言う名の王は、ローマにおいて習慣的な勝利のパレードをさせられました。ローマの歴史家、フロラスはその王はとても背が高く、軍がローマに戻った時、「テュートボックは槍の先に運ばれた敵からの戦利品の全ての上に見られた」と報告します。これが示唆するのは、テュートボックが軽く9フィート(2m70cm)を超え、そして恐らくもっと背が高かったと言う事です。

巨人の遺体とその他の証言

大航海時代の間にヨーロッパ人達が、アメリカ大陸との接触を確立させると(または、多分、再確立させると)、巨人達の話しが更にもっと興味深く成るのは、早期の冒険者達の多くが、ヴェスプッチから、サー・フランシス・ドレイク、デ・ソト、偉大なコロナドまで、彼等の巨人達との遭遇を報告するためです。コロナドの探検のメンバーだったペドロ・デ・カスタエダは、例えば、ココパ・インディアンの幾らかは、「スペイン人が6人で動かす事も出来なかった丸太を運ぶ事が出来る」巨人達だと明言します。更にもっとファンタスティックに、マゼランの船員の一人は、マゼランの艦隊がサン・ジュリアン港に錨をおろした際に「彼等は先住の巨人によって出迎えられ」その巨人はとても背が高く「私達の頭は、彼の腰にも満たなく、そして彼の声は牡牛の様だった」と報告しました。その地は巨人達と巨人達の遺体の紛れも無い安息地のようでした:

1gen6gookover


「1578年に、サー・フランシス・ドレイクが同じ場所に錨をおろした時、彼は大きな巨人を一人も見ませんでしたが、7フィートの高さを超える人々が其処にいたと報告します。1592年に、アンソニー・Knyvetが訪れた時、彼は10から12フィートの高さの人々を記述しました。1615年には、オランダの帆船ウィルヘルム・ショーテンの乗組員達によって、10から11フィートの長さの骸骨が幾つか発見されました。

「バイロン提督が1764年に訪れた時、彼もまた其処で巨人達を見つけました。彼はその後、航海日誌に「巨人的な体格の」人々が其処にいると記述しました。彼の船員の一人は、彼等の身長を「・・・彼等の幾らかは、もし彼等がそれを超えないとしても、少なくとも9フィートだ」と記述しました。これはこの地域における巨人達の目撃の最後と成りました。」

政治的な目的が頻繁にぶつかり合っていた、とても多くの目撃者達からの、その様な複数の目撃は、共謀の可能性を低くし、そしてつい300年前まで、南米には巨人達がいた可能性を高くします。

この章が始まった聖者オーガスタインからの引用によって示唆される様に、しかしながら、この話の最も興味深い部分を伝えるのは恐らく巨人達の遺体で、単なる大きな体の人々以上の事があるためです。

二重の歯

巨人の研究者、スティーヴ・クエイルは、証言と伝説の実際のカタログを収集しました。様々な身長の巨人の遺体の報告の長いリストの中で、これ等の遺体の多くはとても普通ではない特徴を持ちます:

・1833年、カリフォルニアのロンポック・ランチョで掘っていた兵士達は、12フィートの高さの男性の骸骨を発見しました。その骸骨は彫刻された貝殻、石の斧、そしてその他の遺物に囲まれていました。その骸骨は上下に二重の歯を持っていました。残念ながら、地元の先住民達がその遺体について心配に成ったので、その遺体は秘密裡に再埋葬されました。
・1800年代に、カリフォルニア海岸沖のサンタ・ロサ島で発見された巨人は、その二重の歯によって特徴づけられます。
・1872年にオハイオで、生きて立ち上がれば8フィートを超えたであろう3体の骸骨を古墳が含んでいた事が発見されました。それぞれが、口の奥から前まで、上下ともに二重の歯を持っていました。
・オハイオのトレド付近で「現代の人のものの2倍」の歯と顎を持つ20体の骸骨が発見されました。その説明はまた、遺体と共に奇妙な象形文字(ヒエログリフ)が発見されたと記述します。
・カリフォルニアのラヴロック洞窟の坑夫達は、1911年に、とても背の高い、赤い髪の毛のミイラを発見しました。このミイラは最終的に友愛組合(フリーメイソン?)のロッジに送られ、それは「入会の儀式」に使用されます。
・カリフォルニア沖のカタリーナ諸島は、その昔、太古のたき火でローストされた小人マンモスの骨の出土地です。これらは・・・二重の歯を持つ巨人達であった、人間-の様な生き物達によって食べられました。

此処で私達の興味を引くのは、巨人の遺体の全ての報告が(そして私はクエイルの詳細なリストのごく一部しかリストしていませんが)二重の歯を含むわけでは無いのは事実ですが、明らかに、これ等の生き物の幾らかは、もし私達と全く異なった遺伝子では無いにしても、とてもユニークな遺伝子を有すると提案するのに十分にあります。

ですがその様な二重の歯の目的は何なのでしょう?確かに知る者は誰もいませんが、巨人達に関して - 太古と現代の両方の - 文献において興味深い提案があります。旧約聖書の第四書は、カナーンは「約束の地」であるだけでなく、巨人達の溢れる地でもあり、その地に住まう巨人達は「其処の住人達を食べた」と記録し人食は巨人の民族の好みの実施だと示唆します。子供達のおとぎ話、ジャックと豆の木でさえ、その話の巨人は人食いだと記録します。

6本指

幾らかの巨人達の報告された特徴はまだもう一つあります。旧約聖書の2サミュエル(カトリックと正教版では3王達)21:19-22は、その様なカナーンの巨人は、「両手に6本ずつ、そしてつま先に6本ずつの指を持つ」と記録します。これは1クロニクルの20:6の中で繰り返されます。更にもっと奇妙なのは、太古のマヤの彼等の王達のイメージが、頻繁に手の6本の指と、足の6本の指を持つように描かれている事実です。

スティーヴ・クエイル

奇妙な伝説と年代的な手掛かり

ファレル博士の宇宙戦争、119ページより:

世界中からの様々な伝説、戦争、大災害、そして巨人達と共に、(世界)創造を関連させる伝説を人が考える時に、その構図は更にもっと不可思議に成ります。その創造神、ヴィラコチャについてのインカの伝説は、例えば、人間-以前の以前の世界を、最初に火によって、そして二度目に水(洪水)によって、破壊するだけでなく、その後彼は、「時にはアダムとイヴの一種として描写される」彼の2人の従者を連れて、そしてその後

「彼が創造する事を意図する国家のイメージを、大きな石に彼が彫刻した場所である、ティフアナコ(湖)に行きました。彼がそれを終えた時、彼は彼の2人の従者達に、彼が描写した全ての部族の名前を記憶させました。ヴィラコチャはすると、その2人の従者達を異なった道にそれぞれ送り出し、様々な各部族に「進んで、繁殖し、その地に定住しなさい」と伝えさせました。ヴィラコチャはそれから、もう一つの道を取り、同じ事をしました。その神と従者達が道を下りながら呼びかけると、人々は、湧水、谷、木々、そしてその他の場所から出て来て、国中に広がり、ペルーの国家を形成しました。」

著者スティーヴ(スティーヴン)・クエイルは、この創造の説明は、創世記の説明以前に起こった一つの文明の火による破壊の記録の様に現れ、それは明らかに「アダム-以前」で、そしてその後、もう一つの文明の水による破壊が起こると、正しく注目しました。更にもう一つの奇妙な平行線さえあり、そしてこれはヴィラコチャと彼の従者達による「呼びかける事」による各部族の創造で、創世記1の、語られた認可/命令/決定の連続による世界の神による形成の様なものです。

しかしながら、これはヴィラコチャについて最も異常な事ではありません。インカ人達に取って、ヴィラコチャはまた、とても色白の巨人でした!

1viracocha

ヴィラコチャ

何であれ、私達がこれから見る様に、現在の天界、地上、そして人類の創造以前の、創造と破壊への言及は、太古の戦争と惑星的な破壊が起こった時への手掛かりで:全て(宇宙)の創造と人の創造の間の何処かです。

更により奇妙な創造-洪水による破壊の説明は、北アメリカのオカナガン・インディアンの伝説の中に起こります。

「1886年に、歴史家、フーバート・ハウイ・バンクロフトは、オカナガンの彼等の起源の失われた島、サマ・トゥミ・ウー・ラーの神話を記述しました:

「むかし、むかし、太陽がより若く、そして星よりも大きく無かった頃、遠くの海の真っただ中に、一つの島がありました。それはサマ・トゥミ・ウー・ラーと呼ばれ、「白い人の島」と言う意味でした。その島には巨人達の民族が住み - 白い人の巨人達でした。彼等の統治者はスコマルトと呼ばれた背の高い白い人の女で・・・彼女は彼女が望むものを何でも創造する事が出来ました。

「長い年月の間、白い巨人達は平穏に暮らしましたが、終に彼等は、彼等自身の間で言い争いを始めました。言い争いは戦争に発展しました。戦いの騒音は聞かれ、そして多くの人々が殺されました。スコマルトはとても、とても激怒して・・・

「スコマルトは、悪い巨人達を白い人の島の一方の端に追い詰めました。彼等が一つの場所に一緒に集められた時、彼女は大地の一部を切り離し、そして海の中へと押し入れました。何日もの間、波風にさらされながらその島は浮いて漂いました。一人の男と一人の女以外、全ての人々は死に絶えました・・・

「彼等の島が沈むまじかである事に気付き、彼等はカヌーを造り・・・幾つもの昼と夜を漕いだ後、彼等は幾つかの島々に辿り着きました。彼等はそれらの間を漕ぎ進み、そして終に本島に着きました。」

此処におけるバビロニアのエヌマ・エリシュティアマットの破壊との平行線は驚きです。

もし人が、アラン・アルフォードの提案に続き、「島」を「惑星」と理解し、「海」を、彼がまた提案する様に、周りの(宇宙)空間とするなら、するとスコマルトの「白い人の島」の破壊は、惑星の破壊を記録します。加えて、その平行線が更にもっと正確なのは、両方の惑星の現れる統治者は、激怒して大きな破壊の原因に成る女性です。此処がアルフォードの爆発した惑星の大災害の隠喩が再び分解する処で、オカナガンの伝説が明白に、その「島」または惑星が「白い巨人達」の民族である、知的生命体によって住まわれ、以前に推測された様に、もし人が爆発した大きな惑星を、固体で、生命を維持する惑星を予測するなら、正確に一致します!言葉を変えると、オカナガンの伝説は、生命を維持していた惑星の破壊の原因としての本当の戦争を記録します。

ですが更にもっとあります。

その伝説はまた、生存者たちが「カヌー」を造った後に、「波風」を乗り越え、「幾つかの島々」を通って行き、終に「本島」に来たとはっきりとさせます。もし人が「島」イコール「惑星」の隠喩を延長するなら、その話の更に詳細は浮上し、その「本島」は「島々」から異なり、その生存者達は大きさ(サイズ)を通って行きました。言い換えると、これらの「島々」は、それ以前に爆発した惑星の残骸の場である、正に隕石ベルト自体の事かも知れず - ヴァン・フランダースの見直された複数回爆発した惑星の理論の影です!加えて、「波」と「風」さえ新たな重要性を持つ様になり、恐らく何故2人の「白い巨人達」しか生き残らなかったのかを説明し、その波と風が大災害の後にその地域の空間の「海」に浸透した、正に乱暴なプラズマの「電気的な波:のシーツだったのかも知れません。

隕石ベルト
2solarsystem6.jpg


端的に、この方法において見解されると、オカナガンの伝説は、惑星を爆発させた戦争についてで、その上に住んでいた巨人の知性的な民族は、女性によって統治され、その民族はそれから新たな惑星の故郷へと危険な旅をするために、ある種の箱舟を造りました。爆発した惑星の推論とその膨大な水を有する惑星、そしてバビロニアの戦争-創造のエピック、エヌマ・エリシュとの詳細な平行線は驚きで、そして私の意見において偶然ではありません。」

奇妙な偶然と関連性

ですがもしこれらの平行線が偶然では無いのなら、それらは何を示唆するでしょう?明らかに、一つの答えはエヌマ・エリシュとオカナガンの伝説が、「先史時代」の霧の遠くのある共通の源泉である、「原始太古のとても高度な文明」からの分岐だと言う事です。もしそうであるならば、古典的な旧大陸と、コロンブス以前の新大陸の間に、類似した関連があるはずです。

これは正しくその通りですが、更なる難しさを体現します。例えば、北アメリカにおけるエジプトの遺物の明白な件があります。見てこられた通り、幾つかのケースにおいてアメリカで発見された巨人達の遺体は、エジプトのヒエログリフ(象形文字)に類似した特徴の文字によって囲まれているのが見つけられました。ハーバード大学の元教授、バリー・フェルは、メイン州とカナダ東部のミクマック・インディアンは、実際にエジプトとリビアから由来したヒエログリフの文字を使用するとさえも信じます。彼がこれを信じるのは、ニューヨークのロング島のイーグル・ネック貝塚から発見された異例の粘土板のためです。

より深い関連は、人のミトコンドリアル遺伝子自体に見つけられます。南北アメリカの先住のインディアンの人口のための一般的な理論は、勿論、彼等がアジアと北アメリカの間のベーリング海峡に出来た「陸の橋」を、その昔、渡って移住したとされます。1994年に、イーモリー大学の科学者達は、アメリカのインディアン達のグループと彼等のミトコンドリアル遺伝子を調査し、アジア人のグループに関連する構成要素の「4つの主要な種類」を発見しました。その研究が其処で終わっていれば、それは「先史」の基準的なヴァージョン(通説)への顕著な科学的な確認に成ったでしょう。そのヴァージョンにとって残念な事に、その研究は、オジブゥェイ族、スー族、ナヴァホ族、そしてその他の部族の中に5つ目のミトコンドリアル遺伝子のグループを見つけ、そして「唯一このグループが現れるその他の場所は、ヨーロッパ人達の中だけでした。」

その関連性は、もし不可思議では無いにしても更に驚きに成ります。素晴らしい「新大陸のヴェニス」であるアステカの首都テノキティトランが、「運河によって囲まれた大きな湖の上に位置する事」を考えてみて下さい。ですが何故、人が精密な建築技術と労働が必要と成る、その様な困難な場所に街を造ったのでしょう?その答えは:その街は、アステカ神話の彼等の起源である「彼等の先祖が来た東にある街の模倣」として明らかに造られました。これを興味深くするのは何かと言うと、その様な街は今までに一つも発見されていない事で - プラトンが与えたアトランティスの描写以外には無いからです。

アステカ人達がプラトン(の本)を読んだと提案するのは無謀である間、その「偶然」がもう一つの「深い関連」を示唆するのは、プラトンが、失われた惑星の彼の有名な例え話を、エジプトの源泉から得たと主張するためで、そしてエジプトの伝説と、これらの新大陸の先住民達の伝説の平行線は、その題材の多くの研究者達を、オルタナティヴな研究者達から、一般学説の塔の中に安全に納まっている者達まで、困惑させました。

ですが考えられるべきもう一つ他の可能性があり、それは、私が知る限り、「東にある」アステカの起源の彼等の伝説に関連して記された事の無いものです。アステカは、マヤ人達と同様に、優れた天文学者であり数学者でした。結果的に、もし「東の起源」への言及が天文学的なものだとしたらどうでしょうか?私がギザの死の星は破壊されたの中に記述した様に、もし人がアラン・アルフォードの予知的な提案に続き、「東」は太陽の周りの地球の軌道の外側にある惑星 - 火星、木星、土星 - に関して言及し、そして「西」は地球の軌道の内側にある惑星 - 金星、水星、そして太陽自体を意味する言及とすると、アステカの彼等の起源を東とする伝説は、この一つの場合において少なくとも、古典的な旧大陸の太古と共に共通の、分かち合われた名残を保存しているのかも知れません。それは、アステカの湖の真ん中の島と、運河に囲まれた街の元祖が、もしそれが惑星自体では無かったとしても、もう一つの惑星の上に存在した事を、私達に伝えているのかも知れません。

Electrical Scarring of Planets and Moons | Space News
1photo


  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

ゴベクリ・テペの謎とそれからの私達へのメッセージ

The Mystery of Göbekli Tepe and Its Message to Us
ゴベクリ・テペの謎とそれからの私達へのメッセージ
http://www.wakingtimes.com/2013/05/24/the-mystery-of-gobekli-tepe-and-its-message-to-us/


by Robert M. Schoch, Ph.D.
ロバート M.シァック博士

1万年、またはそれ以上前に、私達の先祖はどんな風だったでしょう?一般的に考えられているイメージだと、次の食事を探すために放浪し続ける、小規模の部族とか、一族的なものでしょう。男性陣が狩りや漁に出る間、女性陣や子供達は、果物や、種や、山菜や根菜、昆虫や、その他の食糧をまかなったと考えられるでしょう。

当時の科学技術の最先端は、鋭くされた石のナイフや、槍の先の様な石器で、編まれた網や籠、そして縄なども良く使われていたでしょう。そういう小規模な集団は、一つの場所に長く滞在しなかったので、半永続的な構造物は不必要だったのでしょう。常に移動する生活なので、物質的な持ち物の量にも限度があったでしょう。(恐らくビーズや、動物の歯や、丈夫なコードに結ばれた貝殻などの)装飾品や、(体に塗る塗量や入れ墨といった)飾りは重宝されたでしょう。(氷河期時代の)より低温な気候では、動物の革が適切な服として応用されたでしょう。社会組織的な構造は、最小限だったでしょう。1万年位前の新石器時代の革命とも言える、農業と酪農の開始までは。この食料調達の進歩によって、人が定住する事が可能に成り、職業の多様化・専門化が進み、(土器や金属器を含む)工業生産が発達し、大規模な構造物の建築や、長距離の貿易が発展し、ゆっくりですが確実な、社会の複雑化へと、進化したと考えられるでしょう。

これらは一晩で起こった事ではありません。それは何千年もかかり、繊細な装飾をされた工芸品や、記述された記録や、天文の科学的な観測や、複雑な政治的な組織や、巨石構造物のプロジェクトなどが現れたのは、紀元前4,000年から3,000年にかけての事です。このレベルの進歩は、紀元前3,000年前後に、メソポタミアと、エジプトと、インドで達成されました。良く知られている例が、紀元前3200から3100年に現れたエジプト王朝国家で、紀元前2630年と年代測定された Djoser ピラミッドの建設に体現されています。イングランドのストーンヘンジもまた、同時期のものとされています。

これらは多くの人に教義として受け入れられていますが、このナイスで整頓されたシナリオは、完全に間違っているのかも知れません。

受け入れられている歴史(通説)を疑う

1991年に遡りますが、私にはエジプトのスフィンクスが、通常信じられている紀元前2500年ではなく、実際には紀元前7000年から5000年、もしくは更にそれより古く起因すると公表する無鉄砲さがありました。

私の発表は、1991年10月のアメリカ地質学会の年度会合で成されました(これは正式な概要が、私の同僚のジョン・アンソニー・ウエストと共に提出され、肯定的なピア・リヴューを元に受け入れられました)。私は科学的な分析を駆使し、スフィンクス周辺の風化の過程を、古代エジプトの気候的な歴史と比較しました。

単刀直入に言いますと、スフィンクスは過去5000年間、とても乾燥したサハラ砂漠の淵に位置していますが、それ自体には、雨によって原因された、風化の痕が見られるのです。元々の構造は、ですから、紀元前3000年よりも何千年も前に起因しなければなりません(スフィンクスの頭部は、エジプト王朝期に再彫刻されたはずです)。

私は、この世界で最も認識されているとも言えるスフィンクスの建設を、人類が狩猟形式の生活モードから、定住形式に移行していたであろう時代まで、押し下げたのです。7000年前、もしくはそれ以前の人々は、現在の文明化された基準に比べると、野蛮で不快だったとされています。確かに、彼等は巨大な像を、固い石灰岩の岩盤から刻み出していたりはしませんでした(スフィンクスは体長約70メートルで、その高さは約20メートルです)。スフィンクスは、もっと、もっと古いと云う、私の発表の直後、私は攻撃の下にありました。(バークリーのカリフォルニア大学の)考古学者キャロル・レッドモントは、メディアで「それが事実であるわけがない。」と言いました。その記事は続いて、「その地域の人達は、クフ王の統治の何千年も以前に、その様な構造を建設する意識も、それを出来る科学技術も、政府的な統治組織も、持ってはいませんでした、」と言いました。

当初の大騒ぎは、1992年2月の、シカゴでの科学発展のためのアメリカン・アソシエーションの会合で、絶頂に達しました。ニューヨーク・タイムズ紙の言葉を借りると、「議論は1時間続いたが、ニュースの会見と、その後の廊下での会話に持ち越され、声は高らげられ、科学学会的な礼儀の、氷冷めた淵の上を、スケート(滑って)していた。」と言われました。エジプト学者のマーク・リーナーは、スフィンクスがより遥かに古いという観念を、受け入れる事が出来ず、私を個人的に攻撃して、私の調査を「似非科学」というレッテルを貼りました。リーナーの言い分は、「もしスフィンクスが、それより昔の文化に建てられたのなら、その文明の証拠は何処にある?土器の破片は何処にある?その時代の人々は、狩猟社会であって、町など構築しなかった、」と云うものでした。

当時の私には、土器の欠片はありませんでした。ですが、私は自分の科学が確かだと信じ、そして私は個人の見解を貫きました。あれから20年が経ちましたが、私達には土器の欠片よりも遥かに良いものがあり、それは私の紀元前7000年から5000年前という保守的な見積もりよりも更に古いものでした(私は現在、その見積もりの古い方の時代、もしくは更にそれより古い時代ではないかと思っています)。ゴベクリ・テペ(トルコ)は1万年前より古いです。

ゴベクリ・テぺの遺跡
1gobeklitepe.jpg


土器の欠片より良い

ゴベクリ・テペの遺跡は、トルコ南部のハラン高原北の、山の上にあり、ウルファ(またはSanlıurfa)から短距離の運転の位置にあります。ドイツ考古学インスティチュートのクラウス・シュミット教授は、1995年より、その遺跡の発掘を続けています。つい最近、私自身もその遺跡を訪れました。私は驚かされてしまいました。

ゴベクリ・テペの遺跡には、巧妙に彫刻を施され、装飾された、巨大なT型の柱が立っており、それらの高さは2メートルから5.5メートルで、重さは推測10トンから15トンとされる、ストーンヘンジの様なサークルで構成されています。その加工技術は驚くべきもので、その鮮明で鋭い角は、現代の石工でさえ、誇りに思う程でしょう。言い古されているかも知れませんが、私は1968年のクラシック映画、2001:スペース・オデッセイを重い起こさずにはいられませんでした。猿に似た原人の集団が、一つの巨石を発見し、それに影響され、道具を使う事を学び、それが文明に繋がったという場面です。

ゴベクリ・テペの様々な柱は、狐、猪、蛇、野生の牛、中東アジアのロバ、野生の羊、鳥(鶴とハゲ鷲)、ガゼル、そして節足動物(蠍と蟻)の立体肖像が装飾されています。その彫刻は巧妙で、複雑で、美しく施されています。それらが立体肖像であるだけでは無く、丸みがかった肉食動物が、恐らくライオンか、その他のネコ科の野獣だと推測されますが、それらの立体肖像を明らかに、今、正にその柱を辿って襲おうかの如く、彫刻されています。その丸みがかったライオンや、猪の立体肖像は、発掘され、ウルファで発掘され、ゴベクリ・テペと同時代とされる、等身大の人の像と共に、Sanlıurfaの博物館で保存されています。

加えて、ゴベクリ・テペから発掘されたのは、完璧に穴をあけられたビーズです。そして、シュミット教授によると、石柱の幾らかは、地元の地盤に直接建てられていますが、その他はコンクリート、もしくはテラゾの様な、土台に建てられていると言います。その加工技術のスタイルや質を見ると、人は簡単にそれが紀元前300年から1000年のものと思いがちです。どれだけの大きな間違いでしょうか!炭素14の測定に基づいた年代測定の分析によると、この遺跡は紀元前1万年から9000年のもので、そしてそれは紀元前8000年頃に、意図的に埋められた様です。つまり、それはこの遺跡が驚く事に、1万年から1万2000年前のものだという事です!

多くの学者達によると、これは野蛮で、放浪的で、狩猟採集的な時代で、ゴベクリ・テペで発見された様な建築構造を、建てる技術も、統治政府的な組織も無かったと主張される時代のものです。明らかに、一般的に知られる、歴史や、考古学が、今まで教えてきたものと、現場のはっきりとした証拠の間には分離があるようです。

スタンフード大学の代表的な考古学者として、イアン・ホダーはコメントしました。ゴベクリ・テペは、「信じられない程大きく、驚きで、馬鹿げた程古い時代で・・・巨石群とその素晴らしく洗練された芸術があり・・・多くの人が、これが全てを覆すと考えるだろう・・・それはリンゴの箱全体をひっくり返します。私達の論説の、全てが間違いでしょう。」私によるスフィンクスの建設起源の再設定と同様に、ゴベクリ・テペは私達に、私達の古代を考え直す事を強います。

そして私のスフィンクスの調査同様に、専門家達は、ゴベクリ・テペに困惑させられています。パトリック・シムズはニューズウィーク誌にこう書きました。「ゴベクリ・テペの遺跡が殆ど世間に知られておらず、教科書にも載っていない本当の理由は、その証拠が強すぎるためで、弱いからではなく、ジョン・ホプキンス大学のグレン・シュワーツが言う様に「この発見の問題は、それが特別」である事にあります。それ以外に、同年代の遺跡は一つも発見されていません。ゴベクリ・テペ以前の時代では、人々は洞窟の壁に棒の様な人の絵を描き、粘土を小さな人型の像にして、住むためか、崇拝するためか、石を積み上げる程度でした。ゴベクリ・テペの後の時代でさえ、複雑な建築技術の証拠は殆どありません。」

言ってしまえば、私達には、紀元前1万年から8000年頃の、高度な文化と、文明の証拠がありますが、その後は、明らかな衰退、または停滞があり、メソポタミアやエジプト、そしてその他の地で文明が再び花開くまで、数千年かかったのです。何が起こったのでしょう?

ゴベクリ・テペにおける 歳差運動(プリセッション)の記録

文明の太鼓判(証明)は、正確で、科学的な、観測技術です。天文学は通常、最も早期の複雑な科学と考えられます。特融で微妙な天文学的な現象は、その発見は通常紀元前2世紀の、ロード(地名)のヒパルカスのものとされますが、赤道座標系に相対的な、星々のゆっくりとした動きです。これは通常、イクイノックス(春秋分点)の歳差運動(プリセッション)と呼ばれているものです。それぞれの星が、各自の「出発点」へ、天空を一周して元に戻るまで26,000年弱かかります。研究家の幾人かは、古代エジプト人にもこの知識があり、そしてそれは世界各地の神話にも反映されているといいます。無論、その様な主張に反論する人もいます。私はゴベクリ・テペにおいて、歳差運動(の知識)の証拠を発見し、それはこの重要な遺跡にもう一層の高度さ・匠さを加えると考えています。

ゴベクリ・テペの既に発掘されている部分は、南の空に面した丘の南側の斜面にあります。今の処、40メートルかける40メートルと測定されるエリアから、4つの巨石サークルの殆どが発掘されています。少し後の時代の、多少小さめの柱と構造が、其処のサークルの主要なエリアから20、30メートル北で、80メートル西で、部分的に発掘され、18個かそれ以上のサークルが、未だに埋まっている事が(レーダー)調査で分かっています。エンクロージャー(囲み)D は更に北に位置します。その南東には囲み C があり、囲み D の南には囲み B 、そして最後に囲み A があります。これらの囲みはお互いに近く、殆ど隣接しています。それぞれの囲みには、一対の平行する中央の柱があり、多少短めの柱がそれらの周りを囲んでいて、後の(時代の)ものと思われる石の壁が、柱の間にあります。もしこれらの囲いが、ある時点で(屋根で)覆われていたとすると、それらは上部から入場されていたのかも知れません。事実、屋根にセットされていたと思われる、石に刻まれた「ポータル」の跡も発見されています。

中央部分の一対の柱は、一般的に南西に位置付けられていて、あたかも空に向かって観るための、チューブを形成している様です。囲み D の中央の柱には、手と腕があり、その手はお腹、またはヘソの部分を抱えていて、その人を模した柱が、南を向いているのは明らかです。しかしながら、その方向性は囲み毎に違っている様です。囲み D の中央の柱は、東から南へ約7度、偏っています。囲み C、B、そして A については、それぞれ、東から南約13度、東から南約20度、そして東から南約35度、偏っています。これらの異なった角度は、それを建設した人達が、星々の動きを観測していて、何百年もかけながら、星または星雲が、徐々に東に向かって移動する毎に、新たな囲みを建設していった事を暗示しています。

その建設者達は何を観測していたのでしょう?これは難しい問ですが、私達は説を立てる事が出来ます。紀元前一万年の春分の日(3月21日)の朝、ゴベクリ・テペの東に日が昇る前に、プレアデス(昴)と、牡牛座と、オリオン座の上の部分が、囲み D の中央の柱に指し示される方向で観られたはずで、朝日が顔を出す瞬間に、(その地点の最良の位置から見ると)、オリオンのベルトは地平線のすぐ上から遠くなかったかも知れません。同様なシナリオが演じられたと考えると、囲み C の中央の柱は、紀元前9500年の空、囲み B の中央の柱は、紀元前9000年の空、そして囲み A の中央の柱は、紀元前8500年の、春分の日の朝の空の、プレアデス、牡牛座、そしてオリオンに対応している様に考えられますが、歳差運動の御蔭で、オリオンのベルト全体は、朝日が昇る前に地平線より高くはなかったでしょう。紀元前約8150年頃には既に、オリオンのベルトは朝日が昇る時は地平線の下になっていたでしょう。これらの日付は、炭素14の分析に基づいたゴベクリ・テペの年代設定の時間的な枠に照合します。

春分は簡単に観測され、記録される事ができ、歴史が始まった頃から、重要な印とされ、お祭りで祝われてきました。多くのカレンダーにおいて、それは一年の始まりを意味していて、そしてそれは宇宙的な創造の逸話に結びつけられています。私はこれらの伝統がゴベクリ・テペ、そしてそれより前の時代まで遡るのではないかと考えています。

ヨーロッパや中東において、夜空のオリオンや牡牛座のあたりは、太古の人々によって、何千年もの間、注目されてきた処です。此処に位置するのはオリオンのベルトの三ツ星と(牡牛座の)ヒアデス星団、更にはプレアデスもあります。マイケル・Rappenglueck、フランク・エッジ、そしてルッツ・アンテクエラ・コングリガードといった研究者は、16,500年前に描かれたとされる、フランスの Lascaux の(洞窟の)壁画の中に、牡牛座とプレアデスを確認しています。加えて、Rappenglueck は、ドイツで発見された、少なくとも32,500年前の、マンモスの象牙製の、小さなタブレットに刻まれたものには、オリオン座の親しまれている、両手足を伸ばした、腰の細い男性が、描かれていると強調しています。

この様な証拠を踏まえても、ゴベクリ・テペの人々がオリオンを、人型と認識した、もしくは狩人として認識したと言っても考えすぎではないでしょう。ゴベクリ・テペの発掘中に発見された動物の骨(ガゼル、野生の牛、野生のロバ、狐、野生の羊/山羊の一種、そして猪)と、柱に装飾された動物を考えても、狩猟社会を暗示していると考えられます。実際に、囲み D の人型の柱を調べてみると、それは抽象的にオリオンを表しているのかも知れません。それらに腕があるだけでなく(それらはオリオンの腕が下げられたと解釈する事も出来るし)、そしてはっきりとしたベルトは、オリオンのベルトかも知れないし、狐の毛皮で表されている腰布は、オリオン星雲と、それに関する特徴を表しているのかも知れません。

ゴベクリ・テペの人々が、春分の日の朝に、オリオンと、牡牛座と、プレアデスを観測していたという私の提案は、ただの一説でしかありません。もし彼等が星々を観測していたとしたら(例えば太陽に対して)、歳差運動による変化のために、数百年毎に、観測地点を調整しなければならなかったでしょう。そしてもしかすると、彼等は太陽や、月や、惑星や、星々だけを観測していたのではなかったかも知れません。

ゴベクリ・テペ、イースター島、そしてプラズマ・コネクション

ゴベクリ・テペを訪れた(2010年5月)が、イースター島から帰った直ぐ後(2010年1月)だったので、私はそれら2つの間の、図像的な多くの共通点に驚かされました。私はこれらの共通点が本物だと信じますが、もし続けてそれらの場所を訪れていなかったら、私はそれを見逃していたかも知れません。更に、イースター島とゴベクリ・テペの両方が、先の氷河期の終わりに空で起こった、強力なプラズマ的な出来事に関係しているかも知れません。

イースター島の目立つ特徴はモアイ像で、それらの巨石で出来た頭と胴体は、その島で点々としています。ゴベクリ・テペに関しては、石の柱がその風景を圧倒します。驚く事に、モアイと、ゴベクリ・テペの囲み D の人間型の中央の柱の、両方に手と腕があり、体に対して同じ様に位置付けられていて、その手と指はお腹とヘソに向けて伸ばされています。モアイは空を見上げていて、そして私が信じるにゴベクリ・テペの柱もまた空に向かって見つめています。あれらは同じ現象を観ていたのでしょうか?

私が以前に考察した様に、イースター島土着のロンゴロンゴの逸話は、氷河期時代の終わりの、何千年も前の空で起こった、大きなプラズマ的な出来事を記録しているのかも知れません。プラズマは電気的にチャージされた粒子で構成されています。親しみのある今日の地球上のプラズマ現象は、雷とオーロラ、北極光と南極光です。過去において、太陽からの莫大なコロナの発散や、その他の天体からの発散から、もっと強力なプラズマ的な出来事が起こったのかも知れません。強力なプラズマ現象は、強い電気的な放電が地球を打つ原因に成る事ができ、惑星の表面の物質を焼き尽くす事が出来ます。

オーロラ
オーロラ


ロス・アラモスのプラズマ物理学者、アンソニー L.ぺラットと、彼の同僚は、世界各地に残されたペトログリフ(岩などに刻まれた象形図)は、先史時代に起こった強力なプラズマ的な出来事を記録していると確立しました。空で観測された強力なプラズマ現象は、人の形や、鳥頭の人型や、輪、またはドーナッツ型の組み合わせや、クネクネする蛇、または龍の様な、特徴的な形をしていて、それらは古代のペトログリフに投影されているとぺラットは確定しました。プラズマ的な出来事は、イースター島の太古の伝承の中に見られる、圧倒的テーマなのかも知れません。同様に、ゴベクリ・テペを理解するには、プラズマは重要なのかも知れません。

ペトログリフとプラズマ
2plasma-rock.jpg


3perat.gif


ゴベクリ・テペの不可解で困惑させられる要素の一つは、それがただ単に放置され忘れ去られたのではなく、紀元前8000年頃に意図的に埋められたという事です。更に、それが最終的に埋められる前に、細かく細工された柱の間に、石の壁が建てられました。これらの壁は至る所で、細かい立体彫刻の細工を覆って埋まっているので、私はこれが明らかに、二次的なものだと考えています。それらは柱より、もっと粗末な出来です。加えて、柱の幾つかは一度倒れて、壊れてしまったものもあり、壁が建てられる際に、引き続き再び立て直されたようです。幾つかの場合では、壊れた柱の土台が無くなっているか、積み上げられた石によって、正しい高さにセットされた、壊れた上部の下に、平行的に横たわっているかしています。この(使用の)遅い段階において、柱と壁の上には屋根があったかも知れません。

イースター島の不思議な事の一つに、細い入口のついた、低く設定された、頑丈で、分厚い石の壁で出来た、建物がありますが、防空壕か、えんぺい壕のようです。イースター島のこれらの石造りの「家」は、ゴベクリ・テペの、壁と柱で形成された構造と、良く似ています。それらは、両方のケースで、プラズマ放電の様な、空からの放射現象の一種に対する防御だったのでしょうか?

それらがお互いに、距離的に地球の正反対に位置している事だけで無く、それらはまた、何千年もの時(ゴベクリ・テペは紀元前8000年以前で、一般的に知られている年代表によると、イースター島に人が住む様になったのはたった1500年前とされている)によって分離されている事から、これらの2つを比較する事を、批判する人はいるかも知れません。それへの反論として、私は、私達は本当に何時、イースター島に人が最初に渡り住んだかを、知っているのかを問いたいのです。たとえ現在するイースター島の伝承や建造物などが、比較的に最近のものであったとしても、それらが強力なプラズマ放電の時代に遡り、現在の住人とは、異なった起源を持っていたかも知れない住人の、以前の伝統やスタイルを反映しているのかも知れません。ロンゴロンゴのタブレットは、何度も、何度もコピーされながら、慎重に太古の記録を保存してきたのかも知れません。

丁度、私がイースター島のロンゴロンゴが、太古の空のプラズマ的な出来事を記録していると論じた様に、ゴベクリ・テペに見られる特有の、刻まれたモチーフもまた、それを表現しているのかも知れません。ぺラットは、世界中のペトログリフに見られる、鳥人間とプラズマ現象の関係を指摘しました。イースター島で私達は、鳥人間ペテログリフと同時に、ロンゴロンゴ・ペテログリフの中の、鳥人間と鳥の象徴を見る事が出来ます。ゴベクリ・テペでは、とても良く似た鳥形状が、柱の一つに刻まれています。プラズマ現象の多くは蛇の容姿と解釈出来る見え方をすると、ぺラットは記述しています。ゴベクリ・テペの柱には蛇のイメージが溢れており、柱の隅を建て上下にくねっているのが見られます。これらが巨大なプラズマの稲妻を、表しているというのはあり得ないでしょうか?

後世のために埋められた

ゆっくりと一つに揃えられた証拠を元にすると、太古の時代に巨大なプラズマ的な出来事、または何度かの出来事が起こった様に現れます。以前の記事で(New Dawn 121参照)私は紀元前9700年の、巨大なプラズマ的な出来事が、先の氷河期の終わりをもたらす助けに成ったと仮定しました。もしゴベクリ・テペの、炭素14に基づく、紀元前一万年から8000年という年代が正しいなら、最初に建てられたストーン・サークルは、この紀元前9700年のプラズマ的な出来事への反応として始められたのかも知れません。

そのプラズマ的な出来事は、ゴベクリ・テペの複合遺跡が面している方角である、南から起因していると観測されたのでしょう。プラズマ的な出来事が数世紀に渡って起こり続けたとしたら、ゴベクリ・テペにおける - 石の壁や更なるストーン・サークルなどの - 後からの手の加えと、上手く関連するかも知れません。究極的には、ゴベクリ・テペの人々にとってそのプラズマは、耐えるに耐え難いものとなって、そして彼等は其処を手放したが、それは、丁寧にそれを砂で覆い隠した後の事でした。彼等の意図が、空が落ち着けば戻って来るというものだったのか、それとも彼等の建てたものを後世に残すためだったのかは、私達には解りません。

ゴベクリ・テペで何が起こったのでしょう?当時の人々は何をしていたのでしょう?彼等が経験していたものは何でしょう?彼等は何故、彼等の創造物を埋めて立ち去ったのでしょう?彼等は何処へ行ったのでしょう?これらは単純な学術的な問い以上のものでしょう。ゴベクリ・テペの人々は何か劇的な事を経験して、それが遥かに重大であったからこそ、1万年以上も残るように「石の記録」に、その記憶を残さなければいけないと感じたのではないかと、私は考えています。彼等は私達のためにメッセージ、もしくは警告を残すために、莫大な資源を消費したのかも知れません。その覆いを完全に取り払って、彼等が言わんとした事の暗号を解くのは今です。

ギョベクリ・テペ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%A7%E3%83%99%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%9A


Searching for Rock Art Evidence for an Ancient Super Aurora
太古のスーパー・オーロラのためのロック・アートの証拠をさがして
by marinus anthony van der sluijs and anthony l. peratt
マリウス・アンソニー・ヴァン・ダー・sluijs とアンソニー L. ペラット著(Pdf ファイル)
http://penn.museum/documents/publications/expedition/PDFs/52-2/van%20der%20sluijs%20peratt.pdf


Göbeklitepe Belgeseli The Worlds First Temple
ゴベクリ・テぺ 世界最古の寺院


  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

ニュース・アンド・ヴューズ(ファレル博士)

UND HEUTE GEHOERT UNS BNP PARIBAS, UND DANN COMMERZBANK UND DEUTSCHE BANK, UND MORGEN DIE GANZE WELT!
ニュース・アンド・ヴューズ(ファレル博士)
http://gizadeathstar.com/2014/07/und-heute-gehoert-uns-bnp-paribas-und-dann-commerzbank-und-deutsche-bank-und-morgen-die-ganze-welt/


OK...お約束通り、起こっているこの気違い沙汰の全ての「より広いコンテキスト(文脈)」において、私はやっと幾らかの「地政学」を把握する様に成って来ましたが、通常通り、皆さんもご存じの様に、私は高度な不可思議さの過度に奇妙な本を調査して出筆する南ダコタに住む唯の著者でしかない事を警告します。

殆どの人達は知っているでしょうが、私は(例えば、ポール・クレイグ・ロバーツ博士の様な)私よりも遥かに専門的な、国際情勢へのその他のコメンテーターと共に、ワシントンの特定の派閥が行っている様に見える地政学的な自殺の気違い染みた方向性について、警告を鳴らしてきました。私が「特定の派閥」と言うのは、何故なら、連邦政府の全員は、この特定の派閥がそうである様に、事実上邪悪で、腐食していて、または途方も無く馬鹿では無いと言うのが、私の研究的な仮定だからです。実に、これがその問題で、(ロバーツ博士は、ウォルフヴッツの教義を非難しますが、私が単純にそれを狂った反直感的な地政学と呼ぶ)ワシントンの強引な「一極主義」は長期的に、続けられる事が許されれば、究極的に伝統的な同盟国と仲間を - ヨーロッパの2つの主要な力、フランスとドイツが頭に浮かびますが - 米国から離れさせます。

今日の高度にハイオクな推理の背景として、貴方も思い出すでしょうが、クリミアの要請のために、ロシアがクリミアを編入した事に対する米国のロシアへの制裁にも拘らず、フランスが契約を守り販売するとワシントンに丁寧に示唆した、ロシアへのフランスのミストラル級の水陸両用の飛行機着陸運搬船(空母?)の販売の役割を果たしたために、フランスの大銀行、BNPパリバスに米国政府が数十億ドルの罰金を課したのを、思い出して下さい。その気違い派閥の対応は、勿論、フランス(とその最大の銀行)の顔を罰金でひっぱたく事でした。

今度はドイツの2つの大銀行、商業銀行ドイツ銀行が、気違い派閥の逆鱗に触れ、そして此処のゼロ・ヘッジの分析は、私の意見では、正解です:

米国は取り締まりをBNPから商業銀行とドイツ銀行へ移行させるので、次は怒っているドイツと仲違いします


最初のに段落にもう一度、注目してください:

「週末に私達が、「フランスを「罰する」事で、米国はドルの没落を加速化させた」の中で報告した様に、フランスのBNPに対する記録更新的な90億ドルの罰金に続き、非難は素早くそして激しく、地元の命令系統の中の実質的に全員が、トータルの代表取締役からフランス銀行の会長(そしてヨーロッパ中銀のメンバーであるクリスチャン・ノイヤーまで、全員が、米国は今、ドルの基準通貨としての力を明らかに悪用していて、そしてドルに基づいた基準通貨から離れる時だと述べています(それがどうEURを下げろと言う、現在のフランスの要求と関連するのかは、全く異なった問題です)。

フランスを強制的にロシア-中国のユーラシア、そして反米国陣営に押しやった後、米国は今、同じ事をドイツに行う様に現れます。何故なら、最初にニューヨーク連銀に預けられている(そう伝説は伝えられますが)彼等のゴールド(現物)を返還する事を拒否する事でドイツの住民達を激怒させた後、次にスパイのスキャンダルに続くスキャンダルがあり、最も最近ではCIAがドイツの二重スパイを直接管理していて、そして今、BNPが行っていたのと同種のお金の洗濯のために、ドイツ最大の銀行が「罰せられ」ます。ニューヨーク・タイムズ紙とロイターが報告する様に、BNPのスキャンダルからシフトして離れる時は来て、そしてその焦点はもうすぐ商業銀行とドイツ銀行に成るでしょう。」


ドイツは、貴方も思い出すでしょうが、最近、継続的なNSAのスパイ・スキャンダルに関して、その国の米国CIAの部局長を国外追放し、そしてこの事実は、メルケルの最近の反ロシアの痛烈な非難と共に、人々に何が起こっているのかを警告し、メルケルの政府はワシントンの書かれた筋書きを言っていますが、長く守られた首相的な伝統にのっとり、もう一つのとても異なった事を行っています。

ですがゼロ・ヘッジの最後の段落はそれをとても上手くまとめます:

「しかし、全ての鍵的な地政学的ホットスポットを渡って、地域的そして市民的戦争が突然、勃発している最悪の時に、ヨーロッパの同盟国を、待ち構えているロシアと中国の手に進んで押しやる、米国の外交政策の馬鹿さ加減を人は論議出来る間、人は不思議に思います:BNPの件において、その「罰金」は、米国の要求にも拘わらず、ロシアとの水陸両用の戦艦の契約を停止するフランスの意志の無さの結果でした。ですからドイツの銀行に対する米国の脅迫は一体何なのかは興味深く:世界全体の目の前でこれ程あからさまにアンジェラ・メルケルとドイツを罰する程、ジョン・ケリーと無能なお仲間達の眼の中の背後の場面で、メルケルに相応しい罰は一体何なのか人は本当に不思議です。

「一つはっきりとしている事は:もし米国が、ドイツはアメリカをそのBFF(?)として考え続けると考え、そしてその米国との同盟が最終的にクラッシュして炎上した時の万が一の計画を全く造らないなら、ロシアと中国のユーラシア同盟が、その最後の、最も重要な、欠如しているメンバーを、製造と輸出のパワーハウスであるドイツ自体を発表した時に、本当に驚かされるでしょう。」
(強調は加えられました)

私は唯一私自身の「そうだ、そうだ」しか、その分析に加えられませんが、それは再び重要な問いを浮上させます。何故、本当に、アメリカの外交政策はこれ程、反直感的なのでしょう?何故、本当に、ヨーロッパにおいて2つの最も強力な国家は、NATOからANZACまで、戦後の2つの安全保障のタペストリー(壁掛け/背景)の究極的な害へと、意図的に遠ざけられている様なのでしょう?

以下はハイオクな推理の答えの方法による不穏な思考です:誰かが、米国を、地政学的、経済的、そして軍事的に孤立化させる事を欲しています。米国は、ロシアに対し、政策を指示しようと試み、そして失敗しました。それは中国の政策も指示出来ません。それは、ヨーロッパにおける最も強力な2か国を遠ざけています。ですが’(米国が)ロシア中国インドブラジルフランスドイツ(そして推測するに、もうすぐアルゼンチン)に政策を指示する?

まさか!

ではまた後日。

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

宇宙戦争 第二章:

A. プラズマ宇宙学と太古の神話

ファレル博士の宇宙戦争(The Cosmic War)、51ページより

cosmic war


無料e-book:(Pdf/Epub)
http://e.bookzz.org/g/Joseph%20Farrell

(写真や図表が見たい人達は、ファイルをダウンロードして下さい。)

太古の原始物理学の存在の問いへの、最も最近の真剣な参入の一つは、正に、プラズマ宇宙学(電気的宇宙論)でしょう。スエーデンの物理学者でノーベル賞受賞者の、ハンツ・アルフヴェンが提唱したプラズマ宇宙学は、殆どの宇宙学的な物理学者達によって探求される、アインシュタインの相対性理論によって生み出された「ビッグバン」宇宙学から、メインストリームの物理学の中で、大きな分岐でした。アルフヴェンの見解において、宇宙の中の最も重要な力は、相対性理論に基づいた宇宙的な論説の様に、重力の幾何学では無く、電磁力で、そして渦巻くプラズマの旋回している幾何学です。アルフヴェンの見解において、電磁力は全てのスケール(規模)で回転し、とても小さいもの(原子)からとても大きいもの(太陽系/銀河系)まで、恒星と惑星のシステムも、宇宙全体まで、銀河のクラスター(集合体)までもを含みます。これは、私達自身の銀河系と太陽系は電気的に中性では無く、むしろ、電気的に流動的なシステムであると言う、もう一つの方法です。

彼自身が有名なプラズマ物理学者で、プラズマ宇宙学の研究の初心者向けの最良の本、ビッグバンは決して起こりませんでしたの著者である、エリック J. ラーナ―は、プラズマによるアルフヴェンへの魅了を、彼のスエーデンにおける少年時代まで辿り、其処においてアルフヴェンは、「動く繊維と発光のカーテンの、北方の光(オーロラ)の美しい現れに魅了された」としました。アルフヴェンはユーモアを込めて「私達の先祖達はそれらをオーディンの槍と呼びました」と言いましたが、その明言は、私達がこれからすぐ見る様に、全くジョークでは無かったかも知れず、むしろ、同僚のプラズマ物理学者、アンソニー・ペラットによって発見された原始物理学の問題への重要な手掛かりだったかも知れません。

アルフヴェンが直ぐに気付き始めたのは、彼がオーロラの現れの中に見た繊維は、彼の実験室の中でも見つける事がまた出来ると言う事でした:

「真空の道具が不作法的に振舞い始める度に、それらは其処にありました(現れました)、」と彼は思い起こします。それらは太陽の顕著さと、遠くのヴェイルとオリオンの星雲の写真の中にもありました・・・

「多くの研究者達が、実験室の繊維を以前に分析していたので、アルフヴェンはそれらが何なのかを知っていました:電流を運んでいるプラズマを通して出る、小さな電磁的な渦巻きです。その渦巻は「ピンチ(摘み)効果」として知られる現象によって産出されます。プラズマを通って流れている電流の真っ直ぐな糸は、筒状の磁場を産出し、それは同じ方向に流れているその他の電流を引き寄せます。故に小さな電流の糸は一緒に「ピンチ」され(摘まれ)、それらと共にプラズマを引き寄せます・・・集中している糸は、丁度、排水溝へ向かって集中している水が旋回する渦巻きに成る様に、または竜巻において空気が急いで一緒に集まる様に、プラズマのロープへと編み合わされます。その繊維はプラズマの旋風です。」

ラーナ―は、この重要な現象の暗示する事を、以下の様に説明します:

「磁場と電流は、重力が出来るよりも遥かに速く、そしてもっと効率的に、物質とエネルギーを集中させる事が出来ます。プラズマの糸の磁力は、プラズマの速度と共に増大します。これはフィードバック効果に繋がり:糸が渦巻きへと引き入れられる際に、それらはより速く動き、流れの糸の力を増大させ、そしてその繊維へと更に速くそれらを引き入れます。加えて、緊縮している質量は、(回転している)アイススケート選手が彼または彼女の腕を体に近づける様に、より早く加速して回転する傾向があります。これは遠心力を派生させ、それはその緊縮に抵抗します。磁気的な繊維は、重力がそれを出来ない間、この過剰な回転、または角度的な推進力を運ぶ事ができ、更なる緊縮を許します。

ラーナ―は「ピンチ/摘み効果」を描写するために以下の図表を載せます:

図表:53ページ

アルフヴェンの理論の一つの特徴的な構成要素は、とても小さいものからとても大きいものまで、あらゆるスケール(規模)のシステムの応用出来るその能力です。(i.e. As above, so below.)「プラズマは、それらがどれだけ大きかろうが、または小さかろうが同様に見えるはずです。もし私達が実験室から、その100兆倍、より大きい太陽系に推定出来るなら、そのまた100兆倍の大きさの観測可能な宇宙全体のために、同じ方法でプラズマが振舞わない理由は無いでしょう?」と彼は述べます。結果/成り行き的に

「彼の理論において、銀河系は、銀河系間の空間の磁場の中で回転していて、あらゆる伝導体が磁場を通って動く時の様に、電気を派生させます・・・銀河系によって産出された巨大な電気の流れは、銀河系の中心に向かう、大きな繊維的な渦巻きの中で流れ、其処においてそれは回転の軸に沿って回転し流れます。この銀河系的な流れはその後、ショート・サーキットし、膨大な量のエネルギーを銀河系の中核に運びます。その銀河系は「フューズを飛ばし」:強力な電気的な場がその中核において創造され、それは(回転の)軸に沿って出る、エレクトロンとイオンの強いジェットを加速させます。」

故に、同僚のプラズマ物理学者、アンソニー・ペラットが実証した様に、この電磁的プラズマのピンチ(摘み)効果のコピュ―ターで派生させられたシュミレーションは、以下の写真が見せる様に、見覚えのある銀河の螺旋の形状を派生させる事が出来ました(時系列で写真を視るには左から右にページの下に向かって見て下さい):

54ページ;銀河のCG

ペラットが、これ等のCGのシュミレーションと実際の銀河の間の相互関係の、更にもっと驚きの実証を出来たのは、「銀河のそれぞれを写真を、私のシュミレーションの幾つかの段階にリンクさせる事ができ、そして私が実のその力 - 電磁的な力が - 銀河系を形成していると知っていた」ためでした。ラーナ―はペラットの銀河のシュミレーションを再産出し、銀河系 - 2C66、3C285、NGC318、NGC1300、そしてM95を - 彼のシュミレーションと比較しました。その結果は驚きでした:

54ページ:シュミレーションの写真

プラズマ宇宙学が、恐ろしい程に強力な兵器と共に戦われた、太古の惑星間戦争の論説に示唆する事が今、その重要性を増すのは、もし私達の太陽系の様な惑星的システム、または私達の天の川の様な銀河系が、電気的に中性では無いなら、すると、その様なシュミレーションが、より大きく更に精密なスケールで造られる事を許す、その同じ基本的な科学技術はまた、良い意図でも悪い意図でも、その膨大なエネルギーを利用出来るかも知れないからです。端的に、その様な原則が兵器化された可能性があり、そしてもし兵器化されたとしたら、銀河系は言うまでも無く、太陽系全体の実のエネルギーを利用して、惑星を爆発させる事は、子供のお遊びに成ると、全く想定可能な事に成るでしょう。

そしてこれらの観測がもたらすのは・・・

古代エジプトの象形文字
1maxresdefault.jpg

おや、おや、おや・・・?

B. プラズマ物理学、プラズマの集中、そしてスカラー物理学

人はどうすれば、この比較的に単純な科学技術に、「天体的な」規模で利用する事ができ、そしてそれを惑星を爆発させるために兵器化し、そして「安全」な距離から、そうする事が出来るのでしょう?広くは知られていませんが、プラズマ物理学と、更により難解な「スカラー」または「量子効能」物理学の世界の間に直接の関連があるのは此処です。

私の研究を通して、私は繰り返し、スカラー物理学の論説者であるトム・ビャーデン中佐(米陸軍退役)の研究に言及してきました。再びそうする事が必要に成ります。スカラー物理学の理論の中核にあるのは、3つの比較的に世に知られていない、高度に数学的で、完全に相対性理論以前の、そして極度に普通では無い論文だと、ビャーデンは主張します。それらの2つは、良く知られた数学者で理論物理学者のE.T. ウィティカーによるもので、そして残りの1つはバルスと言う名の物理学者によるものです。3つの内、ウィティカーの論文は、それらの示唆において息を奪われる程で、それは決してそれらが後に発達した量子論のコンテキスト(文脈)の中で機能させる事が出来るからだけではありません。

最初の論文は長く、そして高度に数学的な大作で、代表作であり、その完全な示唆は、「数学的な物理学の部分的な差位の方程式」と言う親切ですが、やや威嚇的な題名にも拘らず、ウィティカーによってその論文の結論の部分にまとめられています(以下に続くビャーデンの分析に直接関わる重要な部分を私はイタリックにしました):

これから明らかなのは、重力している(発生させている)体による力の場は、無限の数の構成要素の場へと、「スペクトル分析」によって分析する事が出来ると言う事で:そして力の場の全体は時間と共に変化しないけれども、構成要素の場のそれぞれは、波立つ特徴で、統一的な速度を持って伝播/繁殖される単純な波の障害の構成です・・・これらの構成要素的な場のそれぞれにおいて、その効能はそれぞれの波先に沿って定数で、そして結果的にそれぞれの構成要素的な場における重力的な力は、波先に対して直角で、i.e.その波は経度的(縦波)です。

この短い段落の重要性は、もし人がE.T. ウィティカーは、電磁的なエネルギー伝播の媒体、またはメカニズムである、エーテルの熱心な信仰者で物理学者だった事を覚えていないと、見逃されてしまうかも知れません。実に、彼はエーテルの概念の古典的な歴史を書いたのと同じウィティカーです。また、注目して欲しいのは、この論文が、元々、ドイツで公表され、そして故に、ドイツ人達は、決してその存在に気付いていなかったわけでは無く、または彼等のその後の戦争のレーダーの実験の・・・奇妙な異例を説明しようと彼等が求めたので、その非相対性理論の物理学の重要性に気付いていなかったわけでもありません。実に、彼等のレーダーの実験は、そしてベル(プロジェクト)自体さえも、彼等が(第一次大戦の)復讐心を持って、この「スカラー物理学」を追い求めていた証拠です。

ビャーデンが、媒体または真空の中の「スカラー」の波によって何を意味するのかを理解するためには、私達は此処で、一般大衆による物理学の消費(学習)が間違った方向に行った場所の歴史へと、更に深く行かなければなりません。ビャーデンによると、それはマックスウェルの後に、初めて膨大に間違った角を曲がり始めました。マックスウェルは最初に、現在は全く絶滅してしまった、数学的な言語において、彼の方程式を形成し、その数学的な言語は四元数の幾何学(エリック・ドラード博士を参照)と呼ばれました。この数学的な言語は、それにおいて基準的な電磁的理論が通常、教科書や物理の講義で教えられる基準的な「線形代数」、「テンソル解析」、そして「ベクトル分析」から大きく異なります。端的に、人が今日、物理学の教科書と物理の講義において、マックスウェルの方程式として学ぶものは、マックスウェルの元々の方程式ではありません!それらは、編集された方程式です。ですが - 四元数からベクトル分析への - 数学的な言語のこの単純な変化の、物理学への影響を理解するためには、私達は2、3の単純な概念を理解する必要があります。

最初に、電磁的な場が、チャージされた粒子に持てる効果には2種類あります:(1)翻訳、そして(2)ストレスです。翻訳または運動には2種類あります。最初の種類は直線における単純な翻訳/運動で、電気的場または「E」場自体を産出します。2つ目の運動の種類は螺旋状のもので、数学的に「B」場として象徴されます。私達はその「B」場には、直ぐには関わりません。

此処で私達は、表された様に2つのベクトル、EとE2が、粒子に影響していると仮定しましょう:

2つのベクトルは結果を得るためにれ足されるので、その結果はベクトルE3の方向における翻訳/運動で、それは十分に相応しく、「結果的な(resultant)」ベクトルと呼ばれます。故に、大きな数の翻訳/運動ベクトルが含まれるシステムにおいて、「そのシステム全体が一つのベクトル”結果的な”ものによって入れ替えられる事ができ、元々のベクトルからの結果である実際の翻訳/運動を描写します。

さて、もし翻訳/運動が起こらないなら、その”結果的な”ものは「ゼロ・ベクトル」だと認識して下さい。しかしながら、人は、単純に数学または数字を扱っているのではなく、幾何学を扱っている事を思い出して下さい。人は故に、複数ベクトルのシステムの多数が、ゼロ・翻訳/運動ベクトルに結果しますが、深遠に異なった内的なストレスと幾何学を有する事を想像出来ます。

図表:3つの複数ベクトル

もし人が、通常の線形代数の条件で、結果的なベクトルと複数ベクトルのシステムを入れ替える様に訓練(洗脳)されているなら、すると、上記の3つの件、またはシステムのそれぞれにおいて、人はそのシステムの全体を、ゼロの結果的なベクトルに入れ替えるでしょう。これが意味するのは、そのシステムの内的なストレスと、それらの回転的な特徴が - それぞれは明らかに大きく異なりますが - 全てゼロ・ベクトルによって入れ替えられ、そして故にその3つのシステムは、数学的な通常によって、誤って体的同等に減少させられます!

今、私達はスカラーとは何かを、そして何故、マックスウェルは、彼の方程式を書く際に、意図的に四元数の幾何学を選択したのは、上記の図表の中の渦巻きによって単純に表わされた、物理的なストレスの状況が彼の頭の中にあったためだと、理解出来る位置にいます。

基準的な線形代数において、上記のシステムのそれぞれの矢印は・・・

<以下省略>

水銀整流器の問題

ファレル博士の宇宙戦争、57ページより:

アルフヴェンは直ぐに、プラズマに関連した新たな現象に出くわしました:突然で爆発的なエネルギーの開放です。エリック・ラーナ―が記述した様に:

「最も小さく、そして最も大きな規模で、観測された繊維状の構造を形成する事によって、物質とエネルギーは、空間において圧縮される事が出来ます。ですがエネルギーは時間においても圧縮される事が出来るのは明らかで - 宇宙はエネルギ―の突然で爆発的な解放に満ちています。アルフヴェンが良く知っていた一つの例は太陽のフレアで、太陽の表面上の突然なエネルギーの開放は、地球において磁気的な嵐を産出する、粒子の流れを派生させます・・・爆発的なエネルギーの開放を理解する事は、宇宙の流動性の鍵でした。

再びアルフヴェンと彼の同僚達は、数学的な理論からでは無く、科学技術における彼等の実質的な仕事からインスピレーションを引き出しました。王立インスティチュートのアルフヴェンとその他は、緊急な問題を解決するために、スエーデンの電力会社、ASEAに呼び出されました。スエーデンの電力供給の殆どは、その国の北部の水力発電所によって派生させられ、そしてその後、南部の工業地帯まで、600マイル強、配信されます。ASEAは、大きな水銀整流器で交流電流を直流電流に変換する方が安上がりだと見つけました。整流器は、電流が一つの方向にのみに流れる事を許し、もう一方のサイクルのために抑え、故に直流電流を産出します。ですが時折、整流器は爆発し多大な被害を出しました。

ハーロフソンとアルフヴェンが相談されたのは、何故なら、低圧水銀蒸気セルで構成される整流器のメカニズムが、電流を運ぶプラズマを利用するからです。王立インスティチュートからのチームは、素早くその問題を位置付けました:整流器の中の水銀蒸気の圧力が低すぎたのです。結果として、殆ど全てのエレクトロン(電子)が電気的な流れを運んだ高い電流において、整流器の中でプラズマが盛んに跳ね返す、不安定な状況を創造していました。

・・・高い電流において、何か他の事が起こっていました。もしイオンが一部からアクシデント的にこぼされると、電流の中のエレクトロンは、そのイオンに向かって凄い推進力でラッシュするので、それらの衝突はそのイオンをその部分から更に遠くに押し出しました。これはエレクトロンを更に加速させ、そしてそう続きました。しかしながら、極少数のイオンは分離し、反対側のエレクトロンに向かって加速し、それらの殆どを押し戻しました。開き続ける裂け目がプラズマの中で開き、一方の側ではエレクトロンは飛び跳ね、もう一方の側ではイオンが飛び跳ねました。そのギャップが広がると、通る事の出来るエレクトロンは減り、ですからその電流は・・・減少します。これは電気製品のコンセントを抜くようなものです。電流における減少は、その電流によって創造された磁場における突然の減少を産出し、そして変化している磁場は、そのエレクトロンを更に加速させる強力な電気的な力を創造させます。コンセントを抜かれた電気製品の件において、ソケットからコンセントまで渡ってジャンプするスパークを造るのに十分高いヴォルテージに成ります。整流器の件においては、爆発に結果し、そして発電所の中の空気を通って巨大なスパークが飛び上がるまで、ヴォルテージは蓄積し続け、プラズマはとても熱く成ります。エネルギーは突然解放され、爆発的な被害を創造します。

何が此処で本当に言われたのかを注目して下さい。原子のエレクトロンから分離されたプロトンとニュートロンである - イオンは、あらゆる実質の質量の殆どを構成するので、水銀整流器は、この不安定な状態において、水銀の質量を整流器自体から離れる様に押し出していて、つまり、反重力的(またはもっと適切にコントラバリック/contrabaric的)効果が創造されていました。第二に、その同じ基本的な科学技術はまた爆発を産出するために使われる事が出来る事も注目して下さい。

そしてこれは、驚く事に、私達をナチスへともたらします。

ハンス・アルヴェーン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B3


アルフヴェン→アルヴェーン
(笑)

おまけ:
The Ancient Cosmic War 2014 NEW DOCUMENTARY !


プラズマのピンチ(つまみ/つねり)、プラズマ・フォーカス(集中)、そしてナチスのベル・プロジェクト(計画)

ファレル博士の宇宙戦争、58ページより:

ラーナ―のプラズマ宇宙学への関心は、コントロールされたフュージョン(融合)の研究を調査する事、そしてウィンストン・ボスティックと言う名のフュージョンの研究者に、彼を導きました。

「ボスティックの研究は、プラズマ・フォーカスと呼ばれるフュージョンの機器を中心にします。このフォーカスは - 60年代初期に、ソヴィエトのN.V. フィリッポフとアメリカのジョセフ・マザー独立的(別々)に開発され - フュージョン研究において長きに主流な大きな磁気的な機器である、巨大で複雑なトカマク(核融合実験装置)と比較すると、極度に単純です。そのフォーカス(機器)は、幅数センチで、お互いの内側に、入れ子にされた、2つの伝導している銅のシリンダー(筒)によって構成され・・・そのシリンダーを渡って大きな電流がディスチャージ(解放/放電)された時、注目すべき出来事の連続が起こりました。

ですがナチスの秘密兵器についての私の2冊の本、黒い太陽の帝国ベルのSSブラザーフッド(同胞団)の読者達にとって、それを渡って大きな電流がディスチャージされる、2つの入れ子にされたシリンダーの構造は、とても聞き覚えがある様に感じられるだろうと思われるのは、これが、ナチスの最も高度に機密にされた、戦時中の秘密兵器計画であった「ザ・ベル」の構築の正に原則であったためです。そしてアルヴェーン(アルフヴェン)の水銀整流器の様に、その「ベル」は「IRR Xerum 525」と名付けられたミステリアスな調合物を使用し、ヴァイオレット-赤っぽい色合いのその液体の調合物を、私は水銀とその他の要素/元素の、何らかのアイソトープ(同位体)と推理しました。この調合物はベルのシリンダーの中に入れられ、激しい電気的なパルス(衝動)の対象にされました。そのベルとボスティックのプラズマ・フォーカスの間の唯一の違いは(そして実にそれと、その他全てのプラズマ・フォーカスとの間の違いは)、ベルの2つのシリンダーは、お互いから真逆の方向に回転した事で、ナチスの科学者達が実験していた、水銀とその他の実質の、直ぐにイオン化する原子の回転の凝集力のために彼等が考え出した、単純ですが、素晴らしい手段でした。加えて、ナチスの科学者達はまた、も一つの要素を加えました:彼等はベルの中のこのミステリアスな実質を、液体酸素、または液体窒素で冷却しました。これらの精巧な追加手段は、全ての可能性においてベルを、一般的なプラズマ・フォーカスよりも、更にもっと効果的/効率的な機器にしました。

何であれ、ラーナーは、プラズマ・フォーカスの機器の以下の図面を再産出します:

図面:59ページ。

ですがボスティックがこの機器のスイッチを入れた時に、何が起こったのでしょう?

ラーナーは、その機器の中のプラズマが、電流によって素早くイオン化され、力-自由(force-free)な繊維の8つか10の対を形成し、それらはその後、それらの流れ(電流?)と、背景の磁場の相互関係によって推進され、シリンダーを転がり落ち始めたと明言します。この時点で、ある驚きの事が起こります:

「それらがシリンダーの端に届いた時、それらは内側に向かって噴水し・・・それぞれの対は、2つの反対方向において回転している渦巻きに構成され、お互いを消滅させ合い、その流れ(電流)全体を運ぶ、単一の生き残りを残します。この生き残りはそれ自体をドーナッツ型の繊維的な結びにピンチし(つまみ) - 一つのプラズモイドに成ります。」

1Fibonacci-number-games-300x181


ラーナーはその小さなプラズモイドの以下の図表を再産出します:

図表:59ページ。

ラーナーは続けます:

「そのプラズモイドは、幅、たったの0.5ミリで、今、その量において、百万倍またはそれ以上の大きさの、その機器全体の磁場の中に蓄えられたエネルギーの全てを含みます。千分の一秒の何分の一の間、そのプラズモイドがそれ自体をつまみ続ける際に、それは安定性を保ちます。ですがその磁場が増大すると、エレクトロンはより小さな輪で軌道し、より高いフリクエンシー(振動率/周波数)の放射能を与え出します。プラズマが、低いフリクエンシーの放射能には不透明で、高いフリクエンシーには透明な傾向のために、放射能は突然エスケープし出します。

「これは出来事の第二の連続を運動させ始めます。エレクトロンがそれらのエネルギーを放射する際に、流れ(電流)は減少し、そして磁場は弱まります。エレクトロンは磁場の線を移動しているので、その形状が変化する際に、その弱まっていく場はエレクトロンの通り道を絡まらせ - 流れが更に減少する原因になります。

「その結果それは、アルヴェーンが観測した様に、スイッチを切る様なものでした。減少する磁場は巨大な電場を派生させ、プラズモイドから外へ、2つの高いエネルギーのビームを撃ち出し - 一つの方向においてはエレクトロンで、もう一つの方向においてはイオンでした。そのビームは極度に濃密な螺旋状の繊維で、それぞれの幅はミクロン(1センチの1万分の1)でした。その行程の過程において幾らかのイオンはとても高い温度まで熱せられ、それらは融合し・・・プラズマ・フォーカスはその放出の力の密度(i.e.出力)を、入って来るエネルギー(電力)の1万兆倍(1京倍)にする事ができ、銀河へのクエイザーの比率と比較可能です。

ですがもし、エレクトロンがそれらのエネルギーを放射し始め、磁場の崩壊を用意し始めた時に、それらが再びパルスされたら、何が起こるでしょう?その様なものが実に、ナチスのベルの背後の原理の一つだった様に現れます。

何にせよ、幾つかの事が今、鮮明です。

第一に、プラズマ・フォーカスの単純な手段は、反重力的な効果から - 水素爆弾の背後の同じ基本的なエネルギーである - 熱核融合や、高いフリクエンシーのエレクトロンとイオンからの致死的な放射能と、致死的な電気的なエネルギーまでの、複数の現象に、人がアクセスする事を許します。

第二に、もしその様なエネルギーが「天体的」な規模で利用されたなら、凄まじい威力の兵器がそれに基づけられます。プラズマ宇宙学はとても小さいものからとても大きいものまで、同じ効果を現すので、これは理論的に可能なはずです(As above, so below)。

第三に、このエネルギーを利用しようとするアイデアは、1960年代のロシア人達とアメリカ人達と共に始まったのではなく、その20年以上前に、ナチスと共に始まったのは明らかです。典型的なプラズマ・フォーカスの2つのシリンダーを(お互いから)反対回転させる事によって、恐らく始めから放射性の調合物をそのプラズマを形成する燃料として使用する事によって、そしてその材料を超冷却する事によって、ナチスはプラズマ科学技術において飛躍的に発達した様に現れ、そして彼等のアイデアが有したその使用は未だに複製されていない様です。良い例は、私が知る限り、2つのシリンダーを回転させようと思いついた人も、ましてや反対方向に回転させようとした人もいません!

私が、私の著書、ベルのSSブラザーフッドの中で示唆した様に、研究のこの難解なラインを探求する事へのナチスの関心は、水銀を燃料にする事によって推進された飛行機に言及する、太古のヒンドゥーの「ヴィマーナ」文献の様な、オカルト(隠された)文献の彼等の知識によって動機されていたのかも知れません。端的に、彼等はそれらの原始物理学的な内容と効能のために、神々と彼等の戦争の太古の伝統と伝説を意図的に調査していたのかも知れません。この件に関して注目されるべきは、19世紀後期と20世紀初期を通してドイツは、インドの古代のヴェーデック文化の学術的な本拠地だっただけでなく、シュメール、バビロン、アッカディア、そしてアッシリアと言った、太古のメソポタミアの文化については更に進んでいた事です。神々の戦争の伝説は故に、ナチス政権によってとても良く知られていました。故に私達がこの本のパート2で検証する文献は、彼等の研究の幾つかの神話的な刺激と動機を形成したかも知れない理由に成ります。

ですが、私達が直ぐに目撃する様に、プラズマが原始物理学の問いに入るもう一つの方法があります。

「スカラー」物理学とその兵器化へのビャーデンの主張

スカラー・レゾナンス(共振)の危険:惑星を破壊する「この世の終わり」的な暗示


ファレル博士の宇宙戦争、68ページより:

優れた防衛的な能力に加えて、更にもっと不吉な攻撃的な能力があります。見られてきた様に、「スカラー波は原子のエレクトロンの外郭を通り抜け中核と直接的に相互運動するので」、これが意味するのは、「それらは宇宙の中の全ての中核によって継続的に吸収され、放散される」と言う事です。結果的に - 「恒星や惑星の様な - 中核のあらゆる大きな集合は、スカラー波の放射能の強い吸収物であり放射物です。人がこれを長く考えすぎる、またはその重要性を過大評価する事が出来ないのは、それが意味するのが、惑星の様なあらゆる大きな質量は、その様な波の自然的なレゾネーター(共振物)であるためで、そしてこれが意味するのは、あらゆるスカラー兵器は、惑星的なサイズ(規模)の効能(ポテンシャル)の破壊力を有する事です:

「太陽系のこのスカラー・カップリング(対)は、大きなソヴィエトの戦略的なスカラーEM(電磁)兵器システムの無制限の使用に、主要な歯止めを供給します。もしパルス(衝動)モードで、地上において大きなスカラー効果が産出されれば、地球-太陽と地球-月にシステムのパルス化された障害に結果します。此処に存在する危険は、カップル化されたシステムの自然的なレゾナンスの一つ、または複数が、興奮させられると言う事です。もし太陽のフィードバックの刺激が重大では無くないなら、例えば、その後のある時、1日か2日後としましょうか、大きな太陽黒点の活動に結果するでしょう。もし地球上で大きすぎる、または鋭すぎる刺激が起これば、太陽からのカップル化されたレゾナンスの反応は大災害的に成る事が出来ます。実に、太陽の反応は、その他の効果と共に、太陽が乱暴に(フレアを)吐き出し、私達の生物圏を破壊する様に刺激される事が出来ます。最も単純なこの世の終わり的な刺激は、太陽(電磁)エネルギーと粒子の乱暴な排出が起こる事です。もしこれがレゾナンスによるものなら、太陽(電磁)エネルギーと粒子の排出は、幾らかの減衰時間の期間、継続します。そうなると、聖書的な預言を強く示唆する、地上における激しい破壊が結果するでしょう・・・

「従って、巨大なスカラー(電磁)兵器の使用はもろ刃の剣です。もし慎重に使用されないなら、その兵器の使用は、被害者と同時に使用者にも酷い跳ね返りを与える原因に成り、そして事故的に地球自体の破壊さえ原因するかも知れません。」

スカラー兵器を使用し、その量子的な効能のエネルギーの膨大な滝を、惑星が処理する能力を超えて爆発する地点まで、惑星全体を音響的に振動させるのを、人は想像する事さえ出来るかも知れません。ビャーデン自身は、その兵器のこの不穏な効能に対してはっきり気付いています:

「もし、間違った方法で、太陽と月のフィードバックのループを、そのディスチャージ(解放/放電/発射)がくすぐるなら、貴方は地球の痙攣を得て、太陽の強力な吐き出しは地上に炎の雨と硫黄を降らせ、地球の溶解している中核の内的な熱を乱暴に上昇させ、マントルを通ってその中核が直接、付随的に噴火するでしょう・・・

「何時であれ、人が大きなスカラー(電磁)兵器にスイッチを入れる時、人は直ぐに地球全体を致命的な危険の位置に起きます。微量の間違いで、全ての人々のためにカーテン(幕)が閉じます。そしてそれは、地球にとってもカーテンです。」

その乱暴なスカラーに誘導された音響的な空洞現象を、惑星が処理出来る能力を超えてこの原理が更に延長される事が出来る事を理解するには、少々の想像力のみで十分です。その惑星は乱暴な爆発でそれ自体を飲み込み、(それは)水素爆弾が爆竹の様にに見える程でしょう。

ですが、何にせよ、ビャーデンは、スカラー兵器が惑星をも破壊する効能を有している事を十分に明白にしています。

あらゆる数のメカニズムが今、それら自体を人がどうやってスカラー現象を利用できるかを提案しますが、これらは特定的に、見てこられた様に、その本質において渦巻き的で、非直線的です。人は、惑星的なシステムにおいて凄まじい電気的なエネルギーを発射する事、または惑星の表面に、膨大なプラズマのディスチャージを打ち付ける事を人に許す、「型板」を構築するかも知れません。他の選択肢として人は、標的において、強力な経度的な縦波を創造するために、そのエネルギー自体を使用するかも知れません。どちらの件においても、その爆発の直前に、標的のあらゆる惑星において、莫大な静電現象と音響的な空洞現象が起こるでしょう。

そしてこれは私達を、プラズマ宇宙学と、そして「ペラットの問題」に戻る様にもたらします。そしてその「ペラットの問題」は単純に、太古の観測者達は、実際にその様な現象を - 単なるオーロラ規模のものを遥かに超えて - 天体的な規模で記録した事です。

ペトログリフとアンソニー・ペラット:プラズマ原始物理学

ファレル博士の宇宙戦争、70ページより:

アルヴェーンのプラズマ宇宙学の線に沿った、原始物理学のあらゆる調査のために、ペラットの研究が、とても不可欠なのは、ペラットが尊敬された物理学者であるからだけではなく、より重要な事に、彼の原始物理学的な調査と、太古のアメリカ先住民のペトログリフ(岩などに刻まれた絵など)と、実験室におけるプラズマのディスチャージ(解放/放電)の比較が、論文の連続において、ピア・リヴュー(専門家による検証の)ジャーナルに公表されたためです。これらの論文の内の2つ、「太古において記録された強烈なオーロラのための証拠」と「ペトログリフの起源」は、ペラットがロス・アラモス国立研究所に関わっていた期間に公表され、彼の研究とロス・アラモスの彼の同僚達は、その様な原始物理学の調査に関わっているのではないかという疑問を浮上させました。そして彼のその他の研究の関心の一見は、その様な見解を補佐する様で、これ等に含まれるのが、「高いエネルギー密度のプラズマと強力粒子ビームへの、数字的そして実験的な貢献、慣性的に閉じ込められた融合、爆発的に稼働するパルス(衝動)された発電機、レーザー、強力な力のマイクロウェーヴ源、粒子、高いエネルギー密度現象、宇宙における推進力の新たな概念、そして高いパフォーマンスのコンピューティング」であると同時に、プラズマ宇宙学と宇宙起源論における彼の関心です。ペラットは、よって、軽量級のニュー・エイジの予知者ではありません。対照的に、彼の関心と関連は、政府のブラック・プロジェクト(予算が不明瞭な極秘計画)の権力の廊下の何処かの誰かが、彼の研究が概要する原始物理学の研究の行方を探求する事に真剣な興味を持っている事を、可能な限り強い方法で示唆している様に見えます。

ですがペラットが発見したのは実際に何だったのでしょう?ペラット自身はその件を、科学的な抽象性の控えめな簡潔さと無駄の無さの全てで述べます;「50,000件のデジタル撮影されたペトログリフの収集と分析に基づいて、一般的に数メガ・アンプのZピンチ(つまみ)に関連した、高度に非直線的なプラズマの柱の不安定性の数ダースの分類を私達は確証しました。これが示唆するのは、先史時代の人が、強力で、長く残ったオーロラの現れを記録した事です。」「実験的な不安定性の一時的な進化と、ペトログリフを直接比較する事」によって、ペラットは、「原型的なペトログリフの殆ど全ては、強力で長く残るオーロラにおいて産出されるであろう現象に一致する事」を実証しました。言葉を変えると、多くのペトログリフの一見意味の無い様に見える棒の様な形は、無意味では全く無かったと言う事です。それらは人間達による、天体的そして惑星的な規模の、膨大な電気的そしてプラズマの現象の、正確に記録された観測でした。

あたかもこれが十分では無かったかの如く、ペラットは、2003年12月6日号のプラズマ科学のIEEEトランザクションに現れた、「太古において記録された、高い電流のZピンチ・オーロラ現れの特徴」の彼の長文の記事の中で更により明確にします。其処でペラットは、とても疑う余地無く、「プラズマの安定性と不安定性のデータに沿って、とても多くの原型的ペトログリフは分類される事が出来ると発見されました。同じ形状的な種類は世界中で見つけられるので、その比較が示唆するのは、数千年前にもし、太陽風がその規模において、1段階と2段階の間で増大したとしたら産出されたかも知れない、強力なオーロラの現れです、」と明言します。

私達の目的のために、これは3つの重要な事を示唆します:

(1)人間の先史時代からの、惑星的な規模の巨大なオーロラ現象の、世界中からの確かな証拠があり、示唆しているのはその様な現象を産出出来る物理の存在で:
(2)人間はこの現象と同時代に存在していた、またはその他の知性的な観測者達が存在していて、彼等の知識をひき続いた人類に渡し;そして、
(3)人間は、多かれ少なかれ、正確に、特定のペトログリフの形状の中に記録した。

最後の点が最も重要なのは、彼等がそれを正確に理解したがこの件で、彼等が産出したかは、まだ論点では無い為です。

この最後の最も重要な観測をした後、しかしながら、ペラット自身が彼の記事の本文を以下の様に始めるのは高度に暗示的でありパラドックス的です:

「1962年7月9日、米国は、ジョンソン島の上空400kmの大気中において、1.4メガトンの熱核爆弾を爆発させました。その出来事はプラズマを産出し、その最初の球体的な形は、プラズマのエレクトロンとイオンが地球の磁場に沿って流れ、人工的なオーロラを産出したので、数分間の内に真っ直ぐに成りました。人工的なオーロラに付随したのは、太平洋の広い範囲の上のラジオ通信の低落、監視衛星の電気機器の破壊、そしてハワイ程遠くまでの電力の回路の幾つかに影響した電磁パルスです。」

言い換えると、現代物理学そしてそれに関連した科学技術の台頭においてのみ、その様な大規模なプラズマとオーロラの現象が本当に理解されるのは、実験室においてそれが、人工的に産出され、研究される事を許すのは、これ等の科学技術のみだからです。この件においての「実験室」は地球の磁場全体で、そして大気的に爆発させられた1.4メガトンの水素爆弾と、太古の人間が同様の大規模なオーロラ効果を観測した事は、本当に何を示唆するのか、人に一時停止を与えるべきです。

何であれ、彼の記事をこの思考を刺激する方法を持って始め、ペラットは直ぐに、オーロラ的プラズマの柱と現象の特徴の科学的な熟考を始めます。これらのプラズマの不安定性は、2つの基本的な形状で現れ、そして電磁的なフリクエンシー(振動率/周波数)の広い範囲で観測されます。不安定性の最初の種類はドーナッツ型、または渦巻き的構造の「柱」の多くの種類です。2つ目の種類は「シーツ」です。ペラットは、最初の種類は「直径数百キロ」を有するかも知れず、その間シーツは10キロ程の広さでしょうと記述します。地球の大気の中において自然的に起こる赤、緑、そして青のオーロラは、大気の中の窒素と酸素の原子が、それらのプラズマの状態から「非興奮化」される自然的な結果だと簡単に説明されます。

実験室で様々な「ミニ・プラズマ」の幾何学を産出する事において、米国電力庁の「ロス・アラモス国立研究所とサンディア研究所の、パルスされた-力の研究所から」、データは得られました。加えて、米国とロシアからの「高度に-爆発的な発電機」はまた、そのデータのセットに貢献しました。電流は数百キロアンプと150メガ-アンプの範囲でした。

最も重要な事に、その幾何学自体は、「オーロラの様なプラズマの流入をシュミレートするために、ガスの放出に高ヴォルテージのパルスを応用する事によって派生させられ・・・そして高速度の衝撃波を産出するために、入れ子状にされた筒状のフォイルによって同中心のプラズマのシーツは形状されました。」結果した美しく喚情的な幾何学は、「直径数センチで、長さ203センチ」でした。

ですがこれはペトログリフとどう関係があるのでしょう?そしてその全ては原始物理学と太古の間惑星戦争の可能なテーゼとどう関係するのでしょう?

再び、ペラットが彼の論文の中で方向を示すのは、その科学的なテクニカル性にも拘らず、その焦点はプラズマの幾何学自体では無く、それらの太古のペトログリフとの、そっくりな類似性です。特に、ペラットは彼の集中を、紀元前10,000年から紀元前2000年までのデータと考えられるペトログリフに集中させます。これが重要なのは、「戦争」のシナリオのあらゆる最終的な年代設定のためのもう一つのアンカー地点に成るかも知れないためで、そして私達が見る様に、それは大参事的な出来事のための、最新の可能な一時的な窓枠の中に当てはまります。

ペラットの、ペトログリフとプラズマの不安定性の幾何学の比較の紹介において、私は比較的神学者、デーヴィッド・タルボットとオーストラリアの物理学者、ウォレス・ソーンヒルの、彼の研究の素晴らしいまとめであり、巧みで思考を刺激する本で、この章がその題名になった神々の稲妻に頼ります。タルボットとソーンヒルの研究は、ペラットの広い研究の適切なまとめで、そのより顕著な点を反復し、そしてその文化的そして歴史的に示唆する事を大いに拡張します。ペトログリフの最も一般的な一つは「しゃがんだ男」と呼ばれるもので、その「胴」の両脇に2つの点がある明らかに人型の棒の形です。世界中から見つけられ、最も共通的な形状は、早期のアメリカ先住民のヴァージョンです。

「しゃがむ男」
1squatter2.jpg


その様な文化を、原始的以上の何ものでも無いとしか見解出来なかった人類学者達によってこれらのピクトグラムに与えられたその様な専門語は、大事な事を見逃していたかも知れず、ペラットによると、それらは柱的なプラズマの不安定を示唆するかも知れず、実に、そっくりな類似性を有します。

三次元的なプラズマの不安定性、左と、右の二次元的なアナログのペラットの比較
2.jpg


上の比較が示す様に、「しゃがむ男」のペトログリフは、膨大なオーロラ的現象の二次元的な記録でしかないかも知れず、胴の両脇の2つの点は、その様な不安定性が持つであろう様々なドーナッツ型の形状なのかも知れません。

しかし、もう一つのその様な比較は、もう一つのペトログリフによって示される様に見える、「重ねられたトーラス(円環面)」の柱的な不安定性です。(左)

3images


タルボットとソーンヒルの上の解釈が示すように、このペトログリフはアリゾナのKayentaからのアメリカ先住民のものですが、プラズマ物理学へのもう一つの確認可能な関連を与えるだけでなく、また、「原始的」な人は、私達が信じ込まされた程、原始的では無く、彼が目撃した現象と出来事の正確な記録者だった事を実証します。これがとても重要な問いに焦点を当てるのは、もしこれらの太古の人間の観測者達が、彼等の神話や芸術的な働きにおけるその様な現象の正確な記録者であり観測者なら、何故人は、大災害主義がする様に、彼等はその様な凄い天体的な現象を正確に記録したと言うのに、これ等の同じ文化が頻繁に、その様な現象は雷と石で戦われた、神々の戦争の結果だと示す時に、彼等は単なる隠喩の製造者達、または不正確な記録者達と、彼等を否定するのでしょう?私達はこの本全体を通してこの点に何度も何度も戻ります。

ペトログリフ

1thungods2_24b

神聖な兵器

ファレル博士の宇宙戦争、76ページより:

ペラットのプラズマの不安定性の幾何学と、太古の描写の最も興味深い比較は、ペラットでは無く、タルボットとソーンヒル自身から来ます。太古の芸術において一般的に描写されたバビロニアの神、ニヌルタの「神聖な稲妻」の以下の描写を使い、彼等は実験室におけるプラズマのディスチャージ(解放/放電)の、驚く程に類似したモデルを比較します。

稲妻を手に持つニヌルタ
1ninurta.jpg


ニヌルタの神聖な武器とプラズマのディスチャージの比較
2Thunderbolt and Plasma


加えて、その比較はバビロニアに限られていません。「ゼウスの稲妻」の様々なギリシャの描写は、同じプラズマの幾何学の描写を有しています:

ゼウスの稲妻の様々な描写
3Thunderbolts, many


更にもっと思考を刺激する比較は、この稲妻の複数の尻尾の「熊手」のギリシャの描写と類似した、実験室で派生させられたプラズマのディスチャージで成されます:

複数の尻尾のギリシャの稲妻の「熊手」
4thungods2_24c.gif


実験室における「熊手」型のプラズマのディスチャージ
5thungods2_26b


上にあるのはペラットによって行われた多くの興味深い比較と、タルボットとソーンヒルの神々の稲妻の中の彼等の素晴らしい研究の極一部のサンプルですが、プラズマ物理学が太古の芸術の原始物理的な検証を、新たな、そして詳細な - そしてペラットのケースでは科学的にピア・リビュー(専門家に検証)された - レベルまでもたらした事を実証するのに十分でしょう。

太陽系における惑星規模のディスチャージの証拠

前述の考慮の全てに加えて、太陽系の様々な天体が、それらの表面に傷を残した巨大な静電的ディスチャージを経験した証拠があります。その様な巨大なディスチャージは、人によって地球から辛うじて見えるのに十分に大きかったかも知れません。考慮されるべき証拠の一つの分類は、一般通常の惑星的地学の理論では、一時的な流れる水、または幾つかのケースでは、溶岩の流れの結果とされる裂溝と呼ばれるものです。その様な窪がその様な方法で正に形成される間、巨大な雷の衝撃のメカニズムによって創造された証拠を見せる裂溝があります。その様な裂溝の一つは、地球に最も近いご近所の、月のヒギヌス裂溝です。

月の表面のヒギヌス裂溝
6Huy


この裂溝の円形の「穴」に注目して下さい。その様な穴は、物理学者のウォレス・ソーンヒルによると、巨大な静電的ディスチャージによって創造された溝の典型的な特徴です。

木星の月の一つ、エウロパは、巨大なディスチャージの、更にもっと劇的な証拠を見せ、プラズマの繊維の「コークスクリュー(コルク抜き)」効果の典型的な特徴を現しています。

木星の月、エウロパのコークスクリュー・ディスチャージのパターン
7Galileo-Explores-Europa.gif


ウォレス・ソーンヒルのこの種の証拠の特徴化は以下の様にまとめられ、惑星と月のクレーターと、実験室において電気的なディスチャージによって創造されたものの比較に注目します:

「両方が完璧な円形に成る傾向があるのは、電気的なアーク(電弧)は表面に対して常に垂直に衝撃するためです。壁は殆ど垂直で、地面(底)は、アークの円形の運動(螺旋)が機械的にクレーターを掘るので、殆ど平らです。(隕石などの)衝撃と爆発のクレーターは、対照的に、お椀型に成る傾向があります:地表から持ち上げられる代わりに、掘られた地面は衝撃による転置を経験し、その衝撃の期間、水に類似した方法で、砕けて流れます。

「電気的に派生させられたクレーターのもう一つの共通的な特徴は、横に沿ったテラス化で、アークの回転的運動に続き、時には底面までコルク抜きします。月と火星の両方がテラス化とコルク抜きのクレーターの多くの例を供給します。」

これ等の熟考が示唆するのは、太陽系はその昔、今よりも遥かに、電気的に活発だったと言う事です。

ですが恐らく最も重要で - そして実際の戦争がその様な傷の原因だったとする立ち位置から - 巨大な電気的なディスチャージによるこの惑星的な広さのための重大な証拠の欠片は、地球の最も近い近所、火星にあり、その巨大なマリネリスの谷は、長さ4,000キロ、最大幅700キロで、「場所によっては、深さ600キロの峡谷です。」これはこの高度に異例な惑星的特徴の唯一の謎ではありません。火星の表面の約200万立方キロメートルが、比べられる明らかな蓄積物の場も無く、無くされています(i.e.宇宙に放出されている)。

火星のマリネリス峡谷:巨大な電気的なディスチャージの傷の証拠
8Valles_Marineris.jpeg


これは、しかしながら、マリネリス峡谷についての唯一の異常ではありません・・・

Thunderbolts of the Gods | Official Movie


THUNDERBOLTS OF THE GODS(第一章)
THE COSMIC THUNDERBOLT IN MYTH AND SCIENCE(第一章)

プラズマの「繊維」:2本の電流とその周りの磁場

ウォレス・ソーンヒルは、古典的な神話学の太古のテーマを研究していて、そしてマリネリス峡谷を知っていた、比較神話学者、デーヴィッド・タルボットがその物理学者に接触しようと決めた際に、初めて接触されました。タルボットが気付いたのは、太古の神話の幾つかにおける「スカーフェイス(傷のついた顔)のモチーフ」でした。このモチーフは、多くの文化に共通的で、「戦士-神(武神)の内の一人で、動乱の時に、彼の額、顔、または太ももに裂ける傷を負う者です」。ですがそれを、神話的な英雄が受けた単なる「個人的な」傷と考えるのは過ちでしょう。それは、むしろ、戦場において、人間の戦士達が彼等自身を鼓舞するために祀った戦士-神の天体的な原型/典型に関連しているでしょう。早期の天文学において、この戦士の典型は特定の惑星 - 火星に - 一致させられました。

タルボットはすぐさま異なった形状で、「ペラットの問題」を再び浮上させ、以下は実際に可能だろうかと尋ねました:

「言及された火星の「傷つけ」は実際の出来事でしょうか?「私は火星の最初の(衛星)マリナ―の写真を見た事を覚えています、」とタルボットは呼び起こします。「それはその惑星の表面を渡って裂く凄まじい割れ目を見せていました。十分な距離からでも、それは傷痕の様に見え・・・その瞬間、私は、私達の太陽系の各惑星と各月の中で、火星唯一が、戦士-神の傷の類似性を見せていると気付きました。」

神話の背後には、言葉を変えると、正に本当の出来事があり: - もし、原始物理学的な見解から、真剣に取られるなら - 神話がそうすると言う正にその場所 - 火星で - 科学と神話が合流しました。

(古代)ギリシャの火星である、戦士-神アレスの傷は本当でした。

ですがこれはすぐさま2つの問いを浮上させ、最初の一つはタルボット自身によって尋ねられました:

1.「マリネリス峡谷程、大規模なものが、惑星間の落雷によって削られる事が出来るのでしょうか?」
2.誰かが - 人間であれ、その他であれ - その出来事を地球またはその他から、実際にその出来事を観測し、そして記録したのでしょうか?

最初の問いが、これらのディスチャージ(解放/放電)は、太陽系がまだ若く、電気的に流動的だった時からの、太陽系全体の間惑星的な「アーク(電弧/落雷)」の巨大な証拠とするタルボットとソーンヒルの論説の一つの特徴を示唆する間、その問い自体の姿を見失わないのは重要で:その様な地学的な特徴は、莫大ですが、電気的なディスチャージによって削られる事が出来るのでしょうか?「マリネリス峡谷は稲妻によって原因される事が出来るのでしょうか?」と、タルボットはソーンヒルに尋ねました。

ソーンヒルは、「それは、それ以外のものである事は出来ません、」と返答しました。

「・・・マリネリス峡谷は、火星の表面を渡って一掃している巨大な電気的なアークによって、数分間の内に創造されました、」とソーンヒルは主張します。「その岩と土は宇宙へと放出されました。それらの幾らかは、その惑星の周りに落下して戻り、(探査衛星)ヴァイキング・ランダースとパスファインダーの両方によって目撃された、大きな散りばめられた岩の場を創造しました。」

マリネリス峡谷の「巨大な割れ目」は故に、2つの世界観:「神話の劇的で、歴史的な世界観と、科学の客観的で、物理的な世界観の合流を体現します。」

もしそれがそうであるならば、しかしながら、それは2番目の問いを不確かな条件で浮上させます。太古の神話、芸術、そしてペトログリフ(岩に刻まれた絵など)のシンボル/象徴は、どうやって惑星的な傷痕の伝説を保存する事ができ、プラズマ繊維の複雑な実の形、重なったトーラス(円環面)、お互いに編み合う電流、そしてプラズマのピンチ(つまみ)の効果を正確に記録する事が出来たのでしょう?

実質的な可能性は3つしかありません:

1.古代人達自身が、プラズマ宇宙学と物理学を有し、そして実験室の実験から、ペラットのペトログリフによって実証されたパターンを良く知っていました。彼等は、何らかの変わった理由のために、典型的なペトログリフと神話的なシンボルの中に、神話と伝説を創造する事によって、彼等の知識を隠しました。ですがこれが示唆するのは、観測された種のプラズマ効果を創造するための、少なくとも私達自身のものと同等に進歩した、科学技術が前提にある事です。
2.(現人類以外の)誰かが、これ等の物事の全てを有していて、そして実際にこの知識を太古の人に伝達し、そしてその後(太古の人達が)神話的な拡大解釈と共に、その基本的な概念を装飾しました。
3.太古の人が実際に、観測し、彼が見たものを多かれ少なかれ正確に、神話、芸術的なシンボル、そしてペトログリフの中に記録しました。

人がどちらの選択肢を選ぶに関わり無く、人には「ペラットの問題」のもう一つの不穏な要素が残され、そしてそれは、太古の人類が目撃し、彼等の芸術と神話の原型に記録した大災害が何であれ、その目撃された大災害は、ヴァン・フランダースの爆発した惑星の理論と、ハンツ・アルヴェーンの電気的に流動的な太陽系の理論の、年代決定的なパラメーターの外側に落ち着く様に現れるのは、その両方のケースにおいて、これ等の理論によって描写された出来事または状態は、数百万年前に起こったためです。しかし芸術的なシンボル、神話、そしてペラットのペトログリフ自体は全て、たった数千年の古さのものです。

人がどうそれを輪切りにしようとも、「ペラットの問題」に潜在的な問題要素において様々な科学がその矛盾に関わるのは、一方でもし人間達がこれらの出来事を観測したのだとしたら、描写された出来事が、それらを説明出来る2つの物理学の理論が許すより、もっと最近の出来事であるか、または人類は、現代の古生物学、人類学、そして歴史学的な理論が許すよりも、もっと昔から存在していたかのどちらかです。後者の場合、追加的な問題が浮上し、それが暗示するのは、人類が、数百万年を超えて、驚くべき一貫性と正確性で、彼(等)の芸術的そして神話的な原型を保った事です。

その芸術的な記録のこの正確性 - プラズマのディスチャージの微妙さをとらえる事によって、「神聖な兵器」を描写したペトログリフと太古の芸術の働き - それ自体が問題的なのは、私達が次の章で見る様に、学者、アラン・アルフォードによって最も素晴らしく信奉された大災害論者の見解は、順を追って、神々の戦争への全ての神話的な言及は、爆発した惑星のカルトのための隠喩でしかないとするためです。もしそれがそうであったなら、惑星を円形の球体として描写する能力が確かにあった古代人達は、何故その様に描写しなかったのでしょう?何故、それらに腕や足を与え、顔や髭を与え、そして電気的なプラズマ現象の驚く程正確な描写である稲妻を与えたのでしょう?そして何故、その様な巨大な力のへ表現の、科学技術を与えただけでなく、彼等にそれを使う個性と同期を帰属させたのでしょう?

正に何故で、もし彼等が実際の戦争における実際の出来事を描写していないならです。




  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

宇宙戦争 第一章:爆発した惑星論の歴史

パート1: 背景の稲妻、石、そして渦巻き

ヴァン・フランダーンの爆発した惑星の理論は、もし人が非自然的な爆発を唯一受け入れるなら、意味を成しますと私は提案しましょう。勿論、これが幾つもの段階において異端的なのは、その説明がどうにかして火星上の人工遺物の存在の可能性を含まなければならないのと同時に、仮定された火星の以前の母星上の高度な科学技術的な文化の説明を含まなければならないためです。奇妙にも、エアンド・ビンダーの宇宙ピラミッドの謎の啓示的なクライマックスが頭をよぎります。ビンダーの小説の中で、その小惑星ベルトは、太陽系全体のエネルギーを利用した、集中された重力の攻撃によって形成されました。その題名のピラミッドは本質的に、時空間を操作するために使用された重力発生器でした。
- マック・トーンズ
火星的なアポカリプスの後: 地球外的な人工遺物と火星探索のための主張、47ページ。

「現実は、例え話を常に超越します。」
ピーター・ラヴェンダの邪悪な勢力: アメリカの政治的な黒魔術のグリモア、第三巻: メイソンの秘密の序文からのポール・クラスナーの言葉。

第一章:
近代のアルマゲドン、太古の大災害: 大災害が科学技術に直面し、そして失われたもの


「奇妙にも、ワーナー・ヴォン・ブラウンは私に、最初にロシア人達が敵として考えられるだろうと教えました・・・その後、テロリスト達が敵とされ、そしてそのすぐ後に続きました・・・それから私達は、第三世界(後進国/中東)の国を『気違い』として敵にします。私達は此処でそれらを問題の国々と呼びます。ですが彼は、私達がそれらに対して宇宙に基づいた兵器を開発する、第三の敵があるであろうと言いました。その次の敵は隕石でした。此処で、この時点において、彼がそれを最初に言った時、彼はある意味、クスクス笑いました。隕石 - 隕石に対して私達は宇宙に基づいた兵器を開発する事に成ります。そして全てにおいて最もおかしいのは、彼がエイリアン達と呼んだもので、宇宙人達です。」
- キャロル・ロージン博士


世界の主要な権力のウォー・ルームは、陰気な活動で忙しく、シンク・タンクの正確性と献身性と共に(戦争)ゲームを行い、世界規模のアルマゲドンを回避し、そして世界を救うために、矛盾にも、惑星を破壊する科学技術で遊んでいます。

モスクワにおいて、クレムリンの地下深くの強化されたバンカー(掩蔽壕)の中で、ロシアの大統領、ヴァレリー・ピシュツォフと彼の防衛コマンドの幹部が、彼等の選択肢を熱心に論議しています。幹部達の幾らかは、彼等の膨大な地域破壊的な水素爆弾を、一斉に使用し、そして突然で、決定的な、大規模な攻撃において、敵を粉々に吹き飛ばす事を強く助言します。その他の幹部達は、その様な徹底的な攻撃に対して慎重に測り、その様な攻撃からの放射能の雨は、(敵からの)危険自体と殆ど同じほど危険であると、その大統領に助言します。

北京では、同じようなバンカーの中で、中国の拡大して行っている防衛の首脳陣達の北京官話は、中国の大統領、ダング・メイ・ルックと共に、より繊細な方法のために論議しています。恐らく、丁度良く、正確に標的された反撃と共に、正しい方向に軽く「押す」事によってその攻撃を避け、故にその大災害を回避する事は可能かも知れないと、彼等は議論します。それは典型的な武道のアプローチで、戦争の東洋的な伝統に染みついたもので:敵の強さと量を、敵に対して利用します。

ヨーロッパにおいては、各政府の防衛大臣達と首相達が、ドイツの首相、アンジェリーン・マークワーディグリ―ブによってベルリンに召集され、国連の安全保障理事会議における国際的な外交努力を求め、もし世界の権力のどれかが、よく練られておらず、そして早まった軍事的な対応において、悪玉に対して一方的に攻撃する事を決定すれば、悲惨で政治的な成り行きに成ると警告し、その間、外では、ネオ・ファシストのスキンヘッドのグループがデモをし、ヨーロッパのそれぞれの権力が、それらの多大な軍事的、そして科学技術的な筋肉を奮わせ、悪玉を排除し、ヨーロッパは今でも「プレーヤー」であると、感謝を示す世界に証明せよと要求しています。中では、その代表者達の幾らかは、外側のデモに十分に気付いていて、繊細で東洋的なアプローチの変形であり:ロシア人達のスレッジ・ハンマー的な水爆のアプローチでも、中国的で限定的な核爆弾でも無く、宇宙に基づいたレーザーと、その他のエキゾチック(珍しい)な、方向づけられたエネルギー兵器による、科学技術的に先進的な「後押し」、「舳先をかすめる警砲」のアプローチを呼びかけます。このアプローチを引っ張るのは、ヨーロッパの四大権力、フランス、英国、ドイツ、そしてイタリアです。ヨーロッパの地政学的な現実は、フランス-プロシア戦争以来変化していないので、その他のヨーロッパの国々の代表達は、彼等の椅子の上で神経質にモジモジしていますが、最終的に黙って従います:それらの四大国家は、未だにヨーロッパの金融的、科学技術的、そして軍事力的な影響力を有します。それら以外は、まあ、唯の相乗りです。

米国においては、特別で大統領権限的な「青いリボンの委員会」が、内密にでは無いにしても緊急に、大統領、ジョーダン・ウォルター・シュルブの命令で召集されました。その委員会は、国家安全保障委員会、ペンタゴンの将軍達と提督達、様々な科学者達、技術開発者達、経済学者達、そしてメディアの専門家達によって構成されていました。典型的に、その委員会は、その他の首都において論議されていた選択肢の全てを測り、それらの全てを推進すると同時に、それらの全てを否定し、「慎重だが、決定的な行動」を強く勧め、「アメリカの一方的な軍事主義(ご都合主義)」と知覚されるであろうものの、政治的な結果を軽減する様に国務省に呼びかけました。議会的な野党はその間、米国政府は何年も前から悪玉の危険性について知っていたと言うあらゆる示唆を与えているのに、その危険性を避けるために何もしてこなかった事についての公聴会を呼びかけました。そして典型的な方法で、議会的な野党の、より急進的な党員達は、彼等自身の退役軍人と科学の専門家達を呼び出し、彼等は危険性など全く無く、それは何らかの重大なダメージをする事が出来る前に、それ自体の内的なストレスによって崩壊するであろうと主張しました。インターネットのチャット・ルームとディスカッション・グループ内の、更にもっと過激な要素は、政府が、それ自体の得のために、その危険性を造りだし、または最低限でも、その権力を拡張するために利用しようとしているとまで提案しました。ですが野党は、一つの事については明らかで:それが外的な宇宙を軍事化するために使われ、言い訳にされるので、その危険性に対する軍事活動は取られるべきでは無いと言う事でした。

そして其処には最後のプレーヤーがいて、最も意外なものでした。ブラジルのサンパウロにおいて、将軍達、科学者達、そして閣僚達の小規模のエリートの幹部達が、コニャックと葉巻を持ちながら、大統領室に集まり、ブラジルの大統領が、関係各国に、その危険性に対処するために、大量の水爆による「優しい」核爆弾的な後押しも、レーザー、量子加速器、またはフェーズされたプラズマ砲による先進的な完全破壊も必要としない、ブラジル自体のとても独特な科学技術を提供する事を気楽に助言しました。その論議はリラックスしつつも誠心誠意で、その他の世界中の首都における、陰気で浸透している緊急の論議の雰囲気を全く持っていませんでした。

「地球はこの危険性を以前にも経験し、そして生命の全ては、殆ど絶滅しかけました。私達は恐竜が、少なくとも、そのせいで絶滅したと、ほぼ、確信しています。ですが今、私達はそれについて何かを行う事が可能で、そして更なるその様な大災害を経験する必要はありません。大統領、私は、貴方がその兵器を使用し、世界にそれを利用可能にする事を強く助言するのは、何故なら私達は、ロシア人達も、ドイツ人達も、日本人達も、絶対的にそうしなければならなくなるまで、その兵器の彼等自身の所有を明かさないであろうと確信するためで、そしてそうであるために、私達は彼等がそうしないであろう機会をリスクする事が出来ず、そして私達は、ロシア人達、中国人達、またはアメリカ人達が、核攻撃を行う事を許す事が出来ないためです」と、一人の古生物学者が、完璧でエレガントなポルトガル語で言いました。ブラジルの大統領は、彼の葉巻を吸いながら、同意してうなずきました。

その「悪玉の危険性」は殺傷的な隕石で、直径において1キロメートル以上で、約9か月後に地球と間違い無く衝突する軌道にあります。それが衝突した時、それは10,000メガトンの TNT に匹敵するエネルギーを解放し、それは人類が今までに試験した最大の水素爆弾の百倍に相当します。それは大気圏の中へと、息のつまる塵の雲を噴き上げ、知られざる、永続的で大災害的な方法で、地球の気候を変化させ、そして地球上から全ての生物を排除するかも知れません。

A. 殺傷的な隕石と爆発した惑星の理論

上記に概要されたシナリオが、間惑星的な宇宙戦争は言うまでも無く、太古の、失われた、科学技術的に先進的な文明からは程遠い様に見える間、それが恐らく、それらの題材の論議への最善の入り口に成るのは、現代の殺傷的な隕石の衝突のシナリオは、地球上の類似した先史的な衝突の証拠の上に基づいているためで、実際にそのうちの一つは、6500万年の恐竜の絶滅と、哺乳類の台頭の原因であったと考えられています。その様なシナリオは、世界の科学技術的に先進的な権力達の軍部の主要な関心に成りました。更に320万年前の「小規模」な出来事が、一般的な論説によると、人類の最も初期の類人猿的な先祖達の台頭と一致しました。それらの2つの日付けは、これから見られる様に、爆発した惑星の理論の発展においてとても重要に成り、そして故に宇宙戦争の論説においても重要に成ります。

私のギザの死の星三部作の最後の2冊、ギザの死の星は使用されたギザの死の星は破壊されたの中で、「スカラー」、または「量子ポテンシャル」兵器の膨大なエネルギーを利用した、意図的な破壊の被害者であった、私達の太陽系の爆発した惑星のシナリオに、私は言及しました。そうする事において、私はトム・ヴァン・フランダーン博士の爆発した惑星の理論を概要しました。私達の着目は今、そのシナリオと太古の間惑星的な戦争自体なので、あらゆる端的なまとめを表すにおいて必然的に派生する不正確さを正すと同時に、彼の理論と、その様な宇宙的な戦争へのその示唆をより完全に理解するために、彼の理論が更に詳細に概要されなければなりません。

1.爆発した惑星論の歴史

爆発した惑星の論説の歴史は、18世紀に、ドイツ人の天文学者、ヨハン・ダニエル・ティティウスとヨハン・Ehlert・ボードによって、最初に提案されたために、ボードの法則、またはティティウス-ボードの法則と呼ばれる、変わった天文学的な法則と共に実際に始まります。基本的に、両方の天文学者達は、太陽からの各惑星の軌道的な距離が、整った調和的な一連に成る事に気付きました。その一連は、単純な数字的な連続、0,1,2,4,8,16,32,128,256と共に始める事によって得られます。これを3倍にすると、0,3,12,24,48,96,192,384,768に成ります。これに4を足すと、4,7,10,16,28,52,100,196,388,772に成ります。地球の距離を「10」に設定すると、水星は4で、金星は7.2で、火星は15.2で、そして木星が52.0で、それらの実際の軌道は、その一連とほぼ同じの線でした。ですが天文学者達が気付いたのは、その法則の予測によるとあるはずの、その一連における数字24にあたるはずの惑星が無い事でした。消失している惑星のための探索がすぐさま始まりました。現代の爆発した惑星の研究者で天文学者のトム・ヴァン・フランダーン博士は、この歴史を、彼の著書、ダーク・マター、消失している惑星、そして新たな彗星の中でこの様に記述しています:

「天文学者、ダニエル・ティティウスは、惑星の間隔についての奇妙な事実に気付きました:それぞれの知られている惑星は、一つ前のものの、太陽からの距離の約2倍ですが、一つの例外があり、それは火星と木星の間のギャップ(隙間)でした。そのギャップは、もう一つの惑星を保つために、丁度良いサイズでした。天文学者、ヨハン・ボードは、1778年に、この奇妙な事実を「法則」として発表しました。1781年に成るまで、それはあまり考えられませんでしたが、ウイリアム・ハーシェルが、7番目の惑星、天王星を発見すると、ボードの法則に素晴らしく一致している事が見つけられました。これは、その法則に予測されているのに、消失している惑星に注目を集めました。」

その問題が素早く解決されたのは、1801年1月1日に、イタリア人の天文学者、ジョセッペ・ピアッチによって「観測中に、消失していた惑星が発見された」ためです。その新たな惑星は、ティティウス-ボードの法則が、あるはずと予測した場所に実に正確にありました。それはセレスと言う名を与えられました。

ですが更なる問題があり、そしてそれは重大なものでした。その新たな「惑星」は、その他の惑星と比較されると、驚く程小粒で、大きなサイズの月に成るにも十分ではありませんでした。その年の後半に、太陽からの殆ど同等の軌道上に、更にもう一つのミニチュアの「惑星」が発見され、パラスと言う名前を与えられると、その問題は直ぐに拡大されました。ティティウス-ボードの法則によれば、1つの大きな惑星があるべき処に、1つの小さい惑星どころか、2つの小惑星があり、そしてそれらの両方は月よりも大きくありませんでした。

この時点で、ドイツ人の天文学者、ハインリッヒ・オルバーズがその現象を説明するための、大胆な新たな理論を提案しました:「大きな惑星は爆発しました!」と。故にオルバーズは、更に多くのミニチュアな「惑星」が多かれ少なかれ同じ軌道上で発見され、それらの欠片は不均一な形なので、それらが自転する際に明るさが異なるだろうと予測しました。爆発した惑星の論説は、1814年にフランス人の天文学者、ルイス・ラグランジが、その起源と、爆発の自然的な副産物である、彗星の異常に細長い軌道を説明する事によって、拡張されました。

しかしながら、オルバーズとラグランジの爆発理論にとって残念な事に、有名で、高く尊敬されていた天文学者、ラプレイスが「幾つかの合理的な論議」を公表し、そしてその理論は断続されました。

「この地位の高い天文学者による攻撃は、惑星的な爆発理論を、その後175年近く冷遇へと負い去りました。その期間、(その理論に)賛成と反対の両方の、色々な新たな証拠と論議が現れましたが、天文学者達は全体的に、より通説的な説明を信じていました。1948年にブラウンとパターソンによって隕石の定義的な法則が発表され、それにおいて彼等が、隕石は元々、より大きな惑星の一部だったという否定できない証拠があったと結論しても、天文学者達の殆どが説得される事は無く・・・彼等は一般的に、火星と木星の間にある何千もの小規模な惑星は、爆発した1つの惑星よりもむしろ、1つ(の惑星)に形成しなかったものと信じていました。」

その後、1972年に、爆発する惑星の理論は、カナダ人の天文学者、マイケル・オーヴェンデンがボードの法則を生き返らせ、再検証した時に、最誕へと最初に一押しされました。

オーヴェンデンは、元々のティティウス-ボードの法則よりも、更にもっと複雑な数学的フォーミュラを生み出し、新たなフォーミュラは「惑星の間隔を予測する」だけでなく、「それらの主要な衛星」も予測しました。ですがそれが全てだったわけではありませんでした。

「(彼は)また、小規模な惑星が旋回しているエリアから、一つの惑星が消失していると言う結論に辿り着きました。ですがオーヴェンデンはそれが、土星規模の大きな惑星だったはずで、その他のそれぞれの惑星を一つにまとめたのより大きかったと予測しました。これは、以前までは考えられていなかった、重要な可能性でした。それが意味したのは、惑星を破壊した出来事に含まれていたエネルギーが膨大だったと言う事です。それがまた意味したのはその破片の殆どが太陽系から完全に吹き飛ばされたと言う事です。」

惑星が爆発するために必要とされる膨大なエネルギーと、加えてそれらが何故そうしなければならないかの可能なモデルは、私達が見に行く様に、爆発する惑星の理論において、最も重大な難しさです。

2.爆発した惑星の理論の説明力と予測力

a. 小惑星と隕石


しかしながら、惑星が爆発するために必要な膨大なエネルギーの問題に加えて、自然的な原因によってその様な出来事が説明されるかも知れない、可能な物理的で追加的な問題は言うまでも無く、爆発した惑星の理論は、膨大な説明的、そして予測的な力を有し、その説明的、そして予測的な力は、同年代的な天文学の中で好まれた理論を遥かに超えます。

例えば、その理論は隕石の発生のために十分以上な説明をするだけでなく、それらのより異例的な幾つかの特徴も説明します:

「それらの幾つかは大昔に、あたかもそれらが膨大な熱の突風によって影響された様な、急激な溶解の証拠を見せます。幾つかの隕石は、大きな惑星の内部の様な、高い温度、または高い圧力の中でそれらが形成された証拠を見せ;例えば小粒のダイアモンドが、隕石において時折報告されています。そして膨大なエネルギーの出来事への露出の特定の証拠があり、それを通説的な論説は近隣のスーパーノヴァであったとします。」

更に加えて、「外側の太陽系」における大気の無いそれらの天体は、「極度に黒い物質で覆われています。これは、その突風からの炭素質の残りかも知れません。」加えて、海王星の月の幾つかはロシェ―・リミットの中にあり、「其処では潮のストレスが、形成中の天体を引き裂いてしまいます。」この潮のストレスについての点を覚えておいてもらいたいのは、それが直ぐに最重要に成るためです。これが意味するのは単純に、それらの「小さい月」が単純に、それらの現在の軌道の近くでは形成される事が出来なかった事で、キャプチャー(取り入れ)の結果を意味し、そしてこの現象のために「爆発した惑星の理論は、自然的な起源を供給します。」

そして隕石の幾らかにおけるダイアモンドの存在について、これは隕石の唯一の異例的な特徴では無く、その理論はそれを説明する助けに成ります。それらの存在は実際に、何人かの天文学者達が、惑星的な爆発の突然の衝撃と、高温、高圧力の環境を必要としない、「宇宙内の衝突」、または「大気圏突入中、または地球との衝突の衝撃」からのそれらの形成のための、奇抜でそれまで知られていなかったメカニズムを提案する事に繋がりました。ですが、エイビーと名付けられた衝撃されていない一つの隕石があり、其処ではそれらの提案は一つも「機能する事が出来ません。」更に加えて、地球上の地学的な K/T 境界線(65,000,000年前)において見つけられるダイアモンドがあり、「地球外的な起源であると確認されており」、そしてそれはよって地球との衝撃によって派生されたものである事が出来ません。

ですが、もう一つの異例な特徴がその理論によって説明されます。ヴァン・フランダーンはこう述べます:

「小惑星は、それらの軌道的な要素の配分において「爆発的なサイン」を表します。軌道的な要素 「a」(準-メジャーな軸)、「e」(奇抜性)、そして「I」(傾き)は、軌道上で爆発した地球の人工衛星からの破片の中で最初に見つけられ、そして小惑星ベルトにも同様に通用すると見つけられました。」

その理論は、「潮の力と衝突が、数10億年程の(天文学的に)短い時間においてではありませんが、太陽系の歳(誕生してから)遥かに短い時間で小級の惑星の衛星の殆どを排除したはずであるべきなのに、何故それらの小惑星の幾つかが、それら自体の衛星を持っている様に現れるかを説明します。言い換えると、その中にそれら自体の小さな衛星を有する小惑星を私達が見つける、小惑星ベルトの形成に繋がった出来事は、天文学的な時間(の単位)に限っては、比較的に「最近」で、過去、数百万年の内に起こったはずだと言う事です。私達が直ぐに発見する様に、この出来事のタイミングは、爆発した惑星と、宇宙戦争の論説の両方において、膨大な重要性に成ります。

b. 彗星

爆発した惑星の理論が最初に、小惑星の存在を説明するために、オルバースによって形成された間、ラグランジは直ぐに、その説明力の更にもっと興味深い要素を見つけました:それは、彗星の面長/楕円形にされた軌道の存在と、それらの大きな軌道的周期のための説明を十分にするだけで無く、それ等の起源のためにも十分に説明しました。それはまた、彗星のもう一つの奇妙な特徴のため、またはむしろ、彗星について未だに観測されていなかった奇妙な特徴について説明しました。もし人が、現代的で天文学的な理論が仮定する様に、殆どの彗星が惑星的な太陽系を超えた地点から起因し、つまり、冥王星よりも遠くの地点から由来すると仮定するなら、すると人は、太陽系に一度入り、その後、太陽系から出て、そして二度と決して戻ってこない、双曲線的な軌道の彗星の分類を予測します。ですがその様な軌道は、彗星のために、観測されていません。

これは、「オート・クラウド」と呼ばれる彗星の起源と、その推論のための、現在の基準的な理論の問題を派生させます。この「クラウド(雲)」は、冥王星の軌道を遥かに超えた、太陽系のとても端の、「宇宙的な残骸」の地域と考えられています。その様な距離において、その残骸は、通過している星の引力に反応する事が出来ると考えられ、それはその後、多かれ少なかれ、私達が彗星として観測する軌道へと「蹴り」入れられるとされます。ですがこの理論において、彗星の幾らかは、既に上述された双曲的な軌道へと「蹴り」入れられ、「もし彗星が何十億年もの間、通過している星々と相互関係していたなら、少なくとも1世紀に幾つかの率で、それら(の彗星)は到来する事を意味するべきです。」ですが彗星は、私達が知る様に、帰って来ます。それらは数十年毎に再訪問している厄介者、または数百年毎、数千年毎、もしくは数百年毎に一度訪れる訪問者です。ですがその要点は、それらが帰って来ると言う事で、もしそれらが帰って来るなら、すると、それらの軌道には、オート・クラウドのモデルでは予測する事が難しい、定期性とパターンがあると言う事です。その水漏れ構造を治すための緊急対策と共に、科学的な神官階級が踏み込んだのは、此処においてでした:

「それらの難しさを最小限化するために、オート・クラウドの彗星が、惑星的な地域とオート・クラウドの間の、仮定的な「内側のコア(中核)」から来ると、此処で想像されました。その様な地域のための観測的な証拠は全く無く - それは単純に仮定的な構造です。そしてその後、その内側のコアは、創始的な太陽系の星雲からの残りと仮定される海王星の軌道のすぐ外に始まる、その他の惑星の(軌道の)平面の近くの、ほぼ円形の軌道の、彗星の「キュイパー(Kuiper)ベルト」の論説(仮定)によって修正されました。再び、積極的な調査にも拘わらず、この地域のための観測的な証拠は何もありません・・・」

故にヴァン・フランダーンは、惑星の爆発における彗星の起源が、「先験的な方法で」、それらの軌道の観測可能な特徴を説明するので、爆発した惑星の理論の復活と再検証を、1978年に提案しました。更に加えて、その新たな理論は、彗星の起源であるその爆発した惑星が、「小惑星ベルトの現在の位置、またはその近く」の母体において存在していて、そしてこの出来事(爆発)は、「比較的に近年の過去」において起こったと提案しました。

その様な理論が、キューピアー・ベルトの様な最近の修正と供の、オート・クラウドの様な想像的で仮定的な構造よりも意味を成すのは、もう一つの単純な理由のためです。オート・クラウドの論説が機能するためには、それを構成する「残骸のクラウド」が、私達が観測する極少数の彗星を供給するために、「膨大でなければならないのは、何故なら、観測可能な範囲へと不安定化された彗星の可能性が極めて低いためです。」

まとめると、たった数百万年前の太陽系内における崩壊の出来事に起因する彗星の理論は、幾つかのとても特定的な予測を行います:最初の出戻りの(「新たな」)彗星の分類が存在し;それらは本質的に殆ど散らばっていない、大規模な遠日点の距離を有し;それらは特定の確率的な傾向と共に、天体的な球体上の好まれた方向から到来し;人が太陽のより近くへと見るとその軌道の数は減少し;接近の距離と方向性は相関していて;そしていくつかのその他の特徴があります。

「爆発した惑星の理論は、オート・クラウドに対して、唯一流動的に実行可能な選択肢です。その後者は、太陽から冥王星までの距離の1000倍の距離において軌道している1兆個を超える彗星を必要とし、とても遠過ぎて、星々は頻繁にそれを通り抜けます。」

「仮定的な内側の『キュイパー・ベルト』から」のオート・クラウドのための何らかの源泉を探知する事に対するこの基準的なオート・クラウド理論の失敗が意味するのは・・・もし彗星の起源がつい最近でないならば、星々の通過、銀河的な潮、そして太陽の通過によって、オート・クラウドの彗星が、とうの昔に使い果たされているはずだと言う事です。

c. 爆発している惑星の理論によって説明されたその他の現象

その他の奇妙な太陽系の現象が、その理論によって説明され、その最もたるものは、地球の衛星、月の上で観測された、奇妙で半球的な不一致と、よく知られた「マスコン(質量の集中)」である、その更に奇妙で異例的な「より濃密な質量」の地域で

「月の半球的な非対称性は、(爆発の)突風によって原因された事が可能かも知れません。すると、薄暗い「海」の全てを有する半球が地球に向いているのは偶然では無く、(実際に溶岩の流れである月の海の下の質量集中である - 「マスコン」として現れる)月によって固められた追加的な質量は、その「重い側」が「下」を向くまで、月がその方向性/環境を変化させる原因に成ったのかも知れません。」

ですがその理論によって説明されたもう一つの奇妙な特徴は、火星の月、フォボスの軌道が、約3,000万年から4,000万年の内に、火星の大気の中へと失われる事で、その事実は、もしフォボスが、「3,200,000年前」頃に起因していたなら説明可能です。此処で人が、多かれ少なかれ、その失われている惑星の爆発が起こった正確な時の、最初の示唆を有する事に着目して下さい。これは、私達が進む際に、とても重要な点に成ります。

このタイミングの大まかな一致は、その赤い惑星の「元々、豊富に流れていた水が、過去10⁵年から10⁷年の間」、つまり100,000年から10,000,000年の間に失われた事が、火星の水素と重水素の比率が示唆する事実によって供給されます。これが意味するのは3,200,000年前の出来事の間、火星は未だに水を有していた惑星だったかも知れない事です。更にもう一つの大まかな3,200,000年前のベンチマーク(基準)の一致は、木星とその膨大な引力/重力によって供給されます。木星の質量は、小惑星ベルトにおける「普通の惑星の形成に影響するには不十分」な間、太陽系から離脱しなかった、爆発した惑星からの質量の殆ど全てを飲み込むのに十分でした。」その余分な熱でさえ、「その惑星による、比較的に最近の質量の増加を示唆するのかも知れません。」

d. その出来事のタイミング:3,200,000年前

その元々のヴァージョンの中で、ヴァン・フランダーンは、彗星的な軌道に基づいた、特に数学的、統計学的な証拠の多さによって導かれ、失われている惑星の爆発が、3,200,000年前に起こったと提案しました。彼はその後に起こった事を、とても示唆的な言葉において描写します:

「私達は300万年前に戻ってみましょう。地球上で、恐竜達はもっと以前に絶滅と成り、地上の動物は霊長類の動物が台頭し、そして人の最も早期の先祖達が、その場面に登場したばかりでした。太陽系のその他の全ては、20世紀において私達がそれを知っている通りでしたが、一つの大規模な例外がありました。其処には、火星と木星の間に一つの追加的な惑星があり、木星自体を除いたその他全ての惑星よりも大きいものでした。その追加的な惑星は日中でも地球から見えるほど十分に明るく、その輝きと共に夜空を圧倒するものでした。

「突然にして、それは爆発します!私達の太陽系の中のノヴァ(変光星)の様に、それは太陽自体よりも眩しく成るまで輝きます。固体、液体、そして気体の残骸は、全ての方向において、高速度で宇宙空間へと放出されます。それにも拘らず、その突風の先端が地球に届くまで数か月かかります。早期の人が目撃するために、それは何と言う光景だったのでしょう!その空は夜も昼も止めどなく、何カ月も隕石と共に燃え立っていたでしょう。」

ヴァン・フランダーンが提案する様にその様な出来事、そして地球上とあらゆる観測者達におけるその効果は、明らかにとても劇的だったでしょう。更に重要な事に、それは地球の地質と気候に、必然的な影響を及ぼしたでしょう。実際に、その当時まで地球上に広まっていたと信じられる赤道下の様な気候の状態は、正にその同じ時間の枠組みの頃、約3,000,000年前に、「過去、3,000,000年程の間の、氷河期の連続へと、突如、変化しました。」一般的な理論において、その様な突然の変化のためのメカニズムは知られていませんが、「惑星的な爆発からの、膨大な水蒸気の流入が、その原因だったのかも知れません。」実際に、水蒸気の流入にまた、人が加えなければならないのは、大気的、そして気候的に変化させるポテンシャルを持った「残骸」と「塵」の流入です。

ですから、その失われている惑星について、私達は何を知っているでしょう?「オーヴンデンの流動的な計算は、恐らく土星サイズの膨大な惑星が、小惑星の主要なベルトが見つけられる場所である、火星と木星の間のギャップから消失していると示唆します。」彗星と小惑星はまた、その20%が水である様に現れるので、私達は今、幾つかの結論を引き出す事が可能です:

1. その惑星は巨大で、土星とほぼ同じ質量でした。

2. その惑星は、その爆発の残骸として、ダイアモンドを含む炭素質の小惑星が現れるので、個体でした。

3. その惑星は、火星の南半球全体を渡った突然の膨大な洪水の、間違いなく、はっきりとした証拠を見せるので、水を有していた惑星だった可能性がとても高いです。

私達は此処で、少し先まで推理してみましょう。もしこの惑星が知的で人間の様な生命体の故郷だったなら、その様な生命体は、より強い重力に順応するために、より大きな骨格と筋肉を持つ、(人間よりも)もっと大きなサイズだったはずです。端的に、その様な生き物は、現代の人間の基準において、巨人達だったでしょう。故に、その様な生き物のあらゆる遺物の存在は、究極的な起源をその様な世界に持つとして説明可能かも知れず、そして故に - 確かにとても大まかな種類かも知れませんが - その様な惑星の存在の協力的な証拠を構成します。

現時点において、しかしながら、私達はヴァン・フランダーンの理論に戻り、その問題、彼がその理論を発展させた際に、彼自身が出くわした問題に着目しましょう。

元々の爆発した惑星の理論の問題点と、再検証された理論

a. 天文学対地質学:年代的な問題


上述された様に、その最初の形成において、ヴァン・フランダーンは、その惑星の爆発が、およそ3,200,000年前に起こったと提案しました。ですがこれは、天文学と地質学の場合において、科学の衝突に焦点を当てます。

(1)ヴァン・フランダーンの最初の和解

ヴァン・フランダーンは最初にこの問題を観測し、以下の方法でその難しさを記述しました:

「その様な大規模の爆発は、太陽系の其処ら中に証拠を残すはずで、そして明らかにそうしました。ですが地球上の地質学的な記録において、特定的に320万年における大規模な爆発の理論を補佐するものはあまりありません。長期間続いた熱帯的な気候の後、その頃から開始した氷河期の連続のための証拠はあります。そして人の起源は、その頃の時代あたりにあります。ですが人が予測すべきは、世界的な炭素の層の蓄積、イリディウムの元素における豊富さ、衝撃からショックされたクオーツ、複数の衝撃のクレーター、ミクロなテクタイトとミクロなダイアモンドの形成、活発化させられた火山活動、大気的、そして海洋的な変化、単一の世界規模の山火事、種の大量絶滅、そしてその他の劇的な変化です。その様な物事は、地質学的な記録の中で、幾つかの場所において見られますが、現在応用されている、地質学的な年代禄によると、300万年前付近ではありません。驚く事にそれらの特徴の全ては、恐竜とその他の種の多くが絶滅に成ったとされる、65百万年において年代鑑定される、白亜紀-第三紀(K/T)の境界線において一緒に見られます。天文学的な証拠からの予測と、地質物理学的な証拠における実証は、年代を除いて一致する様に現れます。

言い換えると、天文学と地質学は、その出来事については同意しましたが、そのタイミングについては深遠な不一致にありました。

ヴァン・フランダーンのこのジレンマについての元々の和解は、長文において記述する価値があります:

「オッカムのかみそりは実質的に、天文学的、そして地質学的な出来事が、和解される事を要求します。これは当然、(炭素14、層序学、磁気的な反転、海底の広がり、そしてその他幾つかの年代測定法に基づいた)地質学的な時間の規模が、正しく解釈されていないかも知れないと言う推測に繋がります。例えば、地質学的な記録のその様な劇的な書き替えの可能性の中にあるのは、放射測定的に65百万年前と測定された岩は、実際にその様な時代に形成されたかも知れませんが、その後、およそ3百万年前に、私達が見つけた地質学的な層に堆積されただけなのかも知れないと言う事です。またはその爆発からの放射線が、放射測定的な年代を変化させたかも知れません。それらの推測を検証するために地質学者は、惑星的な爆発の様なエネルギー的で、照射的な出来事が、地質学的な時計のそれぞれの種類にどの様な効果を持っていたかを考え、そしてその後、様々な地質学的な時計を一致させるその他の方法が無いか判断しなければなりません。(もし受け入れられている年代禄が正しいなら、存在するべきでは無い)花崗岩の中のポロニウムのハロゲン(光ぼけ)の謎の様な、特定の存在している手掛かりは、受け入れられている年代禄が、実際に大規模な変更を必要としていると言う示唆かも知れません。」

つまり、ヴァン・フランダーンの天文学対地質学の年代禄の元々の衝突において、天文学的な理論に基づいて地質学が変更されなければならず、仮定された不一致のために、その出来事の結果として、放射測定の年代の大規模な変更を効果しました。

(2)ヴァン・フランダーンの元々の年代禄的な修正の失敗

ヴァン・フランダーンは、この年代的な不一致を説明すると同時に、元々の理論において十分に説明されていない新たな証拠の種類を説明するために、彼の論説を再修正する事に導かれました:

「地球上の K/T 境界の層と関連した数々の異常で地質的な異例は、特にそれらの世界規模の本質において、爆発した惑星の、予測された成り行きと親密に照合します。ですがその層の地質学的な年代(約65百万年前)と、2億5千万年前の地質学的な層の中に記録された更にもっと破壊的な出来事は、320万年前における最も最近の太陽系における爆発の出来事の、よく確立された年代と一致しません。隕石の幾らかは、化学的に分離化された母体からやって来て、その間、その他は、分離化されていない母体からやって来ました。外側の太陽系における新しい発見は、海王星の外側の第二の小惑星ベルトを強く示唆します。主要なベルトの小惑星でさえ、2つの化学的に異なった種類においてやって来ました。そして隕石の宇宙的な光線への露出の年代は、幾つかの年代の集合があります。それらと、その他のデータは、基準的なモデルよりも、爆発した惑星の起源をそれでも好む間、単一のその様な出来事とは一致しません。私達は此処において、複数の爆発した惑星の理論(MEPH)を提案し、そして最も最近の、そして最善に定義された天文学的な出来事は、320万年前の控えめで、恐らく月サイズの天体の爆発が、全ての彗星の起源の役割を果たすと結論します。爆発から起源している彗星は、それらが観測可能な範囲の中にそれらをもたらす軌道の中で1000万年以上残る事は出来ないので、ですからより早期の爆発は、大規模な天体であれ、唯一小惑星的、隕石的、そして地質学的証拠を見せます。」

故に、その出来事のタイミングに関してのみ言えば、彼自身が認識する様に、彼が元々提案した線に沿って、天文学的、そして地質学的なモデルが解決される、または修正されるには大きすぎる違いがありました:

「放射測定による 65百年前の K/T の出来事の地質学的な年代測定は、類似した年代を産出する、複数の独立した方法によって確認されるので、その方法を使用した測定ミスの可能性を低くします。私はその爆発からの放射線が、この年代測定に使用された石において、放射的な時計を変化させたと考えてみました。ですが、それにおいて、典型的に現在の地球の地表の5キロメートル地下にある K/T の境界の層の上と下の両方の地層で、現在の地表近くのゼロから、K/T 境界線よりも古い深さにおける何億年も前まで放射的な年代の継続的なパターンを未だに示す事の出来る、現実的なシナリオを造りだす事は難しいです。ですから私はその後、放射年代測定に利用可能な全ての石が、爆発した惑星上に起源し、そして衝撃の際に大量の地球上の物質と混ぜ合わさったと考えてみました。しかしながら、そのシナリオの下で予測された、K/T 境界線における放射年代測定の非継続性は観測されませんでした。」

故に、これとその他の理由のために、ヴァン・フランダーンは、地球の地質学的な記録を説明すると同時に、その他の種の証拠とその理論を一致させるために、1つ以上の惑星的な爆発を提案する事を余儀なくされました。

a 紀元前3,200,000年の爆発と、地質学的な K/T 境界の層のデータとの、推理的な和解

ヴァン・フランダーンが元々、惑星の爆発が単に3,200,000年前あたりだったと考えたのは、これが天文学的、そして数学的なデータの数多くが、彼を導いた処だったからでしたが、これは彼が元々提案したモデルの土台の上で、地質学的なデータと、都合よく和解させられなかったのは,今と成れば明らかです。

ですが私の意見において、彼はその主要な出来事の年代として、3.2百万年前を少々簡単に諦め過ぎたと思うのは、その年代におけるその様な爆発のための、地球上の地質学的な堆積物の確認の比較的な欠如を説明可能なもう一つのメカニズムがあるようであるためです。この爆発が起こったのは、地球がその爆発していた惑星から最も遠い場所、またはその付近にあった時だった事は可能です。その様な場合、その爆発からの衝撃波と残骸は、それが地球に届くまでに十分に弱まったと考えるのは可能ですが、そうであれ地球から観測可能な出来事を残したでしょう。このモデルにおいて 地質学的な K/T 境界線、または、むしろ、3,200,000年前における類似した境界線の欠如を説明する必要はありません。人が探さなければならないのは、すると、3,200,000年前の出来事に協力証言するその他の種類です。そうであれ、65,000,000年前における K/T 境界線の当時における惑星的な爆発の証拠は残ったままです。

b. 小惑星の2つの分類と、新たな小惑星ベルト?

元々の理論の中で説明されていなかった証拠の一種でしたが、再検証されたヴァージョンによって説明されたのは、殆どにおいて炭素質の物質によって構成された「C」級と、殆どがシリカ質によって構成された「S」級に分類された2つの種の小惑星でした。「C」級の小惑星が、主要なベルトの中間と外側に圧倒的に見つけられる間、「S」級はその主要なベルトの内側に集中していました。これは、証拠の少数の線(可能性)の一つで・・・その主要なベルトのための、2つの異なった起源の出来事を示唆していました。更に加えて、海王星の外側のもう一つの小惑星のベルトの様なものの最近の発見は、それ等の起源としてのもう一つの異なった惑星的な出来事を、更に示唆しているかも知れませんでした。

(1)そして複数の「出来事」

それらの小惑星の2つのとても異なった、化学的にはっきりとした分類のため、そして海王星の外側の、第二の小惑星ベルトの可能性のために、

「私は此処で、異なった時代に爆発した、火星と木星の間で軌道していた、少なくとも2つの惑星(e.g. 惑星 V と惑星 K...)があったかも知れないと考えました。実際に、もし海王星を超えたベルトが、私達の太陽系において爆発した天体の3番目の例なら、私達の銀河系のあらゆる次元における、月的、または惑星的な質量のために、爆発は珍しく無い終わりの状態であるかも知れない事を示唆します。

此処で注目してもらいたいのは、ティティウス-ボードの法則において観測された問題として始まったものである、その消失している惑星が、此処でとても異なった種の問題に成り、その法則が一つ(の惑星)を予測する処における、多かれ少なかれ同じ軌道の、2つの惑星に成った事です。

(2)見直されたシナリオの概要

ヴァン・フランダーンは、新たに見直された、複数の爆発した惑星の理論を以下の方法でまとめました:

「私は故に慎重に、より早期(2億5000年前)の、より大きな大量絶滅の出来事を、主要な小惑星ベルトの惑星 K の爆発と、(それらの長期的な宇宙光線への露出の年代のために)鉄の隕石と、そして最もカタログされた小惑星の主要なベルトに関連させました。この出来事はとても大昔に起こったので、主要なベルトから火星と交差している小惑星の殆どを一掃する十分な時間を火星に与え - それによって元々の理論に当てはまらなかった証拠のもう一つの線を上手く説明しました。

「そして私は慎重に、(6500万年前の)より小規模な、小惑星ベルトの内側における惑星 V の爆発と、(鉄の隕石よりは短い露出の期間を有しますが、同時に分離化されていて、明らかに惑星サイズの天体に由来した)石の様な鉄の隕石と、小惑星の多くの内側のベルトを関連させました。1000万年よりも古いあらゆる爆発によって創造された彗星は、銀河的な潮と、通過している星々のために、とっくに消え去っていたでしょう。この出来事からの地球と交差している小惑星の数は、その元々の数の極少数まで、今は減らされているでしょう。そして、これは太陽系の内側(i.e. 水星、金星、地球、火星)、特に(その爆発の当時は未だに惑星 V の月の一つだったかも知れない)火星に、大量の水をもたらした出来事だったのかも知れません。

現在まで残っている彗星の全てに結果した320万年前の出来事は、小惑星ベルトにおける、より小規模な天体の爆発だったはずです。私はこの最も最近(最後の)爆発を、(分離化されておらず、そして故に、より小さな母体からの由来であるはずである)コンドライト的な隕石と、現在の地球と交差している小惑星と関連させました・・・その母体は明らかに、もう一つの惑星(推測的に、以前の惑星 K 、または惑星 V )の月で・・・多くの意味において、爆発したその天体は、恐らく、私達が以前に、元々、惑星 K の月だったと疑った最大級の小惑星、セレスに類似していたでしょう。

此処で、元々の爆発した惑星(今は2つですが)の内の一つの上の水の豊富さが最重要に成るのは、「此処において惑星 V から起因したと推測されるコンドライト的な隕石上の水による風化の証拠が、爆発した惑星がまた、大量の水を含んでいた事を示唆するためで、その殆どが火星に衝突しました。そしてそれは、勿論、火星の南半球における膨大な、突然の洪水の証拠を説明します。

この見直されたシナリオにおいて、ヴァン・フランダーンは、火星と(彼が C と呼ぶ、より小さな天体の両方を、惑星 V の衛星とし、それは、その爆発によって解放された後、小規模な二重の惑星的なシステムに進化しました。その後、320万年前に、C が爆発し、火星にクレーターを散りばめ、水と共に氾濫させ、そして大規模な火山活動の派生を与えました。

見直された理論の問題

a. 惑星的な爆発の頻度


見直された「複数の爆発した惑星の理論」の問題が何なのかは、もう明らかでしょう。簡単に言うと、惑星の爆発は、オルバースからヴァン・フランダーンの最初のヴァージョンまで説かれた、その理論の元々のヴァージョンにおいて珍しい出来事でしたが、見直された理論において今、不穏な程頻繁な出来事に成りました:「海王星を超えて、太陽の周りを軌道している、小惑星の様な物体の、もう一つのベルトの近年の発見は、その考えがどれだけ居心地が悪いとしても、惑星的な爆発は比較的に頻繁な出来事である可能性を、私達の関心へと強くもたらさせましました。」

b. 火星

(1)そして「その洪水」


その元々と、そしてその見直された形状の両方における、ヴァン・フランダーンの爆発した惑星の理論の論議全般を通して明らかだったのは、火星が重要な役割を果たす事で、その理論が、火星が示す水による膨大で突然の惑星的な氾濫の強い証拠のための、唯一の論理的な説明であるためです。実際に、私がその他の場所で述べた様に、太陽系の全ての惑星の中で唯一火星が、旧約聖書や、その他の太古の伝説や伝統の中で描写された大洪水のための最良の地質学的な証拠を有します。実際に、人が火星上で出会う半球的で極度な不均衡は、正にその理論によって説明され、「片方の半球が(隕石などに)重度に爆撃され、そしてもう片方が、爆発によって殆ど触れられていない」ためです。

(2)残骸

それらの様な状況の下で、人は火星の大気や磁気的な極だけで無く、その極的な配置もまた、過度に影響されたと予測するでしょう。更に重要な事に、近隣の惑星が V であれ C であれ、その爆発は、その出来事の残骸とクレーターで火星(の表面)を散りばめ、すぐさま氾濫させ、そして恐らく水、大気、そして何らかの生命体が存在していたとしても、それらを一掃したでしょう。そしてもし、私達が推測した様に、元々の惑星 V が、知的生命体を支えていたとしたら、すると火星は、とても異なった人工的な本質の残骸と共に氾濫させられたでしょう。

そしてこれは、火星の「顔」と呼ばれるものと同じくして、もし遥かにもっと神秘的では無いにしても、火星のシドニア(サイドニア)地域付近の、明らかに異例的な構造、つまり、「要塞」や「ドーム」と呼ばれるもの、そして有名な「D」と「M」の五面のピラミッドを含む、様々なピラミッド的、そしてテトラヒードロン的な構造の問いを浮上させます。その場合の本質によって、ヴァン・フランダーンは、それらの構造が、もし人工的ならば、320万年前の出来事以前に、何らかの文明によって造られたと信じます。

(3)火星の過剰なキセノン129

ですが、火星の表面上の異例的な形成と(人工)構造物の可能性の幾つかよりも、説明されなければならない、火星についての更にもっと異例的な特徴があります。火星は、結果から言うと - その爆発において文字通りその殆どが吹き飛ばされた成り行きとして - その質量の惑星にしては、異常に薄い大気を有しますが、キセノン129のアイソトープ(同位体元素)の内容量は、あらゆるその他の惑星的な天体の、ほぼ三倍です。ですがキセノン129は核分裂の副産物で、通常(自然的)な行程からは一般的に派生しません。爆発していた惑星に対する火星の近さは、その様な現象を説明するかも知れません。

C. 何のメカニズムが惑星を爆発させる事が出来るでしょう?

ですが、ヴァン・フランダーンの火星の大気の異例的なキセノン129の内容量の記述は、その発生のためのその他の説明の可能性を浮上させます。私の以前の著書、ギザの死の星は使用されたの中で私が既に記述した様に、火星の研究者、リチャード・ホーグランドは、二重構造のクレーターの現象と、D と M のピラミッドの奇妙なダメージ・パターンは、火星において非-自然的なメカニズムが機能していた事を示唆していると指摘し:(つまり)核戦争です。そしてこれは - 人がそれに出会うヴァージョンが何であれ - 爆発した惑星の理論の最も基本的な問題に焦点を当て、そしてつまり、何のメカニズムが、何故、惑星が突然爆発したのかを説明出来るか?という問題です。

その問題が小さいものでも、無くなるものでも無いのは、爆発した惑星の理論が大量のデータを説明する間、何故惑星が元々爆発したのかに来た時、あまり上手く説明出来無いためです。結局の処、爆発した惑星は、見直された理論において一般的な(よくある)出来事かも知れませんが、それらは近代の天文学の歴史において、今までに観測されたよくある出来事では無いためです。

ザッカライヤ・シッチンとその他の多くの大災害主義者達によって好まれた、爆発した惑星のためのメカニズムの一つは、太陽系に大型の天体が侵入し、そして今は失われている惑星と衝突し、両方が爆発し、そしてそれら自体を破壊する原因に成ったと言うものです。ヴァン・フランダーンは、彼自身の推理の概要に進む前に、この可能性を少々直ぐに否定しました:

「もしその爆発した惑星が、証拠が示唆するよりも、遥かに小規模だったなら、化学的、または衝突的な行程は、それを爆発させるための十分なエネルギーを派生させません。核反応的な行程は、隕石的な証拠によって示唆されています。惑星は、核反応のために、それらのコア(中核)においてでさえ、十分に熱くないと反論されました。ですが、地学的な過去において、核分裂の反応は地球の表面においてでさえ起こると知られており、関連した可能性を示唆しています。」

御最もな事ですが、人がまた述べなければならないのは、核分裂的な行程によって最大限の核爆発を起こすためには、少々純粋なウラニウム235、またはプルトニウム239が、多少素早く限界質量へと集められなければならず、そして人は、中級のサイズであったとしても、惑星を爆発させるために十分に大きい爆発を産出するのに十分な何らかの知られている核分裂可能な実質の十分な限界質量を、十分に素早く集める事は、単純に、出来ません。其処には単純に、それのためのモデルが存在していません。

恐らく、この難しさを感じ取り、ヴァン・フランダーンは直ぐに、より実行可能なメカニズムを提案します:

「ですが、隕石において観測されたアイソトープ的な異例を産出し、そして豊富なエネルギーを供給する、最も自然的な方法は、物質-反物質の爆発によってです。この推理的な可能性は、その爆発の数十億年前を超えた惑星における、磁気的な分離と反物質の蓄積、または高エネルギーな反物質の派生行程のある種の連鎖反応から結果するかも知れません。」

ですが再び、そのシナリオにも問題があるのは、ヴァン・フランダーンが提案した、物質-反物質の分離と蓄積のモデルが示唆するのは、その様な「反物質の蓄積」が、膨大で惑星的な天体において自然的な出来事で、そしてそれは、順を追って、爆発する惑星がむしろ頻繁な出来事であると示唆するだけでなく、自然的な原因によって、反物質の大量の蓄積が、物質とは別々に保たれると示唆するためです!ですが、近代の天文学的な歴史において、観測された爆発した惑星はありません。更に重要な事に、ヴァン・フランダーンの推理的なモデルに提案された様な大きな量において、反物質が起こる事が出来るかさえ実証されておらず、一定の期間、自然的な原因によって蓄積され、別々に保たれる事が出来るかは、言うまでもありません。結局の処、人は、それらの全ての最も重大な問題と共に残されます:惑星は単純に、突然、そして自発的に爆発などしません。自然的な原因によって、その様な出来事を説明する良いモデルは、単純に、存在しません。

そしてこれは、ヴァン・フランダーンの最後の提案に繋がり、同時に最も急進的なものですが、最もありえそうなもので;惑星の爆発は「知性的な存在の介入から」結果するかも知れないと言うものです。「私の意見において、最後の可能性は、簡単に否定されるべきものではありません。」「知性的な存在による介入」が示唆するのは、第一にその様な存在の存在で、そして第二に、惑星を爆発させる事の出来る物理学の彼等の知識を示唆し、そしてそうする事の出来る科学技術な方法の彼等による所有を示唆します。これは成り行きとして、ヴァン・フランダーンの様な地位の人のものとしては、息を奪う様な明言です!ヴァン・フランダーンは、彼の爆発した惑星が、戦争の意図的な行為において爆発させられたのかも知れないと、極めて慎重に、そして繊細に示唆しています。ですが、この本の第二部の中で見られる様に、豊富な太古の文献が実際に補佐するのは、正にこのモデルです!

現代の架空的なシナリオの関連性

ヴァン・フランダーンの「知性的な存在による介入」のシナリオが今、この章が始まった架空のシナリオの関連性に焦点を当てるのは、明らかに、「知性的な存在による介入」のためのその様な動機の一つは、正に・・・小惑星との、大災害的な衝突から、彼等の世界を守るためです。ですが残念な事に、その様な危険に対して防衛するために十分な科学技術の所有はまた、必然的に、戦争において類似した目的のために使用される事の出来る、科学技術の存在を示唆します。

上述の引用の一連においてヴァン・フランダーンが指摘した様に、その様な衝突は、その惑星上の全ての生命体の殆どの絶滅の地点まで、それらを経験している惑星にとって大災害的である間、惑星自体の全体の爆発のための本当に可能な説明ではありません。更に加えて、小惑星の様なさまよっている惑星的な天体を破壊するためのこの「介入」には、更にもっと深刻な問題があり、そしてその問題は、爆発した惑星の理論自体によって焦点が当てられ:小惑星が、惑星的な爆発の結果であるためです。言い換えると、小惑星に対して防衛するために、人は最初に始めるために、惑星を爆発させなければなりません。そして存在する難題は、知性的な存在の介入」を除いて、何故惑星が、突然、自発的に爆発するのかのための、良いメカニズムが存在しないためで、そして故に、無情にも、人は爆発して、消失している惑星の本当の原因に面していて:戦争です。

リルズ: 水?またはその他の何か?ペラットの問題

ですがどの様な種の戦争なのでしょう?そして何の種の物理学を、爆発していた惑星は示唆するでしょう?その物理学に基づいて、何の種の兵器が構築されたのでしょう?明らかに、惑星を爆発させるためには、正に膨大な量のエネルギーが必要とされます。ヴァン・フランダーンは思いがけない2行の中でその進む方向を指摘します:

「G. Verschuur による惑星間の水素の「雲」の宇宙的な分布の近年の研究は、観測されたものの過半数が(スーパーノヴァの爆発からの結果として)フィラメンツ(繊維質)の一部で、とても若く、そして太陽の100パーセク(1パーセク=3.26光年)の中にある事を示唆します。この驚きの結果は、太陽系における惑星的な崩壊との拘わりを示唆します。」

その様なフィラメンツ(繊維質)は、スエーデンのノーベル賞受賞者で、プラズマ物理学者の、ハネス・アルヴェーンが巨大な間銀河的で電気的な電流において存在すると提案した、電気的なプラズマの繊維質から、一歩しか違いません。その様な膨大なエネルギーが示唆するのは、勿論、少なくとも惑星的な表面に多大な傷をつけ、焼く働きのために十分なエネルギーだけでなく、また惑星を爆発させる事の出来るより深い物理学です。

ですが太陽系において、この種の巨大な電気的なディスチャージ(解放/放電)のための、何らかの証拠はあるでしょうか?

ヴァン・フランダーンは、正にその様な分類の証拠を指摘します:

「火星は、今日では不可能ですが、短い期間の間、流れる川と水路を産出するために十分な水があった事の証拠を見せます。月と火星上の曲がりくねったリルズは、殆ど間違い無く水によって削られた特徴で、同時に重なっているクレーターの欠落から判断すると、比較的に最近のものです。それらが溶岩の流れからのものであるはずと言う推測は幾つかの場合、矛盾的なのは、リルズが溶岩の可能な源泉から下って行かないためで、そして溶岩も、その他のあらゆる候補的な実質も、曲がりくねった特徴を刻むとして知られていないためです。」

私達が次の章の中で見る様に、しかしながら、火星と月のそれらのリルズの幾つかは、それ等の起源として水では無く、巨大で電気的な放電に指差します。それらは、惑星の表面の大きなエリアの、惑星的な傷をつけるに十分な働きの物理学、兵器化が可能な物理学、そして最も重要な事に、その出来事の人間の観測者達に指差します。そしてその物理学は、順を追って、惑星全体を爆発させる事が可能かも知れない、更に深い物理学に指差します。

端的に、そのリルズは、プラズマと「ペラットの問題」に指を指します。

目次:
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

ジューメリカの裏庭における、プーチンのクー(一撃)(リアル・ユダヤ・ニュース)

Putin’s Coup In Jewmerica’s Back Yard
ジューメリカの裏庭における、プーチンのクー(一撃)(リアル・ユダヤ・ニュース)
http://www.realjewnews.com/?p=950


1putincoupjewmerbackyard

2jewmerbackyardputincoup

BRICS

ジューメリカ(ユダヤのシオニストに支配されたアメリカ)がロシアに対して更に制裁を積み上げる間、プーチンは未だに最後に笑います。

そしてジューメリカがロシアを孤立化させようと、「国際的なコミュニティーを動かす」というお笑いのスローガンと共に一生懸命な間、プーチンは世界的な舞台を乗りこなし・・・今回はジューメリカ自体の裏庭である、南米においてです。

6月11日に、プーチンは、フィデルとラウール・カストロとの会合をした、キューバにおける彼の最初の一時停止と共に、西方の半球にロシアをもたらしました。

(キューバの)ロシアへの320億ドル(3兆2千億円)の借金を無しにした後、プーチンは、キューバの新マリエル港における、ロシアの海軍港を視察したと報告されました。

これはユダヤ(シオニスト)・ネオ・コンの集団、特にヌーランドの同部族カザール)の仲間、西方半球状況のための省庁(State for Western Hemisphere Affairs)の次官、ロベルタ・ジェイコブソンには悪い兆しです。

その翌日、プーチンは、ニカラグアの貿易と政府の大臣/長官達との、短時間の会合のために、ニカラグアに降り立ちました

大統領、ダニエル・オルテガは、記者達の前で、プーチンに、「貴方の訪問は光の光線です、」と伝えました



その対話は、ロシア海軍の船が、その(ニカラグアの)港を使用する許可を含むように現れます。
3putfinalblow2

その日の後、プーチンはアルゼンチンに到着し、其処において彼は、アルゼンチンの大統領、クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルクナーに合いました。

ロシアによる原子力発電所建築と、ロシアがその衛星システムのための基地を設定する事を含む合意に署名した後、キルクナーは、(アルゼンチンによってその領土所有が主張されている)英国に操作されている半島(フォークランド紛争)において、その住民が投票で英国領に留まる事を選択したのを認めているのに、同様なクリミアにおける住民投票を認識する事を拒む、アメリカの偽善を非難しました。

その後、プーチンは、ユダヤ(シオニスト)に支配されたアメリカの頬に、ノックアウト・パンチをお見舞いしました。

その最終的な一撃は、7月15日にブラジルでお見舞いされ、其処においてブラジル、ロシア、インド、中国、そして南アフリカ(BRICS)の首脳陣が、北西の街、フォータレザにおいて会合を開きました
brics 2 1 1


(その他の多くのラテン・アメリカの指導者達がその会合に出席する間、オバマはそのブラジルにおけるBRICSの会合に出席しない様に指導者達を、一人も説得出来なかったと、ウエイン・マディセンは指摘しました。)

フォータレザにおいて、プーチンと彼の同僚のBRICSの指導者達は、1,000億ドルの価値を更に有する準備金の通貨プール(共同預金)と共に、1,000億ドルの「BRICS開発銀行」の創造を行い(同意し)ました。

その両方が、ジューメリカの大切な「ドル」影響力に抵抗するために用意されました。

メキシコ、ナイジェリア、そしてインドネシアの様な、新たなメンバーが、新たなBRICS開発銀行参加しようと、その脇で待機しています

「私達は、米国とその同盟国によって決定された、何らかの外交政策に同意しない国々が、嫌がらせをされる事を防ぐための対策システムを準備しています、」とプーチンは、ロシアのニュース・エージェンシー、タル・タスに伝えました

そしてプーチンが - とても多くの言葉で - ジューメリカに伝えたのは、「国際的なコミュニティー」はもうこれ以上、ジューナイテッド・ステーツ・オブ・ジューメリカに服従しないと言う事で・・・

・・・そして集まった各国家は、ユダヤ(シオニスト)の世界的な覇権にもう、うんざりだと言う事です。

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

宇宙戦争:前書き

「ニュートンは、理性の時代の最初の人ではありませんでした。彼は魔術師の最後の人で、バビロニア人とシュメール人の最後の人で、10,000年弱以前に、私達の知性的な世界を造り始めたのと同じ眼で、眼に見える、そして知性的な世界を見た、最後の偉大なマインドでした・・・私が何故、彼を魔術師と呼ぶかですか?何故なら、彼が宇宙全体を謎々として見て、特定の証拠、特定の神秘主義的な手掛かりに、純粋な思考を応用する事によって、読む事の出来る秘密を見たからです・・・彼はこれらの手掛かりが、バビロニアにおける元々の暗号的な啓示へと戻る、途切れる事の無い鎖における同胞によって手渡された特定の文献と伝統の中に・・・部分的に見つけられると信じました。」
ジョルジオ・デ・サンティラーナとハータ・ヴォン・デシンドのハムレットの水車小屋:神話と時間のフレームについての小論9ページに引用された、経済学者、ジョン・メイナード・ケインズの、ニュートン生誕300周年記念(1947年)での「人としてのニュートン」29ページより:イタリクスの強調は元々のものです。

The Cosmic War: Interplanetary Warfare, Modern Physics, and Ancient Texts: A Study in Non-Catastrophist Interpretations of Ancient Legends
宇宙戦争:惑星間戦争、現代物理学、そして太古の文献:古代の伝説の非大災害主義の解釈の研究

Joseph P. Farrell
ジョセフ P. ファレル

無料電子書籍:
http://e.bookzz.org/g/Joseph%20Farrell


前書き:
問題へのアプローチ

「この武器は、インドラもルドラも含めて、3つの世界の中のあらゆるものを殺せる。」
マハバーラタ

巨人達。ネフェリム。アヌンナキ。衝突する惑星と爆発する惑星論。宇宙的な大災害。彗星。天使達。悪魔達。天界における戦争。ルシファーの墜落。神々の戦争。古代のエピック。太古の先進的な科学技術。人工の月。異種族混交。遺伝子技術開発、そしてキメラ達。火星の上の顔。場違いな遺物(オーパーツ)。そして最後ですが最少ではなく・・・アトランティス。

殆どの人達に取って、これ等の物事は関連していません。ですが私にとって、これ等は全て何故か関連していて、これ等は全て一つの「何か」のある種の一部で、全てを包み込むシナリオの構成要素で、歴史的なエピックのシナリオで、実に宇宙規模のものであるという感覚が私の頭の隅に常にありました。

私のギザの死の星三部作の読者達は、既にグレート・ピラミッドのための、私の兵器説を知っていて、あるとても太古でとても先進的な大量破壊兵器が、太陽系において今は無く成っている太古の惑星「クリプトン」を爆発させるために使われたかも知れず、私達の太陽の周りを今、軌道している隕石の帯が、その惑星の無慚な名残りで、思い出させるものと言う、其処において提案されたシナリオも、良く気付いているでしょう。そしてその三部作の殆どの読者達は同様に、グレート・ピラミッド - または類似した何か、そして「スカラー」物理学の概念に基づいた何か - は、そうするために使用された兵器かも知れないと私が信じているのを知っているでしょう。

ですが強調されるべきは、この全てを包み込む、そして高度に推理的なシナリオには巨大な問題がある事で、そしてその三部作の読者達はそれらの幾つかを知っているでしょう。言うまでも無く、これ等の問題の多くは年代的な本質です。ですがその他にも同等に重い問題があり、そして私はギザの死の星三部作の中では意図的にそれらを扱わず、この本である、もう一冊の本のために取っておきました。

そうした事への私の理由は単純で:既にテクニカル/専門的なこれ等の本に、太古の惑星間戦争のシナリオの、長い検証と、その現在進行中の成り行き/結果の重荷を課す事は、これ等の本の主要な強調から逸脱し、その様なシナリオが、グレート・ピラミッドの兵器説に関連している間、それに必要では無いと私が考えたからです。ギザの死の星の各本は、戦争を戦うために使用された兵器に焦点を当て、そしてその様な兵器がその昔存在していたと言う確証として、二次的にその戦争自体に焦点を当てました。此処(この本)でのその状況は真逆です。此処での焦点はその戦争自体に当てられ、そしてその様な宇宙戦争が地域空間的にその昔戦われたと言う確証として、戦うために使用された兵器は二次的です。

ですが何がこれらの「その他の問題」なのでしょう?

これ等は以下の問いの簡単なセットを尋ねる事によって理解されるでしょう:この主張された戦争で戦ったのは誰でしょう?何故、彼等は戦っていたのでしょう?何の武器/兵器を彼等は使ったのでしょう?それらの威力はどうだったでしょう?誰が勝利したのでしょう?誰が敗北したのでしょう?誰が生き残ったのでしょう?彼等の遺産は何だったでしょう?そして恐らく最も重要な事に、誰が「善者」で誰が「悪者」で、そして何故、彼等は「善」または「悪」だったのでしょう?

故に、私のギザの死の星三部作の本とは異なり、此処における強調はシナリオ自体で、私達自身の太陽系における太古の惑星間戦争のシナリオと、そして恐らく現在までさえ続くその長期化させられた、成り行きです。勿論、ギザの死の星三部作の中で探求され概要された論説のための示唆はあり、そしてそれに沿ってこれ等の本の幾つかの内容は反復され、此処において拡張されますが、そのシナリオ自体を探求するのに必要な限りのみです。故に、以下のページを通して2つの論説が存在している事を読者は頭に入れておき

- 太古の惑星間戦争と大量破壊兵器としてのピラミッドは - 別々の論説に留まります。確かにそれらはピッタリはまりますが、それらは連立も共倒れもしません。実に、ギザに関連した兵器が何だったのであれ、それは現在のギザの構造のより古い層にあり、そして現在のグレート・ピラミッドは、覇権のより古い武器の科学技術を再現しようとした試みである事をほのめかす、幾つかの文献的な証拠を、この研究の主体において、読者は最終的に学ぶでしょう。またスカラー兵器以外のその他の種の兵器、またはスカラー兵器のその他の使用のモードも明らかに成り - それはより私好みの見解で - 惑星やその他の天体を爆発させるために使われただけでなく、その他に凄い傷跡を残し、気象を操作し、そして意識自体さえも操作したかも知れません。

ギザの死の星の本の読者達は同様に、私の意図的に余分な二重用語によって、ギザの死の星の三部作の中で、「原始太古」と名付けられた、「究極に太古の時代」のとても高度な文明の論説は、これ等の3冊の本の中に概要されたシナリオの広い構成要素だった事を思い出すでしょう。この本の中で、私は時々、「アトランティス」と言う用語を使いますが、そのとても高度で原始太古な文明の象徴として理解して下さい。従って、論議されている題材に密接な関連がある題材の部分の場合以外は、有名な「失われた大陸」の位置の長い論議に入るつもりはありません。ギザの死の星三部作の中で見た様に、プラトンの「失われた大陸」の話しを「例え話」的な感覚でとり、散文的な文字通りの感覚から、慎重に構成された「原始物理学」的なものである、、複数の層のある「神話」の感覚で取る重要な理由があります。

故に、必然的に私達は「原始物理学」の題材に導き戻されます。ギザの死の星に含まれたのは、もし私達の自身の量子力学、相対性理論、ストリングとメンブレイン理論、またはオルタナティヴに、ループ量子重力、プラズマ宇宙論、等々の体系の理論と実技よりも優れていなくとも、同等に複雑な物理学を有した、原始太古のとても高度な文明における、複雑な「原始物理学」がその昔存在していた、推理的な可能性の多くの論議でした。遥かな太古の時代においてその様な大量破壊兵器が存在していて、そしてそれらが一方で惑星の破壊に関連していて、同時的にピラミッド全般、特にグレート・ピラミッドの能力だったとほのめかす、太古の文献自体を、もし人が真剣に受け入れるなら、その様な見解が進歩させられなければならなかったためです。


此処において、太古の「太古物理学」の論議が再開され、発展させられます。その三部作の一冊目、ギザの死の星の読者達は、スエーデンの物理学者でノーベル賞受賞者である、ハネス・アルヴェ―ンのプラズマ物理学と宇宙学の拡張を見つけるでしょう。加えて、読者達はまた、トム・ビアーデンの「スカラー」、または「量子効能」物理学についての追加的な素材を見つけ、それはギザの死の星は使用されたギザの死の星は破壊された、そしてより最近の、ナチスの秘密兵器プロジェクトについての私の著書、「ザ・ベル」、ベルの SS 同胞団として知られる本の中で論議された概念でした。

これ等の全てを述べた上で、更なる注意的な記述が必用に成ります。宇宙戦争、大災害、巨人達とキメラ(半人半獣)達、「神々」と人々とネフェリム達の、この巨大なシナリオの構成要素を形成すると私が信じる、そのバラバラな欠片を一つにまとめるために、とても大きな筆で描く事が必須です。私が年代的、そしてその他の科学的、考古学的な熟考の広い意味での論議を行う間、私は進化的な生物学、人類学、または神学、哲学、比較宗教学、そして秘儀的で、オカルト(隠された)な歴史の様な、宇宙戦争的な仮定に関連し、そして影響されたであろう学術の、詳細な検証へは踏み入りません。その様な学術分野が、この論説によって影響されたであろう事は明らかです。ですがそれらの示唆のそれぞれを論議する事は、それら自体の長い本を必要とするだけでなく、上述の問いによって表された様に、そのシナリオの主要なテーマから集中を邪魔する結果に成ります。そのため、私は、私がそうする事が相応しいと考えた時に、本文、またはフット・ノートのどちらかの中で、大意的な形状で、その様な示唆をまばらに示しました。

同様に、とても単純な理由のために、私は、ザッカライヤ・シッチンが、彼の地球年代記シリーズの中で行った様に、宇宙人との接触、介入、戦争などなどの、オルタナティヴな「先史」の詳細な年代記を再構築しようとは試みません。宇宙戦争の論説はそれ自体において、今までに十分に進められても、探求されてもいないので、その広い概要と発展を明らかにし、一種の前例としてそれらを此処に示し、そしてその後、幾らかの後の時点において年代的な詳細をはっきりさせる方が賢明な様です。年代的なデータが設定される枠組みが組み立てられれば、実際にそれらは最終的に、より簡単に当てはめられるかも知れません。もしくは同様に、それらのデータは此処において提案された枠組みを完全に引っ繰り返すかも知れません。同様にそれらは、私が此処において提案した戦争の広い意味での発展の枠組みとは、全く異なったものを示唆するかも知れません。どんな場合であれ、此処における強調は、宇宙戦争の論説で、可能な限り広い意味での、それを補佐している文献的、物理学的、そして考古学的な証拠です。

成り行きとして、此処において概要された宇宙戦争のシナリオは、ギザの死の星の兵器の論説と同様に、多大に推理的な論説です。それは最もはっきりと、理論ではありません。もしそれが理論として全てが真実なら、するとその予測的な力は、私達自身の太陽系における近隣の天体の上におけるはっきりと人工的な遺物の発見を予想し、そして恐らく、それらの惑星のとても太古な人工的な衛星も同様に予想する事実にあります。加えてそれは、それらの遺物と衛星の意図的な照準と破壊を示唆している証拠の発見を「予測」します。そして最後にそれは、混乱させられた形状においてではありますが、私達まで伝えられた、様々な形状におけるこの情報を記録した観測者達の必要性を「予測」します。ですが歴史は、神話的な文献に基づいた太古原始の歴史の再構築は言うまでも無く、とても明らかな理由のために科学では無く、その「予測」は常に後天的な本質で、そして故に宇宙戦争の論説は仮定にのみ留まります。協力証言は、それを補佐するために提示された外的な証拠の総合的なコンテキストからのみ来る事が出来ます。

(太古の)観測者達の存在は、この論説と共に関連した解釈的な問題の一つの要素に光を当てます。この研究の本文の中で見られる様に、人間の神話と伝説は、「神々の戦争」の詳細と、そしてそれらがそれらと共に戦われた凄まじい兵器で溢れています。その様なものとして人は(1)大災害主義者の意見に沿って、その様な神話の「自然主義者」と「物質主義者」的な解釈を選択するか、または(2)文献が描写する出来事の観測者達がいたとするために、通説的な文化歴史学、進化理論、人類学、そして古生物学の範囲をとても超えてある時間の枠組みにおける、人の凄まじい古さを仮定するか、もしくは(3)人は人類にどうにか関係した人類以前の民族、または人種を仮定しなければならず、それはこの戦争と大災害のそれ自身の観測を人類に託し、それはその後、それらの人間の神話と伝説の中核に成りました。この本の本文の中で明らかに成る様に、神話自体が、それら自体の好まれた説明として、この3番目の選択肢に指差します。ですがこの問題を人がどの角度から見解しようと、人は、歴史、進化、そして人類学の、通説的で、学術的なモデルの範囲のとても外に踏み出します。

故に、正直に、そして率直に認識されなければならないのは、この研究は、あらゆる学術的なコンテキストの中で受け入れられるものでは無いと言う事です。それは単に、それらの神話が、更なるもう一つの方法で歴史的で、科学的な真実の本当の要素を含んでいると見るための例で:つまり「神々の戦争」は本物で、彼等は此処、地球上、そして太陽系におけるその他の場所、そして恐らく、その(太陽系の)外でさえ、惑星規模の破壊と大災害を行ったとし、そしてその成り行きの幾つかは、私達が想像にもしない方法で、未だに私達と共にあると言う事です。

同様に、宇宙戦争の論説は、(歴史)修正主義者達の特定の一部の中でもまた、あまり熱狂的には受け入れられないでしょう。一方においてあるのは、アルフ・アルフォードやその他の研究において最も象徴された大災害主義者達で、彼等にとって、神話によって使用された象徴の複雑性における概念の母体全体は、自然的に起こっている惑星の爆発の隠喩以外の何ものでもありません。宇宙戦争の論説は、言うまでも無く、この研究全体に対してアンチテーゼ的です。そのスペクトルのもう一方の端にあるのは、この推定上の太古原始的な過去を、黄金時代として、思想的な用語で描く、とても多くのオルタナティヴな文学の不穏な傾向で、間惑星的な戦争や、それらに関連した科学技術(兵器)の様な酷く悪質なものの無い、「ジョンクイルとデイジーのディズニーワールド」です。しかしながら、その様な態度は、世界中から来る「宇宙戦争」の伝統の圧倒的な大量性の間で、単純に吹き飛ばされます。

上述に概要された問いと、「間惑星的な戦争のシナリオ」自体の要因の慎重な思考はまた、この研究において考えられるべき証拠の種類を明かし:(1)物理学、(2)異例的な遺物の物質的な証拠、(3)惑星的な破壊の証拠とメカニズム、(4)意図的な標的と破壊の可能な証拠、そして最後に、そして最も重要では無いと言う意味ではありませんが、(5)文献、口伝の神話と伝統、そして物理的なモニュメント(遺跡など)と太古の文字からの、「伝説的」な証拠です。「文献」は、言葉を変えると、この本の中でこれ等の物事の全てを含む、最も広い意味において理解されます。

最後に成りますが、この研究の中で「戦争」と言う言葉がどの様に理解されるかについて一言。人が通常、「戦争」と言うこの言葉について考えた時、人は、投石機、戦車、ガレー船、石弓と砲爆撃、騎馬隊と大砲、列に繋がれた船、鎧をまとったドレッドノート、軍隊、艦隊、そして更に近年には、大規模な空中爆撃団、キノコ雲、粒子ビーム、高エネルギー・レーザーとグレーザーの全てが、彼等の敵達を壊滅させ、頻繁に全滅させているのを想像します。端的に、人は当然と、戦争に関連した科学技術の全てを思い浮かべます。私達がこれから見る様に、太古の文献においても、それに全く違いはありません。其処においてもまた、太古の文献は、英雄的な活躍と、口にするのも無残な行いの将軍達、提督達、政治的な指導者達のイメージを描き、苦しんでいる無実の者達、建物の理不尽な破壊が描かれ、そして最も重要な事に、究極に先進的な、最も現代的な解釈をする事が出来る科学技術が描かれています。太古の文献は、近代の歴史がそうする様に、未だに(そう願いますが)最も制限的な原爆と水爆のやり合いに続くであろう、論説的で地域的な破壊に匹敵する、都市規模の破壊のイメージを描写します。この研究の残りの中で見られる様に、私はその宇宙戦争のシナリオが、間違い無く「戦争」のそれらの要素を含むと信じます。

ですが其処にはまた、「征服された」者達が地下に潜り行う「ゲリラ戦争」があり、秘密裡のセル(小隊)、合い言葉、徴兵の方法、プロパガンダと心理戦争、そしてそれらの物事の全てが意味する、目に見えにくい形状の戦争があります。それらもまた、「戦争」と言う言葉の私による使用に含まれます。結果的に私は「宇宙戦争」と言う言葉が、そのスピリット的な要素と現在進行形的な本質を含む、正に「宇宙的」な感覚で意味するのは、その文献のあらゆる慎重な熟考が実証する様に、この戦争は時折全開的な争いに勃発する、現在進行形のゲリラの特徴を有しているためです。そしてその文献がまた示唆する様に、この戦争を戦った「人々」の幾らか、または彼等の子孫達が、未だ周りにいるかも知れません。これに関して、「戦争」はまた、それを戦った文明の概念の根底も含みます。ですから宇宙戦争の論説を検証するにおいて、私達はまた、根底にある文明とその習俗を検証しているのであって、そしてこの事実が実際に何故、その論説が以前にも言及された修正主義者達の2つの派閥によって、十分に検証される事が決した無かったのか、なのかも知れず、それが神義論の哲学的な問いを前面に持ってくるためで、物質主義の一種でしかない大災害主義によって、そして願望的な思考でしかない、暖かくふんわりとした黄金時代と、「ジョンクイルとデイジー」のディズニーワールド的なアプローチによって、完全に避けられている問いであるためです。

実際に、私が、私の著書、ギザの死の星は破壊されたの中で提案した様に、太古原始の戦争は(それを定期的なサイクルとして見解するヴァージョンも含み)大災害主義の多くの肥沃な種蒔き場であるだけでなく、またその土は、神秘信仰と最終的にそれらに続いた秘密結社と神官階級を芽生えさせ育みました。その「宇宙戦争」は、多くの宗教的な伝統 - 特にユダヤ-キリスト教が - 暗示する様に、現在進行形のものです。ですが同等に鮮明に成る様に、その後者の伝統は、その「戦争」が、とても本物の科学技術を有する、とても本物の人達によって、とても本物の場所において戦われた、とても本物の宇宙的な感覚における、とても本物の戦争でもあった可能性を考えず、その「戦争」が特定的に「スピリット的」、または更に「個人的」と見解した事によって、それ自体をある意味、間違わせたかも知れません。スピリット性と肉体性を対峙させるのは、結局の処、私達の現代の見解であるだけで、その様な対峙は太古のマインドの枠組みには異質だったであろうし、キリスト教自体のサクラメント[秘跡,聖奠]重視(主義)の広い意味に対して完全に矛盾しているためです。

私達の前にある仕事の規模を、人が恐らく今、理解出来るのは、このシナリオの可能な構成要素として - 初めの段落において概要された - とても多くのバラバラなテーマと題材があるだけで無く、多くの分離した種類の証拠が、それを補佐する納得の行く方法で提示され、統合されなければならないためです。成り行き的にそのシナリオは、あらゆる段階において、異なった種の証拠に与えられた比重から、それらに与えられた解釈まで、派生する広い構図まで、その年代歴まで - そして更に重要な事に - それが派生させるスピリット的で、神学的な問いまで、公正に、そして強く挑戦されるかも知れません。

それらの理由のためにそれが - 此処で、今、そして可能な限り強い方法で - 反復して言われなければならないのは、此処において概要された、高度に推理的で、実際に急進的なシナリオが、唯一論説であると言う事で、太古のサイエンス・フィクションと不穏な問い「そうですが、もしそれが部分的だけにしても、真実であったらどうでしょう?」の間の霧がかった灰色な部分の中にあります。

私が最初にこの様な研究を始め、そして数年前に私の著書、ギザの死の星を出筆していた時、私はその本の前書きへの碑文として、物理学者ニルス・Bohr によって、彼の同僚であり、近代量子メカニクス理論の構築者の主要な一人で、彼に因んで名づけられた不確定理論の発見者であるワーナー・ヘーゼンバーグに言われたとされる明言を含ませました。その明言と共にこの前書きを閉じ、その急進的で推理的な本質の思い出しとしてこの研究の全体に吊るすのが相応しい様です:「サー、私達は皆、貴方の理論が狂っていると同意します。私達を分離する問いは、それが十分に狂っているのかです。」

ジョセフ P. ファレル
2007年

目次:
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

人口削減

アジェンダ21』は、世界的規模、国、地域ごとに対して、国連と政府や自治体が組織的に、人間の環境における全般に渡って、関与する計画なのだ。

『アジェンダ21』とは、実は人口削減が目標なのだが、地球を保護することの名のもとに奪いとり、全ての人民を、農奴、奴隷化し、ファシスト体制を強要しようとしているのだ。

ここで、質問:
なぜ、世界的な破壊者は、電離層に穴をあけたり、放射能を海や大気を汚染したり、熱帯雨林を破壊し、メキシコ湾その他の生態系を荒廃させているのに、突如として、森林保護に変身してしまうのか?
彼等は、明らかに変身したわけではない。

アジェンダ21


『アジェンダ21』は、エリート血統者達を中心とした国連によって、コントロールされている仕事である。
40章にも及ぶ、地球ハイジャック計画案などは以下のとおり。;
• 国家主権の終焉
• 政府による、土地資源、生態系、砂漠、森林、山、海、淡水、農業、地域開発、バイオテクノロジーなどの計画と管理;そして、資産の平等化(すべて奴隷化)。
• 政府が、職業や財源を決定する。
• 私有財産制の廃止(私有財産は継承できない)
• 家族制度の再編成。
• 政府による子供の養育。
• 政府による職業供与。
• 行動に対する主な規制。
• 居住の限定。
• 特定地域の設定により、移動を余儀なくさせる。
低教育化。
大幅な人口削減。

この様な計画は、すでに世界規模、国家規模、及び地域で起きている。

続きを読む:



water-(R).jpg


水の独占
世界銀行、ベクテル、ヴィオラ、ネッスル、
そしてその他のNWO企業は、
私達の惑星の水供給を、世界的に個人所有化する事を計画していて、
綺麗な飲む事の出来る水を入手不可能にしようとしています。
気象操作によって人工的に造り出された干ばつ、
プラス水圧フラッキングの化学薬品による、
国際的な井戸と地下水の有毒汚染は、シオニストのグローバリスト達が、
地球の綺麗な水の操作を手に入れるために使う方法です。
水。
もう、基本的人権では無く
(個人企業に)所有された商品です。

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

イスラエルの敗北とユダヤの政治の未来について(アツモン)

On Israeli Defeat And The Future of Jewish Politics
イスラエルの敗北とユダヤの政治の未来について(アツモン)
http://www.gilad.co.uk/writings/on-israeli-defeat-and-the-future-of-jewish-politics.html


アリムディン・ウスマニがギラード・アツモンにインタヴューする

130596399


U:2009年の「キャスト・リード」と2012年の「ピラー・オブ・ディフェンス」の後、イスラエル陸軍は、ガザに対して2014年の7月に、「プロテクティヴ・エッジ」作戦を始めました。これらの繰り返される大規模な軍事作戦の目的は何ですか?

A:認識する事が重要なのは、イスラエルは、1973年以来、一度も軍事的な戦いにおいて勝利していないと言う事です。数多くのアラブ人達を殺したのは事実ですが、その軍事的な目的の何れも達成出来ていません。

イスラエルの軍事的な圧倒性は、抑止の力で保たれています。その戦法は、何もかもを失う事が出来るとアラブ人達を脅す事によって、アラブ人達が紛争を避ける事を強要する事です。今週はこのトリックがもう働かない事を証明しました。パレスチナの抵抗勢力は生命(存在)へと復活しました。イスラエルはその問題を軍事的な方法で解決する事は出来ません。その状況はイスラエルにとって絶望的です。彼等は、政治的、思想的、そして文化的な行き詰まりにはまっていると気付き始めました。イスラエルは解決にイメージを呼び起こす事が出来ません。ユダヤの国家のための未来の展望はありません。

更に加えて、「占領が問題である」とするイスラエルの左派のあからさまな嘘は、今週、イスラエルのアラブ人市民が、ユダヤの集団によって追い回されるのを、私達が目撃したので、暴露されました。私達が知る様に、イスラエルのテリトリーから、全てのアラブ人を大量追放する事への、右翼の呼びかけは、イスラエル内で人気を増しています。この残酷な「解決策」は、ユダヤの民族優越主義の文化と思想に、完全に一貫的です。結局の処、ユダヤ人達は、シオニストと反シオニストの両方を含めて、ユダヤ人だけの環境の中で活動する事を好むからです。ですがイスラエルはそれ自体からパレスチナ人達を追い出す事が出来るでしょうか?これが正に、連立政権の右翼党が行うと公約している事です。

貴方の問いに戻ると;軍はその答えを供給出来ず、そして政治家達が解決のイメージを産出出来ないので、軍が火消しとして使われています。それは短期的にだけ存在する勝利を供給します。IDF(イスラエル自衛軍)は時間を買っているだけで、それが勝利を達成出来ないのは、何故なら、軍事的な目的が具体化される事さえ出来ないからです。IDFはガザをミサイルで攻撃し、それが危険と疑う何であれ(多くの子供、年寄り、そして女性達)殺します。ですが時が過ぎる毎に、その軍事的な選択肢は縮小し、そしてある意味、もう実行可能ではありません。

ドイツの軍事的な論説家、カール・ヴォン・クローズヴィッツは19世紀に、「戦争はその他の方法による政治の継続である」と提案しました。イスラエルの件に関して私達は、代わりにクローズヴィッツのアイデアの真逆を見ています:イスラエルの政治は紛争のためのユダヤの必要性の継続です。

U:ハーレツ紙の記者、ギデオン・レヴィ―は、イスラエルは平和を欲しておらず、そして「拒否主義はイスラエルの最も根本的な進行に埋め込まれています。その最も深遠なレベルにあるのが、この土地がユダヤだけのために運命づけられていると言う概念です」と書きました。これについての貴方の意見は何ですか?

http://www.haaretz.com/news/diplomacy-defense/israel-peace-conference/1.601112

A:私の最大の論敵も含めて、より多くの人達が、ユダヤの文化とID政治には、何かとても深くトラブル的なものがあると、私に同意し始めているのを、私は喜ばしく思います。ハーレツ紙は数日前、「イスラエルは文化的な革命を経験しなければならない」と明言する社説を書きました。(http://www.haaretz.com/opinion/.premium-1.603451)私の最大のパレスチナ人の論敵で、つい最近にユダヤ文化に集中したために私を批判した、アリ・アブニマーも、私の哲学を応用したようです。彼は今、ユダヤ文化と政治に潜在的な病的な人種差別主義を指摘します。

そして今、私自身と私の「預言者的な質」を讃えた後、私にその問いを答えさせて下さい。ヘブライ語において「シャローム」と言う言葉は、平和、調和、または和解を意味しません。それが意味するのは「ユダヤ人達のための安全」です。言葉を変えると、イスラエルは、平和または和解のための、正しい言葉を有しません。よって、イスラエルが平和におけるパートナーでないのは驚きではありません。それはその概念を考える事さえも出来ないのです。

私達が生きる、ポスト政治的な状態に、私達が気付き始める際に、哲学と本質主義の考え方は、私達の周りの人間的風景を理解する、重要な分析的な道具です。そして今、学術界と政治の中で本質主義的、そして哲学的な考え方の、最大の敵が誰であったかを、貴方自身に尋ねてみて下さい。それは明らかに、分類的な定義において、ユダヤ性について考える事から、私達を妨げる事にとても一生懸命な、ユダヤ左派です。

U:7月2日にネーションに投稿された記事の中で、ノーム・チョムスキーは、パレスチナ人達に、「幻想と神話を避け、彼等が選択する戦法と、彼等が続く目的を慎重に考える」様に助言しました。

チョムスキーが推薦する戦略とは何ですか?

http://www.thenation.com/article/180492/israel-palestine-and-bds?page=0,0
2noam_chomsky


A:私の最近の講義の中で、「インテリ(知性派)」と「コミッサー(役員)」の違いを明確にさせました。インテリは、その他の人達に独立的そして正真正銘的に考える事を薦め鼓舞する人です。コミッサーは、対照的に、その他の人達に適切な答えを供給します。人を「どう考えるか」に導く代わりに、コミッサーは「何を考えるか」を貴方に伝えます。コミッサーの「教育学上」のモードは、ユダヤのインテリジェンシアと呼ばれるものと、左派の、相応しい描写です。想像的な異議の亡霊的な儀式の中の正しさの境界線を与えるのは其処です(i.e.箱に閉じ込める/箱の外を見えなくする)。ノーム・チョムスキーは、考える事のその様なぶざまな非知性的な形状の現在のエンブレム(代表格)です。

それ自体が人類に対する犯罪である、ユニークに長ったらしく退屈である事に加えてチョムスキーは、彼の一番好みのナレート、論説、または意見に当てはまる様に、事実を限定的に選ぶ傾向がある間、意識的に最も関係のある事実を削除します。その様な長い間、チョムスキーが逃れられた事は、恥ずかしい事以外の何ものでも無いですが、彼が主張する「正しい」論説の病状でもあります。

彼の有名な1843年の小論、「ユダヤの問いについて」の中で、カール・マルクスは、世界が解放されるためには、ユダヤ、またはユダヤ主義(i.e.商業/資本主義)から解放されなければならないと提案しました。類似した行を応用して、西洋のために、そして異議が解放されるために、「正しさ」の圧政であるコミッサー文化から解放されなければならないと、私は強く信じます。「私達が言う前に考える」代わりに、私達は「私達が考える事を言う」私達の能力を回復させなければなりません。

私は、この世のチョムスキーの様な人に、パレスチナ人であれ、その他の人達であれ、「慎重に考えろ」等と言って欲しくありません。そして私はチョムスキー自身が「慎重に」考える代わりに、彼のタルムード的な法律尊重主義のアプローチでは無く、人道的な考え方を応用する事を学ぶ事を望みます。私達、その他の人類は、真の抵抗のスピリットを、自己犠牲も含めて、育みにもたらす事を学ばなければなりません。これは正にユダヤの左派が長きに隠蔽する事が出来たものです。実際の変化を創造する代わりに、ウオール街や、ジョージ・ソロスの様な人達と、彼のオープン・ソサエティー・インスティチューとの、腐食的な影響の対象に成る想像的な運動の論説に私達は、私達自身を拘わらせてきました。(i.e.左派/中流階級と、右派/労働階級を衝突させる、上流階級による「分断統治」)

U:ドミニク・ヴィダルと言うフランスのジャーナリストが、2012年に「ギラード・アツモンのプロトコル」と言う奇妙な題名の記事を書きました。恐らく「シオンの長老のプロトコル」に言及していたのでしょう。その記事の内容の殆どは、貴方の本「放浪している誰?」からの引用でした。ドミニク・ヴィダルは、貴方のアイデアを論議する事を拒否する事を認識しています。それが何故なら、彼は単純にそれらを位置付ける事が出来ないからですか?

http://blogs.mediapart.fr/blog/dominique-vidal/110412/les-protocoles-de-gilad-atzmon

A:そうなのでしょう。私は未だに舞台の上で面と向かって私に反論するに十分に勇敢な、ユダヤの左派の一人も出会った事がありません。私が思い出せる限りでは、ノートン・メズヴィンスキー教授が、私と共に舞台に上がった唯一のユダヤのインテリです。そしてそれは大変に参考に成る経験でした。

ユダヤの左派の中の多くがユダヤの代表的な神学者達の内の一人と考えるマーク・エリス教授が、彼の最新の著書の最後の章の殆どを、私の研究に割き、私を現代のユダヤの聖書的な預言者と結論したのには、私は驚かされました。勿論、私は預言者でもないし、ユダヤ人でもその他でもありませんが、私は単純にイスラエルとユダヤの問題について私の考えを語っているだけですが、ユダヤのディアスポラには親しみが無い事のようです。その事実だけでも、私が「正しさ」に否定的であると言うアイデアは、私をユダヤの左派にとってとても危険にします。

マーク・エリスの接近は、心変わりと、ユダヤの進歩的なミニチュアの重要で無い宇宙の自己反映かも知れませんが、ドミニク・ヴィダルはユダヤの左派の中で腐っている全ての病状で;民族的な排他主義、議論と意見効果への非積極性、ゼロ自己反映、そして完全でそしてユニークな知性的な誠実さの欠如です。

U:タルムードへの批評は、特にインターネット上で、広まっています。2003年の反誹謗中傷リーグ(ADL)は、タルムードの批評は、その意味を歪めるために、誤って翻訳された、または誤って引用されたものと説明する報告を公表しました。

http://archive.adl.org/presrele/asus_12/the_talmud.pdf

ADLの論法は一般的なユダヤの戦法で-ユダヤ文化、ユダヤ国家、そしてタルムードに内在的な問題から注目を反らすために、誤訳してコンテキストの外で引用するのは、ドミニク・ヴィダルの様なユダヤとイスラエル人達です。ADLの記事はこの手法の代表例です。論議を位置付ける代わりに、それは単純に、タルムードはまた、人道的な教えも幾つか含んでいる事を見せているだけです。

しかしながら、私はタルムードが中心的な問題であると、私は考えていない事を加えなければなりません。私のユダヤの歴史の研究は、民族虐殺的な犯罪を拘わったのは、ラビ的なユダヤでもタルムードに続くユダヤでも無いと明かしました。ユリ・セルツキンの素晴らし本「ユダヤの1世紀」が描写した様に、喜んでスターリンの死刑執行者に成ったのはボリシェヴィク(共産主義過激派)のユダヤ人達でした。「世界無産階級」の名の下に、キリスト教徒達を殺して焼いたのは革命的なユダヤ人達で、その間、イディシュ語を話し(1936年にスペインの市民戦争で)「国際ブリゲード」の中で戦っていました。今現在、ナクバスとして知られるものにおいて、1948年にパレスチナ人達を追放したのは左派のシオニスト達です。ユダヤ的な見解からの以前の世紀(20世紀)は「ナクバスの1世紀」と提案するに十分な証拠があると私は考えます。これらの「進歩的な」ユダヤ人達は、彼等自身を反宗教で、無神論者で、そして「労働階級」と考えました。ある人が私に最近言ったのですが、何らかの理由で、これ等のユダヤ人の革命家達は、教会は常に燃やしますが、シナゴーグ(ユダヤ寺院)は燃やしません。これは偶然でしょうか?

U:数年前に私はイスラエルのパレスチナ人で、映画製作者であり、俳優で、政治的な活動家でもあった、ジュリアノ・マー・カミスに出会いましたが、彼は2011年に殺害されました。彼は私に、彼が深遠に人道的な人であると言う印象を与えました。貴方は彼の活動、特に彼が確立した自由劇場をどう評価しますか?

A:彼は英雄でした。ジュリアノ・マー・カミスは常に彼の考えを語り、その究極の代償を払いました。私は残りの人生において、彼の思い出を大切にします。

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









マリア・マグダレナ・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2014 07 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -