♈♉♊♋♌♍♎♏♐♑♒♓

盗まれたドイツのゴールド、日本軍の黄金の百合、そして軍需産業複合体/金融マフィア

ジョセフ P. ファレル博士
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=LEQS4ddwJ4M
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

安倍首相への助言

初心者の株式投資道場 より
http://kabusyo.com/sihyo/sihyo_070911.html


自社株買い戻しの目的

・株主への還元対策
・ストックオプション(従業員持ち株制度)
・敵対的買収の防衛策

自社株買い戻しによる投資家のメリット

・自社株買い戻しが行われると発行済株式の総数が減ります。
総数が減るので1株あたりの資産価値やROEが向上します。

寄生獣op(ピアノver.)&ゾンビ、進化、効率、そして投票率 より:
http://songcatcher.blog.fc2.com/blog-entry-654.html


生産性と個人の雇用数(米労働省)
1ProductivityAndEmployment.jpg

「ですから、(生産の)効率性が上昇を止めていないのに、雇用が減少したなら、通貨の全ては何処にいったのでしょう?株主達へです・・・」

もし人々(主に中産階級)が、商品やサービスに使うための通貨を十分に持っていないなら、その社会は停滞する、または衰退します。

「去年、企業はそれら自体の利益の95%に当たる、9,000億ドルを、自社株買戻し(株価つり上げ)と株の配当金に使いました。それらは、それらのビジネスに投資していません。それらは唯、それ(配当金)を1%(の大金持)に与えているだけです。

「2003年から2012年まで、S&P(スタンダード&プアーズ)500の企業はそれらの収入の54%、または2.4兆ドルを自社株買戻しに使いました。その他の37%は、配当金に行きました。これは実際のビジネスにおける再投資のために、利益のたった9%しか残しませんでした。自社株買戻しの概念全体は、株価を膨らませるためで、そうする事によって企業の幹部達の、彼等の株のオプションの配当金をブーストさせるためです。これらの金融的なステロイドは、株価とシェア毎のセールスをブーストしますが、未払いのシェアの数を減少させます。これが意味するのは、過去10年間の、比較的にフラット(横ばい)のシェアの数毎のセールスは、中産階級が企業の商品を購買出来なく成っているので、過去10年間に、アメリカにおける大企業500のセールスが実際に減少している事実を隠しています。自社株買戻しは富の格差を増大させるだけでなく、それらはまた、アメリカ経済に普及する冷え込みを変装させています。

スタンダード&プアーズ500株価指数を理解するために、貴方が必要な唯一、2つの表 より:
http://songcatcher.blog.fc2.com/blog-entry-634.html


企業が自社株を買い戻すために通貨を借り続け、そして円が下がり続ける限り、SPX(SP 指数)は、より高く上昇し続けます。

評価が和らげられ、利益成長が減少していて、そして販売が停滞さえしているのに、何故、S&P500 は上昇しているのでしょう?2つの表がその全てを説明します。以下は(そうするために頻繁に安い通貨を借りて)、自社株を買い戻してきた企業と、彼等自身の自社株の数十億、数百億ドルを、買い戻してこなかった企業の、S&P500 の表です。

人工操作されていないセクター(赤)はちょっとだけ上昇し、自社株の買戻しの集団(緑)は鰻上りしました。
1sp.jpg

以下は赤い縦線がその最近の安値を印す、S&P500 の表です:
2SPX.png


以下は、赤い縦線がその最近の高値を印す、日本円のETF FXY です。その相互関係は殆ど完璧で:円が下がるとSPX が上昇します。
3FXY.png

これはキャリー・トレード(為替売買)の機能で、それにおいて投機家達は、殆ど0金利に近い円において通貨を借り、そしてその現金(通貨)で米国の株式を買います。その投機家達は2つの方法において通貨を稼ぎます:購買する事で米国株式を押し上げ下落している円が意味するのは、彼等が、彼等のローン(借金)を、より安い円に比較して、より強く成ったドルで支払い、その差額を儲けると言う事です。

<中略>

企業が自社株を買い戻すために通貨を借り続け、そして円が下落し続ける限り、SPX は、より高く上昇し続けます。もしそれらの推進力のいずれかが弱まる、または反転すれば、SPX の傾向も反転するでしょう。
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

日本の官僚問題

日本の官僚の問題
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%98%E5%83%9A


法案作成に関する問題

立法は国会の機能であるが、国会議員が自ら法案を起案することはほとんどない。法案のほとんどを占める内閣提出法案を官僚が作成するのはもちろん、議員立法も多くは官僚のサポートに依拠していると言われている。

官僚は法律を起案すると所属省庁の大臣を通して国会に法案として提出する、大臣のほとんどは国会で多数を占める与党の役員であるため、法案は形式上野党との審議が行われるものの、それに関わらず最終的に与党の賛成多数で国会を通過することがほとんどである。つまり日本の法律は現状として官僚の意のままに作られていると考えてよい。このようにして三権のうち行政権が極めて強くなる傾向を行政権の肥大化という。

成立法案でみると、閣法(内閣提出法案)が全体の85%程度を占める (1994-2004)。

人事システムの問題

日本の官僚には政権政党によって官僚の人事が左右される猟官的要素が非常に少ないため、官僚組織は固定化される傾向が強く学閥の弊害が指摘されている。特に、採用時や昇進時に東京大学など特定大学出身者が優遇されているという指摘がなされる。 採用時について言えば、国家公務員採用I種試験の合格率及び合格者にいわゆる一流大学の出身者が多いことは事実であり、採用者も多くなっている。もっとも、情実採用が問題になることはほとんどなく、この結果は、単純に能力差によるものが大きい。しかし、試験情報や、官庁訪問など就職活動についての情報の多寡が採用の成否に影響している部分も大きく、入省者の多様性を実現するためには、これら就職プロセスのより一層の透明化と情報開示が求められている。

不透明な民間企業への関与の問題

民間企業に行政指導といった形で(実質上の)命令を行ったり、天下りといった形で人事に介入することが、民間企業を不当に支配するものだとして問題になることが多い。行政手続法などにより行政プロセスの透明化は進んでいるが、官僚に大きな裁量権が委ねられている部分は多く、特定の民間企業から政治献金を受け取った政治家が、官僚の裁量権に影響を与えようと圧力をかけるなど腐敗の温床になりやすい。

倫理観(日本、人事院調査)

2004年9月15日、人事院は「国家公務員に関するモニター調査」の結果を発表した。 官僚について「倫理観が高い」と答えた人は1.85%、「全体として倫理観が高いが、一部に低い人もいる」と答えた人は43.1%、「全体として倫理観が低いが、一部に高い人もいる」と答えた人は21.8%、「倫理観が低い」と答えた人は10.5%、「どちらとも言えない」と答えた人は22.2%、「分からない」と答えた人は0.6%という結果となった。調査は2004年の5月から6月に公募したモニター500人を対象に実施され、487人から回答を得た。

キャリア (国家公務員)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%82%A2_%28%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E5%85%AC%E5%8B%99%E5%93%A1%29


キャリア制度の問題

キャリア制度については、優秀な人材の誘致、幹部職員の早期育成・高い士気の維持といった観点からその有効性を評価する意見がある一方で、戦前の高等文官試験を継承し、法令になんらの根拠を持たない非民主的システムとの批判がある。そもそも、国家公務員法は「職員が、民主的な方法で、選択され、かつ、指導される」(第1条第1項)、「すべて職員の任用は、能力の実証に基づいて、これを行う」(第33条第1項)と、職員の民主的な任用のために成績主義を根本原則として規定しており、採用時の1回限りの試験で幹部職員の選抜を行う人事管理は想定していない。過去の国家公務員採用上級甲種試験もI種試験も、人事院規則により創設された単なる大学卒業者を採用するための試験の一つに過ぎず、それに合格し採用されることは、幹部候補としての資格・免許を法制度上与えられるものではない。

また、キャリア職員を中心とした早期退職慣行がいわゆる「天下り」の温床となっていること、採用時の1回限りの試験で幹部要員の選抜を行うため、優秀なノンキャリア職員の意欲を削いだり、キャリア職員の誤った特権意識につながる場合があるなどの問題点が指摘されている。試験区分、出身大学、および性別による区別、差別も問題化している。特に事務官(国家I種の場合、試験区分が「行政」「法律」「経済」)と技官(国家I種の場合、かつての「機械」「建築」「土木」など)の確執は根強い。例としては旧建設省(現: 国土交通省)で技官キャリアが、事務官との“パワーバランス”により、1949年より事務次官就任への道が開かれたことが挙げられる。


ユダヤ(カザール)選民主義=日本官僚組織エリート主義

=泥棒/海賊

サタニズム
  1. Category: None
  2. / trackback:0
  3. / Comments:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

Profile

Songcatcher

Author:Songcatcher
現在地:ルネッサンス2.0









Platonic Solids・・・

songcatcher@mail.com

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR

« 2014 01 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -