ユーロ懐疑派は、緊縮財政反対に投票し勝利した:分析者(タープリー博士/プレスTV)

Euro-skeptic win, vote against austerity: Analyst
ユーロ懐疑派は、緊縮財政反対に投票し勝利した:分析者(タープリー博士/プレスTV)
http://www.presstv.ir/detail/2014/05/29/364653/euroskeptic-win-antiausterity-vote/


1_Protesters-Spain


最近のヨーロッパ議会におけるユーロ懐疑派の各党の勝利は、ヨーロッパの人々が彼等の政府の緊縮財政方針に我慢出来なく成っている事を表していると、分析者はプレスTVに伝えました。

「私達が見ているのは、ヨーロッパを渡る抗議の投票で、それは緊縮財政に対してです。それはヨーロッパ中央銀行によって命令された緊縮財政です、」とウェブスター・グリフィン・タープリーはプレスTVとのインタヴューで伝えました。

先の日曜のヨーロピアン・ユニオンを渡る投票において、EUの2つの有力国であるフランスと英国の与党が、ユーロ懐疑派によって破られました。

ヨーロッパの国々において、「人種差別的で、多民族嫌いで、反外人で、そしてイスラム教徒嫌いな党に、ユーロ懐疑派が優ったと、タープリーは述べました。

英国の首相、デーヴィッド・キャメロンの自由党(注:保守党の誤り)の敗北は、「その緊縮財政の政策が失敗であった事を表している」と彼は述べました。

「自由民主党のために、特別な裏切りがあり、労働党はいまだにトニー・ブレアと彼のブッシュのイラク戦争のための、飼い犬的サポートのために、未だに信用されていません」とその分析者は言いました。

キャメロンの党(保守党)は、ヨーロッパ議会の751議席の内、19議席勝ち取り、その間、ユーロ懐疑派である英国独立党(UKIP)が24議席勝ち、そして労働党が20議席勝ちました。

その投票はまた、経済の改善を約束したフランスの大統領、フランソワ・オランドのそうする事(改善する事)の拒否への反応でもあると、彼は述べました。

「フランソワ・オランドは緊縮財政を終わらせると公約して権力に就きましたが、そうする代わりに緊縮財政を強化しました、」とタープリーは語りました。

ヨーロッパの国々の多くは、2008年早期に金融的危機に陥りました。悪化する借金危機はEUの各政府に乱暴な緊縮財政の方針と厳しい経済的立て直しを強要し、それは順を追って市民達への苦しみと成り、抗議の原因と成りました。
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

市民に対して軍事力を使う権力をオバマに与える指令3025.18を読んでください(ゼロ・ヘッジ)

Meet Directive 3025.18 Granting Obama Authority To Use Military Force Against Civilians
市民に対して軍事力を使う権力をオバマに与える指令3025.18を読んでください(ゼロ。ヘッジ)
http://www.zerohedge.com/news/2014-05-29/meet-directive-302518-granting-obama-authority-use-military-force-against-civilians


ワシントン・タイムズ紙によって発見された、軍に市民的権威(警察)へのサポートを要請する2010年のペンタゴンの指令は、「武装された[無人飛行システム]の使用は許可されていない」間、アメリカ人達に対して軍事力をオバマ政権が使う可能性を想定する、非難者達が不穏と言う詳細を見せています。ある防衛の役人(軍人)が主張した様に、「これはその市民達に対して米国(US)内において軍事力を使う政権の判断への最新の一歩の様に表れます。」指令3025.18とその「市民の抵抗/暴動を鎮圧する」国家統制主義を見て下さい・・・

ワシントン・タイムズ紙が報告する様に、

「指令番号3025.18、「市民権威(警察)の防衛(軍事)サポート」は、2010年12月29日に発令され、U.S,の指揮官達は「この指令の下、緊急時の権威を供給される」と明言されています。

「連邦の軍事力は、応用される法律に沿って、または緊急時の権威の下で、大統領によって特定的に許可されない限り、市民の暴動の鎮圧には使用されません。

「これらの状況において、これ等の連邦の軍事指揮官達がその権威を有し、大統領による事前の許可が不可能で、合法的な地元の権威(警察)が状況を操作しきれない特別な緊急時の状況において、大規模な予期されなかった市民の暴動を鎮圧するのに必要な活動を一時的に行うには、2つの条件があります。

その条件に含まれるのは、「生命の重大な消失、または財産の理由の無い破壊を防ぐため、そして行政機能と公共の秩序の復帰に必要な軍事サポートです。2つ目の使用は、連邦、州、または地元の権威が、連邦の財産または連邦政府の機能のために、十分な保護を供給できない、または供給する事を断った時です。

あるU.S.の役人は、ネヴァダ州の牧場主クライヴェン・バンディ―ト彼の武装した仲間との最近のにらみ合いにおいて、オバマ政権は指令の下での軍事力の行使を考えましたが、拒否しました。

「連邦の軍事力の使用を含む連邦の活動は、連邦の財産または機能を守るのに必要な時に許可される」と指令は明言します。

軍事補佐に含まれる事が出来るのは、武器、弾薬、乗り物(戦車/装甲車)、そして飛行機の貸し出しです。それは暴動の際の市民達に対処するためだとその指令ははっきりと明言します。

一つの希望の光があります(今の処は)・・・

武装化された[無人飛行システム]の使用は許可されていない、とその指令は述べます。

そして指令の全容は以下に・・・

Dod

nazi-zionism.jpg
Palestine.png
DO-NOT-EXPOSE-OUR-EVIL.png




  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

グラディオ→フリーメイソン→モサド

グラディオ→フリーメイソン→モサド

グラディオ

グラディオ作戦 (英語: Operation Gladio、イタリア語: Organizzazione Gladio) は、冷戦期にアメリカ合衆国と北大西洋条約機構(NATO)が操っていた謀略活動である。名称はラテン語の「グラディウス(古代ローマの剣)」に由来する。

中央情報局(CIA)などの諜報機関がイタリアの右翼集団を使い、反共の強力な指導者を国民が求めるようにし向けるため、一般人を標的とするテロ事件が極左勢力による犯行と見せかける秘密工作を行った。1969年のフォンターナ広場爆破事件、1980年のボローニャ駅爆破テロ事件をはじめ、1970年代前後にイタリアで多発したテロ事件が含まれる。

1991年、現職首相ジュリオ・アンドレオッティがこの作戦の存在を暴露、自身も関与した事実を認めて1992年4月に辞任している。

フリーメイソン

フリーメイソン(英: Freemasonry)は、16世紀後半から17世紀初頭に、判然としない起源から起きた友愛結社。

現在多様な形で全世界に存在し、その会員数は600万人に上り、うち15万人はスコットランド・グランドロッジならびにアイルランド・グランドロッジの管区下に、25万人は英連邦グランドロッジに、200万人は米国のグランドロッジに所属している・・・

中略・・・

いかなる団体であれ団体内部の秘密というものがあり、そうした視点においてフリーメイソンリーは広く知られた公開結社なのであるというフリーメイソンリー側の意見もある。

中略・・・

友愛団体に変貌したフリーメイソンリーは、イギリスから、商業や文化のネットワークを介して、ヨーロッパ諸国、ロシア、アメリカ大陸、さらには西欧諸国従属下にあるアフリカやアジアの植民地にまで広まった。民間人を対象とする国際的な互助組織がない時代だったので、会員であれば相互に助け合うというフリーメイソンリーは、困難を抱えた人間にとって非常にありがたかった。

中略・・・

元フリーメイソンであった創始者による新宗教も多く、モルモン教の創始者ジョセフ・スミスならびに二代目大管長ブリガム・ヤング(加入はブリガム・ヤングが先)、エホバの証人(ものみの塔聖書冊子協会)の創始者チャールズ・テイズ・ラッセル、クリスチャンサイエンスの創始者メリー・ベーカー・エディらがいる。

中略・・・

昭和に入ると、『共産党の黒幕猶太民族の大隠謀を曝露す : マツソン秘密結社の正体と我国の現状』(昭和3年)、『皇輝遍照赤魔の正体を見よ』(昭和6年)などの書籍において「猶太」(ユダヤ)とともに「マッソン」(メイソン)が陰謀と見なされる。日独伊三国同盟が成立すると、ナチス党政権下のドイツの影響で日本にも「フリーメイソン陰謀論」、「ユダヤ陰謀論」が広まった。陸軍中将の四王天延孝は、ナチス党の影響を否定しつつ、ユダヤ・フリーメイソン陰謀論を流布した。四王天は、『シオン賢者の議定書』を陰謀の物証とした。

中略・・・

英連邦系(UGLE)のフリーメイソンリーは会員の政治及び宗教に関する議論を禁じているが、有力者が会員として存在し、また世界的な組織である以上、国際政治に無縁な組織として活動を続けることは難しいという意見もある。たとえば1981年には、すでにフリーメイソンのロッジとしての承認を取り消されていたイタリアのロッジ「P2」が、承認取り消し後にも元会長で極右政党幹部のリーチオ・ジェッリや、アンブロシアーノ銀行頭取のロベルト・カルヴィらの元メンバーがその後も「P2」として活動し、イタリア共産党を除く政財界やマフィア、バチカンとの間を結び付けていた。そして、国際的に反共勢力の援助を行い、さらに国内ではクーデターを企図したことが明るみに出た事件があった(P2事件)。

1Bones

スカル・アンド・ボーンズ

モサド

情報収集、秘密工作(準軍事的な活動および暗殺を含む)および対テロリズム活動、逃亡している元ドイツ戦犯やテロリストの捜索などをおこない、その焦点はおもにアラブ国家などの敵対国にむけられ、組織の拠点は世界のいたるところに存在する。モサドは、「民間のサービス」という名目でスタッフはすべてイスラエルの徴兵システムの一部としてイスラエル国防軍に採用されるが、軍隊の階級を使用しない。また、それらのうちの多数は士官である。世界各国に在住するユダヤ人の人脈もある。

中略・・・

「モサド」という言葉はヘブライ語で組織・施設・機関を意味する「モサッド」(מוסד ; Mossad)からきたもので、イスラエルでも「ハ-モサッド(המוסד)」と呼ぶことが一般的である。ちなみに、英語では「ISIS」(Israel secret intelligence service)と称される。


  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

CIA、ブッシュ、クリントン、麻薬

[引用]

1. 「ゴールデン・トライアングル」と呼ばれるタイ、ラオス、ミャンマー国境の麻薬生産地帯、そこを支配する麻薬マフィアのボス「クンサー」は言う。「生産した麻薬は全て米国政府が買い取ってくれる」。

クンサーの言う米国政府とはCIAの事で、中国共産党に追放された中国国民党を武装させ、中国共産党を倒す為、再び中国政府と台湾政府、そしてゴールデン・トライアングルの反共産軍に戦争を行わせる。

その武器購入の資金源としてCIAが、この地域で50年前から麻薬生産を推し進めてきた。かつて、世界最大の麻薬生産地帯だったゴールデン・トライアングルを育ててきたのはCIAであり、その中心、アジア麻薬の父が、ブッシュの前国防次官リチャード・アーミテージである。

同様の事は、かつてソ連と米国が戦ったアフガニスタンでも行われた。米国側ゲリラの武器購入費用捻出の為、CIAがアフガンで麻薬生産を推進して来た。現在では、ゴールデン・トライアングルを上回る麻薬生産地であるアフガンも、CIAが育成して来たのである。(トウ賢著「ゴールデン・トライアングル秘史」NHK出版 P144、154、167、177)


2. 米国に大量に麻薬が流入し始めた70年代、コロンビアからの麻薬密輸業者であり、マネーロンダリング(麻薬資金洗浄)の草分け的存在でもあった伝説の人物、アイザック・カッタンは、銀行デューク・ベレラの全米支店を利用し、麻薬密売の代金を回収していた。「ベレラ」社は麻薬資金と知りながら、カッタンに協力し続けていた。(ロバート・ポウィス著「マネーロンダリング」西村書店 上巻 P110~113)


3. 「ベレラ」社の創立者ニコラス・デュークは、CIAの創立者であり、デュークは第二次大戦中、児玉誉士夫と共に中国でアヘン売買を行っていた。アヘン密売業者がCIAを創立し、米国の麻薬の黎明期、麻薬密売代金を回収して来たのもCIA創立者の銀行だった。(アルフレッド・マッコイ著「ヘロイン」サイマル出版 上巻 P19)


4. デュークは、同時に世界最大の産金業者、南アフリカの「ニューモント・マイニング」社の創立者であり、ブッシュ一族の経営する「ハリマン銀行」は、「ニューモント・マイニング」社の傘下企業である。(メンシコフ著「アメリカ金融寡頭制の構造」ミネルヴァ書房 P363)


5. 父ブッシュは、麻薬商人ベレラの「ニューモント・マイニング」社のカナダ支部バリック・ゴールド社の取締役である。ブッシュの大統領補佐官ブレント・スコウクロフトは、「ニューモント・マイニング」社の取締役であると同時に、ブッシュの経営する軍事産業投資会社カーライルの取締役である。スコウクロフトは、「ライブドア」の親会社「リーマン・ブラザース」の取締役でもあり、次期大統領候補コンドリーザ・ライスの恩師・先生である。つまり全員、麻薬業者、CIA創立者の傘下に居る事になる。


6. 70年代から30年間に渡り、ゴールデン・トライアングルから麻薬を米国に運んでいたのは、CIAの輸送会社「エア・アメリカ」だった。この会社は、ブッシュの部下オリバー・ノースが経営していた。父ブッシュは90年代、大統領命令でベネズエラから1トンもの大量のコカインを米国に輸入し、街頭で販売していた。(ジェフリー・ロビンソン著「マネーロンダリング」三田出版会 P388)


7.「エア・アメリカ」で運び込まれる麻薬は、CIAの銀行「BCCI」で支払いが決済されていた。この銀行を使い、CIAは世界に米国製武器を密売し、麻薬資金を回収し、テロリスト、ウサマ・ビン・ラディンに資金を提供していた。

現在、インターネット上でのやり取り、電話の会話を盗聴している軍事衛星エシェロンに使用されているバックドア付き(盗聴システム付き)の軍用ソフト「プロミス」も、この銀行を通じ、ブッシュとCIAにより世界中に販売されて来た。(ジョナサン・ビューティー著「犯罪銀行BCCI」 ジャパンタイムス刊)


8. ブッシュとCIA、「BCCI」の武器密売が明るみに出たのが、89年のイラン・コントラ事件だった。ブッシュとCIAは、敵国イランとニカラグアに武器を売り、代金を受け取っていた。代金は一部現金で「BCCI」に振り込まれ、特にイランからは麻薬の形で代金が支払われた。イランから支払われた麻薬は、ブッシュとCIAにより米国の街頭で若者に販売された。(ジャン・ジグレル著「スイス銀行の秘密」河出書房新社 P155~157)


9. ブッシュとCIAの下部組織として麻薬を街頭で販売しているのが、イタリア・マフィア、「コーサ・ノストラ」である。第二次大戦中、イタリアのムッソリーニと戦う米軍のイタリア系兵士が、祖国イタリアに忠誠を誓い、米軍の軍事情報をムッソリーニに横流する事態が横行した。困った米軍はCIAに依頼し、イタリア・マフィアにイタリア系兵士多数の身辺監視を依頼した。それ以後、CIAと「コーサ・ノストラ」は一体化する事になる。互いの利益は麻薬販売という点で一致した。「コーサ・ノストラ」は、麻薬の利益をCIA銀行「BCCI」から本国イタリアの「アンブロシアーノ銀行」に送金し続けた。(リチャード・ブルム著「オフショア市場の犯罪」東洋経済新報社 P294)


10. 銀行を支配する持ち株会社「インター・アルファ・グループ」の中に、「アンブロシアーノ銀行」とブッシュの「ハリマン銀行」はあり、この2つの銀行は、同一組織の手足である。(布目真生著「ユーロバンキング」日本経済新聞社 P133~135)


11. 世界最大の麻薬販売企業はCIAである。アフガン戦争は、麻薬生産を拒否するタリバン政権を倒し、米国内の麻薬不足、CIAの裏金不足解消も目的の1つだった。(Alfred. W. McCoy The Politics of Heroin:CIA Complicity in the Global Drug Trade. Lawrence Hill Books. P18~19. 162~163. 222~223. 436~437)


「電通」と自民党・公明党・CIA、「電通」を取り巻く、日本でいちばん醜い利権の構図

The Mena Connection: Bush, Clinton, and CIA Drug Smuggling
ブッシュ、クリントン、CIA の麻薬密輸ビジネス


  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

経済学101(基本):USドルは強くありません

Economics 101: The US Dollar is Not Strong
経済学101(基本):USドルは強くありません
http://www.rense.com/general96/eco101.html


私は過去8年間、USドルを所有していないし頼ってもいません。以下はそれは何故かの簡単な説明です。

CNBCやMSNBC(テレビ局)とその他のマスゴミの「上向きの緑の矢印」と「下向きの赤の矢印」に関わり無く、USドルは強く無く、溺れている人が最後の息をしようとしている時に、強いと表現する事は賢明ではありません。その価値は、US政府と連邦準備銀行(以下、米連銀)の過去40年に渡る財政的な無責任さのために、風化し続けています。

US政府は、浪費的で、アメリカにおいて間違っている事を正す以外の事の全てに投資する傾向があります。彼等のファシスト軍事主義と石油ドルの優越性に基づいた世界的帝国の目標は失敗に終わり、そして貴方がこれを読む正にその間も衰退しています。

USの経済自体でさえ、ワシントン DC(ディストリクト・オブ・コロンビア/王立企業)の間違ったビジネス計画と手法のために、今、崩壊しようとしています。

以下の記事を読んで、そして2014年の第1四半期に、USの小売業者が苦しんだ損失を見てみて下さい。私は何年も以前にDC(政府)に警告し、彼等の政策が中流階級とその消費者達を潰す間、消費者に基づいた経済を進める事は出来ないと伝えました。「消費者を潰す事は、消費者に基づいた経済を殺す事だ」と理解するのにハーバードやウァ―トンからのビジネス修士号はいりません。

第1四半期の小売業の損失

安売りチェーンでさえこの様な損失を見せている時、US経済の中の消費者への害が現れた事を表しています。

以下の図表は、1970年以降のUSドルのスイス・フランクに対する現実です。丁度2000年頃からの効果に注意して下さい。

1m6e8f704c

1970年からドルは、スイス・フランクに対して80%下落しました。
2000年以降ドルは、スイス・フランクに対して50%下落しました。

この記事が書かれている現時点で、USドルはCHF(スイス・フランク)に対して0.8975です。スイスには最低賃金が無く、高卒でもすぐに時給20CHF稼げます。それをUSAの最低賃金自給7.65ドルの貧困と比べてみて下さい。スイスの有権者達は最近、最低賃金を22CHFに定める法案を拒否しましたが、何故なら、その様な賃金を稼ぐのに相応しく無く、スイス人よりも技能がない人々(移民)に集まられたくないからです。

USAの多くの人々は、株式市場がUS経済の健康状態の指数であると言う幻想を患っています。現実の状態で見た時、つまり、USドルの真の価値評価は、数字が実際に過去14年間下落していて、上向きでなどではありません。

2ce97c08

USドルにおけるダウ・ジョーンズ指数
スイス・フランクにおけるダウ・ジョーンズ指数

最近の報告は、ウォーレン・バフェット、ポールセン、そしてソロスが、彼等のUS銀行における株を売り捨てた事を示唆しています。それは、大きな嵐が近づいて来ている事のもう一つのサインです。

中国とロシアはUSドルに対して戦争を仕掛けているのではありません。彼等は、US政府と米連銀(個人企業)の酷い金融的な違法行為から、彼等自身の国家と経済を防衛しているのです。

ドルの弱さと、全てのエネルギー(資源)は石油ドルによって貿易されなければならないと言うUSによる強要は、弱いドルは高いエネルギー価格に比較出来ると言う簡単な比例です。それはその他の国々の経済に、経済的な害を原因しており、多くの人々は石油ドルの優越性が終わらせられなければ、彼等の人々と経済は苦しまされ続けると、はっきりと理解しています。

彼等が金利を人工的に低く保つ事が出来る様に、USが正確に、または正直に明言しないインフレ率に、その他の要素が含まれれば、その傾向は更によりマイナスです。もしインフレがそれがあるがままに正確に明言され、そして彼等が都合よく省く生活必需品の上昇した価格を含めば、金利の率は跳ね上がり,US政府は、彼等がUS市民達の背中に積み上げた17.6兆ドル(約1760兆円)の国家の借金の利子さえ十分に支払えなくなります。

それは問題をいっそう酷くするために更に進みます。全ての外国の金融的取引と銀行口座をスパイする事を試みる事によって、USの脱税者を取り締まるふりをする愚かなFATCA法は、USAにおける海外からの投資を消滅させます。殆どの国々はこの新たなUSAの法律に従おうとしないので、彼等は最近その開始を2014年の7月から、次の大統領選挙がある2016年の中場まで見送りました。

丁度、アメリカ人達がこれ以上は悪くは成れないだろうと考える時に、そして私達がやっと樽の底を見た時に、ワシントンDCの実行はアメリカ人達がとても薄暗い金融的未来にある事を確かにします。彼等はDCの中で樽の底はまだ届かれていない事を確かにします。

DCにいる馬鹿どもは、ウクライナに10億ドル貸し出し、150億から180億ドルのIMFの貸し出しを調整し、そしてウクライナの政権交代のために50億ドル使いましたが、アメリカ内の駄目なものを改善するためには1ドルも使いません。

多分、私は現代のウィル・ロジャースなのかも知れません。

3m4fb0daa2

私は冗談を言ってるのでは無く、唯、私は政府を見て(監視して)事実を報告しているだけです。
- ウィル・ロジャース

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

金融的権力に真実を語る(ゼロ・ヘッジ)

Speaking Truth To Monetary Power
金融的権力に真実を語る(ゼロ・ヘッジ)
http://www.zerohedge.com/news/2014-05-27/speaking-truth-monetary-power


政府、またはその特権化された中央銀行による通貨創造は、ビジネス・サイクル、通貨の価値の低下、そして政府の権力の増大を産み出します。

2007年に、ロン・ポール(議員)が国家的レベルでその問題を取り上げるまで、連邦準備制度(以下、米連銀)は、怠けた無関心の一種、あるいは老舗の組織が馴染みと共に大衆に徐々に受け入れられる様に、扱われていました。正確には、殆どの大衆はそれを未だにその様に扱っています。彼等は、2008年の崩壊にも拘らず、専門家(御用学者)への十分な信用を失っておらず、米連銀(個人企業)に二度見(または一見さえも)与えません。

ですが懐疑的な少数派は、その論議に影響するのに十分な程の量に成長しています。私達の金融システムに何らかの大きな変化が起きるかどうかは、勿論、未だ見られぬままです。私達が絶対的に知る事が出来るのは、過去数年間に米連銀が経験した(個人達による)精密調査は、決して無くならないと言う事です。金融政策は、米連銀の政策が緊縮的すぎるとか、拡張的すぎるとかの次元では無く、それ(米連銀/個人企業)が最初の場に存在する事自体がおかしいと非難する、理解能力があり、増え続ける市民の一部と言う背景に対して行われ続けるでしょう。

金融政策は、潜在的に不安定化させるものなのでしょうか?イエスとノーです。任意的な金融政策は、中央銀行からの祝儀を受け取る側の組織(企業)にとって、確かに不安定化させるものではありません。ですがその他の全ての人々にとって不安定化させるものです。

一般大衆は、経済が、上がり下がりする巨大な数字(株価)だと信じ込まされています。その数字が下落している症状を見せた時にいつでも、金融的権威はその数字を上昇させるのが,その役割であると思われています。その様な対策の唯一の可能性がある欠点は消費価格(物価)の上昇だと大衆は伝えられ、そのリスクは私達の政策創造者達(行政)が伝統的に取る事を意志してきたものです。

ですが経済は巨大な数字ではありません。それは、私達が利用する製品の様々な種類を生産するために、一つ一つお互いに内在的に拘わった協力において機能する相互関係した生産行程の格子細工です。この格子細工は、中央からの方向づけの必要性無しで一所に(一つに)存在します。それは、自由市場が派生を与える価格システムの補佐と共に集められます。自由価格システムは、経済的計算である利益と損失の計算を、事業家に可能にさせ、資源をそれらの最も価値産出的な使用へと方向づけ、変化し続ける消費者の要望を、事前にある好機において、最もコスト効果的な方法で満足させられる様に、その結果に向けて経済を常に押します。

「金融政策」は、この自発的な行程へと、白い雑音と混乱を紹介し、それ(金融政策)が無くても自然に起こった資源の配分のパターンを歪めます。邪魔されていない市場の上の金利は、時間を渡り生産を調整します。消費者が、存在している製品を今すぐ欲しい時、それが市場が生産するものです。消費者が彼等の収入を貯金する事を好む時、市場はそれに沿って、消費者が再び出費する準備がある未来において成熟する(製品の)プロジェクトに取り掛かります。

中央銀行によってもたらされた人工的に低い金利は、異なる生産プロジェクトの利益性を異なって影響します。完成品から時間において遠いプロジェクトは、金利のこの工夫された低下によって人工的な刺激が与えられます。それらが開始された時点で利益的なプロジェクトは、大衆の真の貯金と消費の好みが明かされ、製品を購入するために必要な本当の貯金が現れないので、難しさにぶつかります。

故に中央銀行の介入は、保つ事の出来ない設定へと、生産構造を再構成します。事業家達は消費者の要求のパターンと一致しないプロジェクトへと投資する様に誤って導かれます。プロジェクトは、そのために必要な資源が十分に利用可能でないのに始められます。この現れている豊かさが砂の上に建てられていると鮮明に成ってくると、金融的権威は、金利を更に低く押し下げるために、金融的ポンプ(量的緩和)を増やしたくなります。彼等がそうしたとすると、彼等は経済を更に歪め、もし緩和された金融政策が続き続ける際にのみ利益的に生き残れる生産ラインの数を増やします。

これはF.A. Hayekがインフレ金融政策について、「その刺激はそれが産出するエラーによるものだ」と言った時に、彼が意味していたものです。それは、確かに、活動を刺激しますが、消費者が要求している活動ではありません。米連銀が人工的な刺激を造れば作る程、経済自体が人工的に成ります。より更なる生産プロジェクトは、消費者の好みに奉仕する最善の方法において、生産の格子細工の中で資源(労働)の雇用がそれらに含まれるか否かでは無く、代わりに中央銀行が安い通貨をポンプし続けるか否かに、彼等の利益性を頼ります。その様な介入を米連銀が行えば行う程、より大きな経済の部分がこれらの介入の継続に頼る様に成り、そして中央銀行が最終的にその活動(量的緩和)を縮小する、または止めると決定した時に、そのシステムはより激しくクラッシュします。

ジム・グラントが観測する様に、「私が恐れるのは、金利率が抑制されているので、故に収入が膨らませさせられている事です。ですから率が上がり・・・鏡のホールが粉々にされ、そして私達はお互いを見合い、米連銀が私達に信じさせたいものよりもむしろ、何が実際に本当なのかを見ると言う事です。」

そうこうする間、世界の各中央銀行と、それれらを可能にさせる金融ジャーナリスト達(マスゴミ)は、あたかも全ての正気な人は金融的中央計画がとても素晴らしい成功であると知っていて、そしてこの殆ど統一的な判断を非難する者は、非常に間違った情報しか持っていないか、もしくは盲目的に思想的であるかの如く振る舞います。

デーヴィッド・ストックマンが、彼の欠かす事の出来ない2013年の本、大いなる歪みの中で、全ての(銀行)救済支持者達を論破したので、私はそれについては此処では言及しません。私が唯一言いたいのは、メディアの中、そして政治家階級によって主張された脅しは、順を追って詐欺だと暴露されたと言う事です。通貨市場ファンドからの主張された逃避も、AIGのクレジット・ディフォルト・スワップ(借金破綻交換)問題の一般銀行への主張された危険も、そして2008年のインチキの主張の集合体全体も、当時、最も賢明な経済学者達が指摘していた様に、政府の権力の拡張のための言い訳でしかありませんでした。

そうする間、21世紀における米連銀の記録は今の処どうだったでしょう?ストックマンはこう記述します:

もし金融的な中央の計画者達が、「富の効果(トリクルダウン/こぼれ落ち)」の間接的な方法を通して雇用創造を試みていたなら、彼等は彼等の無能さによって深遠に辱められるべきです。過去10年に雇用創造の前線で唯一起こった事は、便器と合格証の工場の小隊で;つまり、介護ホーム、病院、家庭健康エージェンシー、そして利益のための大学における雇用です。実に、HESコンプレックスは1990年代後期からのアメリカの雇用創造の全てを説明します。

加えて、一家の稼ぎ手の雇用数は、2000年1月から2007年1月まで全く変わらず、7,180万のままです。不動産や株式市場のブーム、そして家庭内の消費も、それらのために見せるにはこの不愉快な統計しかありませんでした(i.e.雇用が増えていない/経済が回復していないのに、株価や不動産はバブルに成る)。2000年から始まった12年の期間全体を私達が考えた時、毎月毎に18,000の雇用の総合的な増加があり - それは労働力における成長率の8分の1です。

クラッシュの後も、米連銀は株式市場を刺激し続けました。2012年の9月までに、S&Pは崩壊時の最安値から115%上昇しました。修正の間に雇用を失った560万人の一家の稼ぎ手の内、それまでに再雇用されたのはたった20万人でした。そして自慢される回復の間、アメリカ人の家庭は、2012年の秋には、2007年の同じ時期よりも、300億ドル少なく食料と生活必需品に使いました。

これが米連銀の仲間が擁護する事を強いられる記録です。

そして彼等はそれを擁護します。より多くのオーストリア派の経済学者が今まで以上に国中の学部の地位に就ているというのを私は嬉しいですが、大学は、存在している主流の論説に挑戦するアイデアのための場所としては、悪名高い程、好ましくないままです。Misesインスティチュートにおいて私達は、伝統的な大学の設定の外側で、オンラインのコースと同時に個人的なセミナーや特別なイベントを通して経済の指導を供給します。私達は私達の意見を短いビデオ、記事、出版物、そしてその他のメディアを通して一般大衆に直接届けます。私達は承認された意見の保護者達(御用学者)にエンド・ランを仕掛けます。

ルネッサンスの人間主義と科学的革命は、西洋の歴史の中の2つの大きな知性的出来事で、一般的な考え方と伝統的な源泉と権威への服従に支配された、大学システムの外で起こりました。大学システムの中で働いているオーストリア派の経済学者達の数は増え続けていますが、彼等がより大きな衝撃を持ち、より広い観客に届く責任を持つのは、彼等が大学の外で産出する記述と演説です。

1830年代、ニューヨークの反奴隷制のジャクソン派の社説記述者だったウイリアム・レゲットは、「お金と国家の分離」という素敵なフレーズを提案しました。彼は何かを気付いていました。ルッドウィッグ・ヴォン・Misesはその昔、お金の歴史は、政府の、お金を破壊する努力の歴史であると言い、Hayekは、私達は、政府が私達に善いお金を与えると予測する理由は無いと観測しました。その正反対に、政府は、彼等の権力を増大させ好まれた地盤が得をする方法で、通貨産出の独占者としての地位を悪用すると、私達が予測する全ての理由を有します。

私達は、私達が絵筆政策や、野球のバット政策や、自動車政策を必要とする以上に、金融政策を必要としていません。私達は、私達のために通貨を創造する独占的な組織を必要としていません。通貨は、どんな製品とも同様に、経済的計算の連鎖の中で市場の上で産出させた方が善いです。政府、またはその特権化された中央銀行による通貨創造は、ビジネス・サイクル通貨の価値の低下、そして政府の権力の増大を産み出します。それは経済的にも、リバタリアンとしての立場としても、好ましくありません。もし私達が金融的な事実を語るなら、これが最も中央的で転覆的です。
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

ビルダーバーグ会議がやって来る:2014年度の出席者と国別の詳細(ゼロ・ヘッジ)

Here Come The Bilderbergs: The Complete 2014 Cast And Host Nation Breakdown
ビルダーバーグ会議がやって来た:2014年度の出席者と国別の詳細(ゼロ・ヘッジ)
http://www.zerohedge.com/news/2014-05-27/here-come-bilderbergs-complete-2014-list


米連銀が金利を上げる事よりも、世界のために不吉な唯一なものは、ビルダーバーグ・グループ会議です。1954年にアーンヘム近郊のビルダーバーグ・ホテルで発足した組織は、政治家とビジネス界の指導者達の集いを意味し、その秘密主義は非難されてきました。会議は閉ざされた扉の向こうで起こり、ジャーナリスト達は出入り禁止です。インフォウォーズが報告する様に、2014年度のビルダーバーグ会議はデンマークのコペンハーゲンで行われ、ウクライナ内の危機におけるロシアの非協力な姿勢と、反EU革命がヨーロッパに広まり、ビルダーバーグが創造するのに60年以上費やした一極的世界秩序へのシリアスな危険に成る中、秘密裡の会議に出席する120名のグローバリスト達の多くは、パニックの雰囲気の中で出席する様です。

出席者の現在のリスト:元記事参照

国別の出席者数
Bilderbergs by Nation_0


奇妙にも、ロシア人があまりいません・・・
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

内密なフォルス・フラッグ(偽旗/自作自演)作戦の電話の会話の書き出し(ストーン)

Confidential False flag phone call transcript
内密なフォルス・フラッグ(偽旗/自作自演)作戦の電話の会話の書き出し(ストーン)
http://www.jimstonefreelance.com/netbama.html


ネテニヤフ~ - アラブ達のせいにした毒ガスは失敗した。次はどうする?

オバマ - そうだな、アラブ達のせいにしたフォルス・フラッグはもう全て失敗するな。使い古されているよ。

netbama.jpg


ネテニエフ~ - 軍港での乱射もあまり上手くいかなかったし、・・・ボストン(爆弾自作自演)も、・・・サンディーフック(乱射自作自演)も・・・

オバマ - ベンガジ(アルCIAダ)も・・・バットマン(乱射自作自演)も・・・

ネテニエフ~ - 空母を一隻使えるか?

オバマ - U.S.S(空母)リバティーでやったじゃないか?戦艦への攻撃でさえ使い古されていて、俺達が以前にやった全ての策略は、人々に気付かれているぞ。

ネテニエフ~ - う~ん・・・流行病は使えないし、多くの人々はもう、ワクチン接種しないし・・・う~ん・・・そして飛行機(ハイジャック)はもう機能しないし・・・

オバマ - メキシコ人達でさえ、もう俺達に気付いていて、彼等は、ペニャ・ニエトがNSAのあれに協力するのを止めたから、アカプルコの洪水を俺達が起こしたと思ってるぞ・・・そして地震?人々は疑っている。

ネテニアフ~ - 人々は本当にイランの核兵器のあれを信じていないし、俺達はあれを20年間続けてきたし・・・

オバマ - 名案を思いつたぞ!

ネテニエフ~ - 何だ?

オバマ - 宇宙人だ、宇宙人だ、俺達は唯、宇宙人を使えばいいんだ!!!

ネテニエフ~ - もしくは隕石だな・・・そうだな、もし俺達が環境(操作)を使って人々をはめている事に彼等が気付いているなら、宇宙に基づいた危険とか宇宙人とかが、次の大きなあれだなと思うぜ・・・

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

反ニューヨーク・タイムズ&リアル・ユダヤ・ニュース

UKRAINE'S NEW PRESIDENT IS A 'SECRET JEW'
ウクライナの新大統領は「隠れユダヤ」(反ニューヨーク・タイムズ)
http://www.tomatobubble.com/id588.html


ニューヨーク・タイムズ紙:親ヨーロッパのビジネスマンがウクライナの大統領選挙において勝利宣言した

彼等の引きずり降ろされた大統領を入れ替えるために有権者達が彼等の投票をする間、アンケートは、親西洋派の大富豪、ペトロ・ポロシェンコが、彼の最も有力なライバルから、広いリードをしている事を見せました。

反ニューヨーク・タイムズによる反論

キエフのCIAの操り人形のチンピラ政権が、チョコレート製造者、ペトロ・ポロシェンコ(本名:「ヴァルツマン」)の偽当選と共に、たった今「民主主義的」にお色直しした処です。少々のインターネット探索で、「ユダヤ・デイリー・フォワード紙」からの見出しのこの掘り出し物を見つけました:

ウクライナの大統領選挙における先頭走者、ペトロ・ポロシェンコと彼の秘密のユダヤのルーツ
「チョコレート王」の父は、妻の名字を取ったユダヤ人(此処:http://forward.com/articles/198758/ukraine-presidential-frontrunner-petro-poroshenko/


どうでしょう、皆さん。ウクライナの「革命」は、結局、全ては部族内の状況で、ケイガン一族の国務省のシオニスト共謀者、ヴィッキー・ヌーランドが地上の出来事において扇動し、世界シオニスト・マスゴミが、印刷と放映において事実を捻じ曲げ、そして「ウクライナ人」の名前を持つ、億万長者のシオニストのオリガークに大統領権を銀のプレートの上で手渡しただけです。何と都合が良いのでしょう!そして以前の大統領を引き摺り下ろした「ネオ・ナチス」のインチキのライト・セクターからは全く抗議がありません。

私達は、ヴァルツマン-ポロシェンコが、ロシアを挑発する西洋の努力にどの程度、奉仕するかを見るでしょう。

ユダヤ・デイリー・フォワード紙は尋ねます:「箪笥の中のMezuzah?ポロシェンコは秘密のユダヤの家系の歴史を持っているのか?」

Jewry’s Puppet…Petro Poroshenko
ユダヤ連の操り人形・・・ペトロ・ポロシェンコ(リアル・ユダヤ・ニュース)
http://www.realjewnews.com/?p=937


1jewmanporoshen


2poroshenjewman


彼の父の名字は「ヴァルツマン」で、ユダヤ名ですが、ポロシェンコは彼の母旧姓を使い「ポロシェンコ」を名のりますが報告によると、それもまたユダヤ名です。

ポロシェンコのユダヤ的な背景に拘わらず(またはそれのために)、彼はユダヤ(シオニスト)に支配された西洋において、全ての、ユダヤに操作されたマスゴミによって持ち上げられています

ですがユダヤ(シオニスト)に支配されたマスゴミが貴方に伝えないのは、ポロシェンコが証明された犯罪者で、今でもユダヤ人のオリガーク、イゴール・コロモインスキーを必要とする者だと言う事です:

・暴力的なライト・セクターが彼等の新たな本部を設置したウクライナ東部のユダヤ人人口多いドネプロペトロフスクの、クーデター政権によって任命された知事で;・ウクライナ・マフィアのボスで;・彼のプリヴェットバンクは「準軍隊」で;・彼の個人的に資金された殺しの集団で;・彼の仲間である超国家主義過激派からの雇われ傭兵で;・彼の雇われたチンピラ達とサッカーの「ウルトラ(フーリガン)」で・・・全てはウクライナの非憲法的大統領としての支配を固めるためです。

コロモイスキーに後ろ盾されたライト・セクター/スヴォボダの傭兵達は、ポロシェンコ政権の圧倒的なメンバーとして、または舞台の裏側で権力を振るうでしょう。

3kolmoiback


彼等は現在、ウクライナの軍事武器庫に出入りを楽しんでいる、キエフの新たに形成された「国家警備隊」の過半数のゲリラ達です。

この「国家警備隊」はウクライナ東部において、市民達と軍の「逃亡者達」を殺害しています。

高い地位の役職に就いているライト・セクターのチンピラ達に含まれるのは:

国家公安長官 - スヴォボダ党創設者/マイダン防衛隊隊長のアンドレイ・パルビー。

国家公安副長官 - ライト・セクターのブロックの指導者のドミトロ・ヤロシュ。

副大臣 - スヴォボダ党員、オレクサンダー・シッチ。

検事総長 - スヴォボダ党員、オレー・マクニッツキー。

4jewmanporo


コーシャー(ユダヤ人が食べる事を許される)チョコレートの王様

キエフの(政治的)インフラにおける増徴するライト・セクターの包囲と共に、ポロシェンコには、それに権力の主要な部分を許す以外に選択肢がありません。

ポロシェンコのピン止めが延長しているのは:

・ホワイトハウスの関係しているウクライナの統一されたユダヤ・コミュニテイーの代表で、オデッサの惨殺の背後にいたイゴール・コロモイスキーから;・キエフのイスラエル大使との早期の連合を持つライト・セクターの指導者、ドミトリ・ヤロシュまでで:・マイダンの抗議の主要な創始者で、元ヴィンニッツァの知事であるヴラディミア・グロイスマンまで延長します。

正に、ユダヤ(そしてジューメリカ/シオニスト)だけが調理出来る奇妙な床仲間のミックスでしょう。

ウクライナの民族的そして言語的影響範囲の総意のための将来は故に薄暗く見えます。

ライト・セクターのブロックは、ロシア人への憎しみに基づいた「統一」をプロパガンダするキエフのマスゴミを操作しています。ウクライナ東部の人口の多くはロシア語を話す住人達で構成されているので、ウクライナの領土的統一性に善くありません。

チョコレートの王様、ポロシェンコには、もう一つの大きな問題があります。ウクライナの経済が廃墟化している事です。

5whereismoney


経済を改善するために、彼はなにをするでしょう?彼はIMFにまたローンを頼むでしょうか?ですがこれはウクライナ人をユダヤの銀行家達に永遠に奴隷化するでしょう。

彼がそうすると約束するEU加盟同意に署名するのはどうでしょう?

ですがそうする事によって、ウクライナはロシアとの軍需産業の貿易を失うでしょう。

プーチンは最近 - ウクライナの産業貿易を邪魔する - EU加盟同意に署名する事は、ウクライナの死に向かっている残りの経済の最後の釘を刺すだろうと、警告しました。ビデオと書き出しはこちらに見られます。

プーチンはまた、彼は非憲法的な立場は認められないけれど、次の大統領 - 今はポロシェンコになりましたが - 共に「働く」事を約束しました。

「お金は何処だ?」がしなければならない事のリストの最初です。

その「お金」は、キエフのガズプロムへの30億ドルの借金です。

プーチンは、ウクライナのコーシャーなチョコレートの王様のお腹に噛みつく様です。

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

マスゴミにおけるシオニストの影響力

マスゴミにおけるシオニストの影響力
(私達のより良い判断に反して:第15章)
http://www.dcdave.com/article5/140517.htm


歴史家、リチャード・スティーヴンスが記述する様に、シオニスト達は早くから、アメリカの政治的システムの原則的本質を利用(悪用)する事を学びました:世論とその圧力の力を通して政策は造られそして壊されます。有料であれ無料であれ、マスゴミにおける影響力を確かにする事は、彼等の成功の鍵の構成要素でした。

早くから、シオニストの話術は、その地域(中東)のニュース報道を大々的に圧倒しました。4大新聞の1917年の報道の研究は、社説の意見が殆ど統一的にシオニストの立場に好意的であった事を表しました。著者、キャサリン・クリスティソンはこう記述します、「社説とニュースの記事は同様に、ユダヤ的事業/冒険を賞賛し、ユダヤのパレスチナへの入植を「栄光的ニュース」と報道(プロパガンダ)しました。」その他の研究も1920年代の同じ状況を表しました。クリスティソンは書きます:

「比較的に重度な報道のカバーは、この早い時期でさえにもおけるシオニストの影響力の強さを示唆しています。ある学者は、1920年代中期、ニューヨーク・タイムズ紙の全ての記事の約半分は、報道のエージェント(媒体)によって載せられ、USのシオニスト組織はシオニズムのパレスチナでの事業/冒険についての記事の多くを載せた事を示すと、明言します。」

国務省が、パレスチナ人の難民達を戻らせるよう、イスラエルを説得しようと試みていたある時点で、国務長官、ジョージ・マーシャルはこう記述しました:

「もしイスラエルの指導者達が、この悲劇的問題の冷淡な扱いが、世界の世論によって気付かれずに通り過ぎると考えるなら、かれらは多大な計算ミスをした事に成るでしょう。」

マーシャルは、アメリカ人達に届く、パレスチナの難民達の情報を最小限化するシオニスト達の能力を過小評価しました。1949年3月の国務省の調査は、「パレスチナ難民問題が報道またはラジオで大々的に扱われなかったので、」アメリカの大衆は「その問題に気付いていなかった」と発見しました。

著者、アルフレッド・リリエンタルは1953年にこう説明しました:

「ユダヤの国家主義によるアメリカの報道の掌握は、実際に、驚かされるほど完全でした。雑誌は新聞と同様に、ニュースの記事から社説のコラムまで、(パレスチナ)分割の以前、最中、そしてその後まで、主にその出来事のシオニストの見解を与えました。

スタンダード・イーヴニング・ポスト紙がミルトン・メイヤーによる、ユダヤの国家主義を批評する記事(そしてその反対の見解を与えるその他2つの記事)を出版した時、シオニスト達は、恐らくポスト紙の長い歴史においても最悪の攻撃を組織しました。

シオニスト達はその雑誌を痛烈な手紙で氾濫させ、彼等の予約購買をキャンセルし、そして彼等の広告を止めました。ポスト紙はそのレッスンから学び、後に再びその様な攻撃に対してさらさせるであろう記事を、その編集長が、拒否された記事が「良くそして雄弁な記事」と認めていたにも拘らず、その記事を載せる事を拒みました(i.e.自主規制)。

これは被害者化されたユダヤ人達のための同情の、シオニスト達による悪用のキャンペーンの典型で、そしてこれが十分にパレスチナについての報告を歪めなければ、金融的圧力が使われました。リリエンタルはこう記述します:

「もし自主的な追従が十分に「理解的」でなければ、常にユダヤの広告と流通量の問題があります。ユダヤの広告代理からの経済的逆襲の脅しは、協力しない編集長達への致命的な「反セム主義」のレッテル貼りと融合させられ、最も完全なマスゴミの協力を確かにしました。

(パレスチナ)分割が国連評決された瞬間から、「何十年も残る考え方の枠組みを造るにおいて、マスゴミは不可欠な役割を果たした」と著者、クリスティソンは記録します。1948年5月の、予定されたユダヤ国家の始まりの直前に、US、英国、そしてオーストラリアの記者達が、パレスチナに集ったと彼女は記述します。

「実質的に、全ての報告はユダヤの見解のものでした、」とクリスティソンは報告します。ネーションリパブリックのジャーナルの両方が、ある学者がユダヤへの「大袈裟な感情的入れ込み」と呼ぶものを見せました。両者に載せられた記事にアラブ人達に同情的なものは一つも無く、そして幾人かの記者達はユダヤの入植者達と共に住み、そして時には共に戦ったけれど、アラブ地区に配置された記者は一人もいませんでした。

書店は、熱狂的なマスゴミの論評を寄せられたシオニストの見解を支持する本で溢れ返りました。対照的に、異なった見解を供給する事を思い切った極少数の本は、それらが論評された時は、批判的な論評が与えられました。

イエール神学校の著名な学者で考古学者のミラー・バローズ教授がパレスチナは私達に関係があるを書いた時、アメリカのシオニスト委員会は、彼の本は「反セム的著作」であるとレッテルを張る出版物を配りました。

実際に、バローズ教授の履歴は正反対を見せました。彼は反セム主義と闘う国家委員会の創始者であり副会長で、そして長きに渡ってニュー・ヘイヴンでの宗教間運動で活動的でした。

彼の本の中でバローズはこう書きました、「パレスチナの土着の人々に酷い過ちが成されました。何が起こったかの責任は、私達も含めて、全ての関係者達の中で分かち合われなければなりません。私達自身の関心が、アメリカ人とキリスト教徒の両方として、危険にさらされています。ユダヤの人々の関心もまた苦しめられました。そして私達は今でもそれについて何か出来るはずです。」

バローズはこう強調しました:「これは多くの何十万人の生きている人々にとって、最も実直で重要な関心です。それは、正しさと過ちに関心がある人が、位置を決め、そして何かしようと試みなければならない問題です。」

バローズは、彼が「親シオニスト」と定義した記述を批判し、もし1948年の戦いにおけるパレスチナ人とアラブ人を表現する時に、「レジスタンス(抵抗)」と言う言葉が使われれば、その状況の全く異なった見解が現れると指摘しました。「アラブ人達によって提案されたパレスチナのための計画は、この国においてと同様に、宗教の自由と、宗教と政府の完全な分離のある民主主義だった:と彼は記述しました。

バローズはまた、宗教的要素も論議し、こう明言しました:「一つの事は確かです。本質的に不公正、またはキリストの精神に反する事が神の意志であるはずがありません。預言の実現を語る者には、ジャーマイア22:13を思い出させましょう:「不公正の上に彼の家を建てる者には悲哀を・・・」

彼の結論において、バローズは明言しました:「彼等の家に戻りたい全てのアラブの避難民達は、そうする事が許されるべきで、手助けされるべきで、そして破壊とダメージのために、イスラエル政府からの十分な賠償と共に、彼等自身の村、家、そして農地またはビジネスのための場所に戻らせさせるべきです。」

彼はまた、こう明言しました:「イスラエル以外のその他の国の市民に成る事を熱望するユダヤ人達のための家は、この国、またはその他の国で見つけられなければならず、彼等の宗教的、市民的、社会的、そして経済的権利は、保障されなければなりません。」

彼に対する彼等の攻撃において、シオニスト達は、「慎重さの無い記述、支離滅裂な報告、そして極度に偏見的な観測」と、バローズを非難しました。

パレスチナ難民達の悲惨さ(と同時にイスラエルにおけるユダヤ人の苦しみ)について描写したもう一人の著者は、ウィリー・スノー・エスリッジで、親シオニストの評論家達によって同様に攻撃されました。彼女がマリーランドの教師連合で演説する様に招待され、彼女の本、エルサレムへの旅について語る事を選んだ時、彼女は、違う題材について話さなければならないと伝えられました。その連合の書記長はとても多くの圧力が彼にかけられ、もし彼女が他の題材に変えないなら、彼は職を失うと説明しました。

またもう一つの例はバーナード大学の著名な学長、ヴァージニア・ギルダースリーヴで、人道主義者として申し分のない資格のある高く評価された人です。パレスチナの難民達が彼等の家に帰る事を許されるべきだと彼女が書いた時、彼女を「反セム」のキリスト教徒とレッテルを貼ったキャンペーンが、彼女に対して始められました。

国連のチャーターの前文を書く事に従事し、国連の基本的人権委員会発足に指導者的な立場だったギルダースリーヴはその後、中東における基本的人権のための働きに彼女自身を献身しました。彼女は議会の委員会の前で証言し、トゥルーマン大統領に働きかけしましたが、成功しませんでした。彼女の自伝の中で、彼女はその様な失敗を「伝達のメディアのシオニストの操作」に帰属させました。

  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









マリア・マグダレナ・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2014 05 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31